仕事を辞めたい

ブラック企業から転職する際のコツ!いまの経験を活かそう

おすすめ転職サイト
【管理人厳選6社*悩んだらここ!】
【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社
【第二新卒に該当するあなたはこちら】
【第二新卒】おすすめの転職エージェントと転職サイト7選

いま勤めている会社がブラック企業で、限界が近づいているという人も少なくないですよね。

「今すぐにでも仕事を辞めたい!!!」
「ブラック企業から転職したい!!」

なんて考えているかもしれませんが、ちょっとだけ立ち止まって下さい。

ブラック企業からの転職を、有利するためのコツがあるって知ってましたか?

前提として、転職活動においてあなたがブラック企業に勤めていたことは、ブラック企業経験者ならではの強みを有していることになるんです。

焦った勢いで会社を辞めてしまう前に、その強みを理解しておくと今後の転職活動にプラスになることも。

そこで今回は、ブラック経験者ならではの強みを最大限活かすためにも、ブラック企業から転職する際のコツをお伝えしていきます。

転職する際のポイント
  • 事前準備を入念に行おう
  • 異業種への転職も視野に入れよう
  • 過重労働経験を活かそう
  • 残業時間をいま一度確認しよう

転職する前の心構え

ブラック企業からホワイト企業に転職するにあたって、いくつかあなたの考え方を根本から変えなければなりません。

心構えをきちんとした上で転職しないと、ブラックっ企業から転職したところで苦労することは目に見えています。

そこで、転職するコツをお伝えする前に、転職する前の心構えについてまずはみていきましょう。

相談相手には気をつけよう

仕事を辞めたいと思った時、まず誰かに相談しよう・意見を求めようと考えますよね。

私も退職を考えた際は、親や大学時代の先輩に相談したことも。

しかし「仕事を辞めたい」といった内容は、相談する相手に注意が必要です。

相談相手を間違えてしまうと、あなたにとって不利な状況になってしまう…なんてことも。

少なくとも、社内で相談することは、たとえ仲がいい同期であったとしても絶対に避けるようにしましょう。

転職活動を機に考え方を改めよう

ブラック企業からホワイト企業に転職する際のコツは、一度考え方をリセットしてみるということ。

あなたが今までブラック企業に勤めていて当たり前だと思っていた環境や仕事の進め方、上司との付き合い方はすべてが異なると思って下さい。

残念ながら良くも悪くもブラック企業に染まってしまっているままでは、うまくいくこともうまくいきません。

癖を治すのが難しいように、長年働く中で染み付いてしまった習慣というのは数日で変えられるものではないでしょう。

そのため、ブラック企業から転職する際は特に「前の会社ではこうだった」という考え方を捨てる必要があるのです。

郷に入れば郷に従えということわざがあるように、次の転職先では新たな気持ちですべてを1から吸収していくことを心がけて下さいね。

長時間残業は当たり前だという考え方を捨てる

ブラック企業で残業漬けの日々を送ってきたあなたは、言葉悪く言ってしまえば「残業中毒」です。

どの企業にも繁忙期はあるでしょうし、繁忙期や緊急時に残業が発生してしまうというのは避けられないことかもしれません。

しかし、いまいちど考えてみてください。

定時に帰れない状態が続いていること自体が、そもそもおかしいと思いませんか。

定時で退社するとわかるのですが、あなたが本来帰るべき時間に帰宅の途についているサラリーマン、OLさんだってたくさんいるんです。

定時退社がまったくできない今の会社が普通でないということを、ブラック企業から転職するときは強く頭の片隅に置いておくべきです。

残業する人ほど優秀といった考えは通用しない

ブラック企業では長時間残業をする人ほど仕事ができる、長時間残業することそのものを評価の対象としているケースも少なくありません。

極端な話、早く帰ろうとしようものなら「あいつはやる気がない」なんてみなされることも。

ブラック企業においては成果を出すためなら、すべてを残業でカバーしようとしても許されるでしょう。

一例を挙げると…

  • 仕事の遅れを取り戻すために残業でカバー
  • お客さんの帰宅時間を待つために残業でカバー
  • 突発案件が発生すれば残業でカバー

といった具合に、すべてを残業でカバーすることが当然のこととして許されています。

しかし、ブラック企業から転職してホワイト企業で働きたいのであれば、全く逆の考え方をする必要があるでしょう。

ブラック企業では長時間残業こそが評価の対象となりましたが、ホワイト企業では長時間残業をすることが必ずしも成果に結びつきません。

ホワイト企業では、定刻までにどれだけのパフォーマンスをあげることができたかが重視されるからです。

特に女性の場合、事務職の方が多いでしょうから、この傾向はより強くなるといえるでしょう。

ブラック企業からホワイト企業に転職する際には、残業そのものに対する考え方も変えることが大切です。

転職する際のコツ4つ

転職準備を入念に行う

残念ながらブラック企業からようやく転職した先がまたブラック企業だった、というケースは少なくありません。

こういったケースの大半は、転職準備が足りなかったことが原因。

そんなブラック企業への転職を繰り返してしまう人には

  • 求人情報や企業情報をしっかり確認しなかった
  • 転職サービスを利用せず一人で動いてしまった
  • 口コミがほとんどなかったにも関わらず即決してしまった
  • 早く転職したい気持ちが先走り、きちんと考えもせず転職先を決めてしまった

といった特徴が多く見受けられます。

早く今の状況から抜け出したいという気持ちは十分理解できますが、同じ失敗を繰り返さない為にも入念な事前準備を怠らないようにして下さい。

また、いざ退職を伝えた時に、ブラック企業はここぞとばかりに引き止めてくることがあります。

引き止められてしまったときの対処法についても、併せて確認しておくとよいでしょう。

異業種への転職も前向きに検討しよう

今の環境を変えてホワイト企業へ行きたいと考える場合、思い切って異業種への転職を考えてみるのも手。

特に、飲食やサービス業など一般的にブラック企業が多いとされている業界で働いている場合、同じ業種で転職活動をするとまた失敗してしまうリスクが高いことは言うまでもありません。

とくにまだ20代で若いということであれば、異業種へ挑戦する機会は十分残されています。

これを機に将来も踏まえて、健康で長い間働くことができる会社を見つけることを第一に考えてみましょう。

辛かった過重労働経験を逆手に取ろう

ブラック企業と聞いて真っ先に思い浮かぶワードといえば、残業過重労働といった言葉ではないでしょうか。

残業漬けでプライベートもないような毎日がなんの役に立つんだと思うかもしれません。

しかし見方を変えれば、「多忙な中でも効率化を模索し、残業削減に努めてきた」「時には周囲の人も巻き込み、プロジェクトを完遂した」などという立派な強みになります。

この際辛かった経験をネガティブに伝えるのではなく、あくまであなたが以前勤めていた会社がブラック企業であったことがわからないぐらいポジティブに伝えることが大切。

あなたなりの言葉で、うまく工夫して面接官に伝えてみて下さいね。

残業時間をいまいちど確認しよう

通常、あなたが残業が辛いから転職したいといった自分の都合で退職した場合、失業保険を受給する際には「自己都合退職」といった扱いになります。

ですがもし月45時間の残業が3カ月以上続いていた場合、「会社都合退職」という扱いにできるかもしれません

会社都合退職にできると自己都合退職の場合に比べ、失業保険がずっと優遇されます。

その場合、勤務時間の証明が必要となりますのでタイムカードや日報のコピーなど勤務時間の証明書類を忘れず手元に置いておくようにしましょう。

転職を成功させてホワイト企業にいこう!

いかがでしたか。

今回はブラック企業から転職する際の心構えとコツについて、お伝えしました。

ブラック企業かホワイト企業かを適切に見分けるためには、情報収集を念入りにすることが大切です。

とはいえ、ただでさえ連日の激務で疲れているのに、あなた個人で情報を得ることは時間的にも体力的にも辛いですよね。

そんなときにあなたを支える大きな力となってくれるのが、転職サイトや転職エージェントの存在です。

あなたの悩みに親身になって寄り添ってくれるだけでなく、あなたにぴったりの求人情報を手に入れることができるでしょう。

もしよければ検討してみて下さいね。

▼私が実際に利用した女性向け転職サービスはこちら▼

女性向け転職サービス
【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社転職サービスはたくさんあるけれど、女性向けのものが知りたいという方も多いですよね。そこで今回は私が実際利用した中から、女性向けの転職サイト・エージェントを実体験も交えつつ、厳選してお伝えします!...
ABOUT ME
らふ
らふ
一児の母。元金融OL、在職中は職場での人間関係に苦しみ、うつ病手前まで追い込まれたことも。退職後は副業ライターを経て、ブログを立ち上げる。ジョシルベでは自身の経験を元に仕事、転職関連の記事をメインで担当。たまに恋愛記事にも登場します。
あなたの「強み」見つけませんか?
Always be yourself
  • 今の仕事が自分に向いているのか不安
  • もっと活躍できる場所があるのでは?と思う
  • 今の職場でどうやったらもっと活躍できるの?
  • そもそも自分の魅力・強みがよくわからない

こんな悩みを抱えて、日々仕事に向かってはいませんか。

そこで、私がおすすめしたい

自分の強みを発見し、あなたらしく輝ける仕事の見つけ方

をご紹介します*。

あなたらしく輝く場を見つける