インスタ始めましたフォローしてみる?

転職時の企業分析を適当に済ませていませんか?企業HP以外で有益な情報を集める術をお伝えします

企業研究 転職ノウハウ

さっそくですが、転職活動に臨む上で企業研究情報収集はとても大事な作業のひとつですが、どのようにおこなっていますか。

求人情報ページや企業のHPを見るだけで終わっているというあなた、もしかしたらそれは後々仕事が始まってから後悔することになるかもしれません。

というのも、企業研究や情報収集を適当に済ませてしまうと、いざ新しい勤め先で働き始めてから

こんなはずじゃなかった

これだったら前の職場のがずっとよかった

などと、業務や環境に対して不満を抱くリスクが高まります。

そこで今回は、企業研究をはじめとした情報収集のやり方について、お伝えします。

スポンサーリンク

企業研究で必ず抑えておきたい項目とは

企業研究をする上で、最低でもこれだけは抑えておきたいポイントは以下の通り。

PICK UP

  • 会社概要
  • 経営方針&理念
  • 扱っている商品(サービス)
  • ターゲットとしている顧客や市場
  • 直近の業績
  • 競合他社の動き

当然ながら、あなたがその会社を志望し、面接に挑んだ時点で面接官は「もちろん当社の基本的なことは理解しているよね」といったスタンスであなたに質問してくるでしょう。

そのとき答えに詰まってしまうようなことがあれば、志望度が低いとみなされても致し方ありません。

そうならないためにも、企業研究はしっかり行っておく必要があります。

企業情報を調べる方法

さて、具体的に企業情報を調べる方法について見ていきましょう。

主に以下のような方法があるよ*。

  • 企業のHP
  • IR情報
  • 会社四季報、就職四季報
  • 企業のプレリリース
  • 企業のブログやインターネット記事
  • 口コミサイトや掲示板
  • 直接質問できる場へ足を運ぶ

企業のHP

企業のHPでは、会社に対する基本的な情報を集めることができます。

「経営理念」や「社員インタビュー」をはじめ、中途採用で求める人物像等について言及しているところもあるでしょう。

とはいえ、あくまで端的にサクッと書いてあるところがほとんどですので、特に大事そうなところを抑えるのがポイントです。

IR情報

IR情報とは、主に上場企業が株主や投資家に対して、財務状況や事業戦略などをはじめとした投資に必要な情報を公開したものです。

書類としては、「有価証券報告書」や「アニュアルレポート」などがあるよ!

それらに目を通すことで、企業の経営状況をはじめ、市場の環境や競合との関係性をどう考えているか、今後の事業展開等を把握することができます。

また有価証券報告書では、そこで働いている従業員の平均年収や平均年齢を知ることも。

iphoneユーザー限定とはなりますが、「ポケットIR」というとても便利なアプリもありますので、よければ利用してみてくださいね*。

会社四季報、就職四季報

会社四季報や就職四季報についてはネットをはじめ、書店で購入することができますが、掲載してある情報に以下のような違いがあります。

  • 会社四季報:投資家向けに3,6,9,12月の年4回発行され、上場企業の財務指標、業績予想、各事業の状況等を掲載。複数年度の業績を比較することで、会社の成長力などを把握することができる。
  • 就職四季報:主に就活生向けに年一回、11月に発行。業績をはじめとして社員の平均年収や平均年齢はもちろん、離職率や育児休暇等について掲載されています。会社四季報と違って、会社の内部事情が多く記載されているのが特徴。

必ず目を通さなければいけないといったものではありませんが、複数企業を一度に比較することができるので、あると便利といえるでしょう。

企業のプレリリース

プレリリースとは、企業がマスコミや報道機関に向けてアピールしたい事柄(新事業や新サービスの発表など)を告知するための文書のこと。

PRTIMES」というサイトに、一通りの企業のプレリリース情報がまとまっていますので、興味のある企業については一度検索してみてくださいね。

企業のブログやインターネット記事

近年はTwitterやFacebookをはじめとしたSNSの普及に伴って、それらを利用している企業が増えてきました。

WEB上で従業員がインタビューに答えていたり、コラムを執筆しているケースもありますので、時間があれば公式アカウントだけでもチェックしておいてもいいかもしれません。

口コミサイトや掲示板

転職者向けの口コミサイトで、企業の情報を集めるのもおすすめです。

いっときは信ぴょう性に疑問が持たれていた頃もありましたが、最近は登録に際して厳格に管理されていることから、情報の信ぴょう性が高くなっています。

なお、私は転職活動時に「キャリコネ」をよく利用していました*。

直接質問できる場へ足を運ぶ

もしあなたが気になる企業が転職フェア等に参加するようであれば、会場に直接足を運び、ブースにいる社員に話を聞くことができるでしょう。

また面接に臨む前に、現場の社員さんと話す機会を作ってもらうことができないか聞いてみるのも一つの手。

ネットや書籍で調べるだけではわからない、社内の雰囲気や働き方を知ることができる機会があれば逃さずゲットするようにしましょう。

女性の初参加でも安心!転職フェアに参加すべき理由と服装についてまとめてみた
転職フェアに興味はあるものの、いまひとつ参加に踏み切れないあなたへ。当記事では転職フェアに参加すべき理由に加え、当日の服装やまわり方のコツなどについてまとめてみました。これを見れば、転職フェアに参加するか迷っている気持ちに答えが出るはず!早速チェックしてみてくださいね。

企業研究をする時間がないときは

転職活動をする中で、

どうしても企業研究に時間が割けない!

といったときもあるでしょう。

そんなときは前述した、最低限抑えておきたい企業情報をしっかり把握した上で、すぐ見返せるようにノートにまとめておくことをおすすめします。

特に競合他社の動きについては、きちんとリサーチしておいてね!

企業研究を行った後にすること

企業研究を終えて手元にある程度の情報が集まったら、それらの情報を以下のように活用することができます。

  • ほかの企業と比較する
  • その企業に質問したいことを考える

ほかの企業と比較する

上場企業同士であれば、IR情報をもとに業績などの比較をすることができます。

また、女性の場合には産休・育休をはじめとした制度の利用状況についてもきちんと比較しておくことを忘れないようにしましょう。

制度はあるけれど、利用実績がないといったケースもまれに存在します。

その企業に質問したいことを考える

就活を経験した方であれば、きっと覚えがあると思いますが面接の最後で必ずと言っていいほど「なにか質問はありますか?」と聞かれたはず。

毎度思い浮かばなくて、「特にありません」と答えていた気がする…

本当に質問がない場合には、「特にありません」でも問題ありませんが、できればなにか質問をしておきたいところ。

そこで、企業研究をしている時点で気になったことや疑問点があれば忘れずにメモをしておき、面接時にそれを聞けるようにしておくとよいでしょう。

まとめ

今回は企業研究の目的や方法をはじめ、最低限集めておきたい情報等についてお伝えしました。

転職活動において企業研究は面接時のみならず入社後のミスマッチを防ぐうえで、とても大切な作業のひとつ。

どうしても時間が取れそうにないといった場合でも、最低限知っておきたい事柄は抑えておくようにしましょう。

転職した後に後悔しない為にも、ある程度の時間を確保して企業研究を進めてくださいね*。

\クリックで応援する/
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました