インスタ始めましたフォローしてみる?

「住民税決定通知書」でふるさと納税の税金控除額を確認する方法とは?

ふるさと納税控除額確認 節約

ふるさと納税をしたけど、税金がきちんと控除されているか確認する方法ってあるの?

ふるさと納税を終えて、きちんとその分が税金から控除されているかしっかり確認できているでしょうか。

ついつい返礼品を受け取って満足してしまいがちですが、税金がきちんと控除されていることを確認するまでがふるさと納税です。


そこで、この記事では6月に送られてくる「住民税決定通知書」で税金が控除されているか確認する方法をまとめてみました。

POINT

  • ワンストップ特例制度を利用した人は住民税から控除されているか確認
  • 確定申告を行った人は所得税の控除(還付)と住民税の控除の2カ所を確認
  • 所得税の確認は「確定申告書」、住民税の確認は「住民税決定通知書」から行う
スポンサーリンク

おさらい:ふるさと納税における減税方法について

おさらいになりますが、ふるさと納税をした翌年に控除・還付を受けるために、税務署に対して「ふるさと納税をしました!」といった申請をする必要がありました。

申請方法としては以下の2通り。

  • ワンステップ特例制度:サラリーマンなど、自分自身で確定申告をする必要がない人
  • 確定申告:フリーランスや個人事業主など、自分で確定申告を行う必要がある人

 

以下で、それぞれの場合の確認方法について詳しく見ていきましょう。

ワンストップ特例制度を利用した場合の確認方法

ワンストップ特例制度を利用してふるさと納税を行った場合、全額が住民税から控除されます。

住民税決定通知書

出典元:総務省公式HP

手元に届いた「住民税決定通知書」の

  • 市町村 税額控除額
  • 都府県 税額控除額

の合計額が控除額(寄付額-2,000円)とほぼ同じであれば、大丈夫です。

例:ふるさと納税で2万円寄付した場合は「市町村 税額控除額」と「都府県 税額控除額」の合計金額が約18,000円になっていればOK。 

たったこれだけで終わりなので、お手軽ですね♫

確定申告を行った場合の確認方法

確定申告を行った場合は、

  1. 所得税から還付
  2. 住民税から控除

といった2階建になります。

 

まず所得税の還付額については、

(ふるさと納税の寄附金額 - 2,000円)×所得税の税率(0~45%)

で求めることができます。

所得税の早見表

課税される所得金額 税率
195万円以下 5%
195万円を超えて330万円以下 10%
330万円を超えて695万円以下 20%
695万円を超えて900万円以下 23%

 

もし課税所得300万円の人が3万円寄付したとしたら、

(30,000円-2,000円)×10%=2,800円

が所得税から還付される金額になります。

らふ
らふ

残りの27,200円(30,000円-2,800円)については、6月ごろ手元に届く「住民税決定通知書」から控除されていればOKだよ!

まとめ:ふるさと納税は住民税から控除されているかしっかり確認しよう

今回は6月に送られてくる「住民税決定通知書」で、税金が控除されているか確認する方法をまとめてみました。

ふるさと納税は実質2,000円の自己負担で地方の名産品や特産品が味わえるお得な制度ですが、税金がきちんと控除されていなければ意味がありません。


不備などにより手続きがきちんと行われていない場合もあるので、しっかり確認するようにして下さいね。

なお、万が一手続きをし忘れてしまった場合でも5年以内なら手続きが間に合う可能性があります。

申告漏れの場合にはいちど近くの税務署へ相談してみましょう。

▼ふるさと納税について知る▼

【図解】ふるさと納税で賢く節約!仕組みや手続きについて知ることから始めませんか(2019年度版)
ふるさと納税に興味はあるものの、仕組みや手続方法がいまいちわからなくて一歩踏み出せないあなたへ。当記事ではふるさと納税が節約に繋がるわけや仕組み・手続方法についてはもちろんのこと、ふるさと納税で損をしないための方法やお得に利用するコツについて図解を挟みつつまとめてみました。ふるさと納税についてきちんと理解して、さっそくふるさと納税デビューを果たしましょう!ふるさと納税について知りたいあなたはぜひ、ご覧くださいね。
もうお得じゃないの?2019年6月ふるさと納税の改正内容についてわかりやすくまとめてみました
ふるさと納税が2019年6月から大きく改正された、というニュースをどこかで目にした人も多いですよね。とはいえ、「いったい何が変わったの?」と疑問に思っている方も少なくないかと思います。そこで今回、改正内容について簡単にまとめてみました。改正点として「返礼品は返礼割合30%以下であること」「返礼品は地場産の品物に限定すること」の2点が定められ、守っていない自治体についてはふるさと納税の対象から除外されています。規制によってふるさと納税の人気が落ちるとは考えにくく、今後も地方の特産品や名産品をおとくに手に入れられることに変わりはありません。ぜひ賢く活用して、地方の名物を堪能しちゃいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました