節約×投資ブログ「ためリッチ」はこちら

【女性の転職】面接におけるスーツ・インナーの選び方とは?デキる女性を演出しよう

女性の転職面接に適したスーツとインナー 面接対策

書類選考に通過したのはいいけれど、はじめての面接にどんな格好で臨めばいいのかわからない…と悩んではいませんか。

男性と違って女性の場合、パンツスーツとスカートのどちらがいいのか、またジャケットやインナーはどうしたらいいのかと困ってしまうポイントがたくさん。

そこで今回は、女性の転職面接にふさわしいスーツおよびインナーの選び方についてまとめてみました。

この記事を読めば、面接当日の服装に悩まされずに済むはず!早速一緒に見ていきましょう*。

スポンサーリンク

転職面接の服装はスーツが基本

企業側から特に指示がない限り、面接にはスーツで臨むのが基本です。

企業によっては「面接には私服でお越しください」といった案内がされることがあり、その場合はいわゆるオフィスカジュアルで構いません。

第一印象が面接の結果を左右するとも言われるほど、服装を含めた身なりが相手に与える印象は大きいもの。

スーツを着ていく場合には面接前にいまいちど、

  • シワや汚れがないか
  • TPOに適した色・柄になっているか
  • 上下が揃っていて体型にフィットしているか

といったことを確認するようにしましょう。

女性が転職面接で着るのにふさわしいスーツとは

中途面接におけるスーツの選び方は、新卒採用時とは少々異なります。

ここでは、女性が転職面接で着るスーツを選ぶ際に抑えておきたいポイントをまとめてみました。

女性の転職面接に適したスーツの特徴とは

hは

項目 概要
スーツの色 黒、紺、グレー、ベージュ
スーツの柄 基本は無地(ピンストライプでも可)
ボタンの数 1つボタン、2つボタン、3つボタンいずれも可
スカート丈 座ったときに膝から5㎝以内に収まるもの
らふ
らふ

それぞれの項目ごとに抑えていこう!

スーツの色・柄

スーツの色は無難な色であれば、基本的にどの色を選んでも問題ありません。

黒や紺といった一般的な色はもちろん、ライトグレーも爽やかさが演出できるので個人的にはおすすめです。

柄については無地かピンストライプ程度の控えめなものをチョイスするようにしましょう。

ボタンの数

女性向けのスーツには1つボタンから3つボタンまで様々な種類のものがありますが、どれを選んでも大丈夫です。

とはいえ、ボタンはすべてとめるようにしてくださいね*。

スカートの丈

スカート丈は椅子に座ったときに膝が見える範囲が5㎝以内、立ちあがった状態で膝が隠れる程度の長さにしましょう。

丈が短すぎたり、長すぎたりすると相手に対していい印象を与えません。

らふ
らふ

スカートを履いたときに、着丈を鏡で確認するといいよ*。

パンツスーツでも大丈夫?

結論から言えば、スーツであればスカートスーツでもパンツスーツでも構いません。

とはいえ、できれば志望する業種に応じて使い分けることをおすすめします。

たとえば受付や経理といった事務職系を志望する場合には、スカートスーツのが落ち着いた印象を与えられるでしょうし、営業であればパンツスーツのが快活な印象を与えることができますよね。

あなたの志望する業界に応じて、どちらを履いていくか検討してみてください。

転職面接にリクルートスーツは使えるのか

転職活動時のリクルートスーツ

リクルートスーツって新卒採用の就活生向けだよね;

などと思ってしまいがちなリクルートスーツですが、実はビジネススーツとリクルートスーツに明確な違いはないってご存知でしたか。

しいていうならば、リクルートスーツのがコストのかからない布地を使用しているため、一般的にビジネススーツよりは安価で販売されているといったところ。

そのため、ビジネススーツのが材質やデザインセンスが良いことから、相手に与える印象がよくなります。

らふ
らふ

そういった意味では転職者がリクルートスーツを着ると、違和感が生じてしまう可能性があるね;

できれば今のあなたに合うビジネススーツを一着、手に入れることをおすすめします。

女性の転職面接に最適なインナーとは

女性の場合、スーツに合わせるインナーはシャツの他にブラウスカットソーでも大丈夫です。

とはいえ、インナーを選ぶ際は以下の 4つ の点に注意しましょう。

  • 派手な色を避ける
  • 過度の装飾があるものは避ける
  • 柄は無地か細めのストライプ

派手な色を避ける

インナーは濃い色を避け、白を中心に薄いピンクや水色あたりを選ぶようにしましょう。

ただし、黒や紺のスーツに白を合わせるとリクルートスーツのように見えてしまうので、色の組み合わせには注意してください。

過度の装飾があるものは避ける

フリルやビーズといった女性らしさを表現する装飾はあってもかまいませんが、華美になりすぎないように気をつける必要があります。

柄は無地か細めのストライプにする

スーツ同様、柄についても無地か細めのストライプを選ぶようにしましょう。

らふ
らふ

細めのストライプはデキる女性を演出してくれるよ*。

まとめ

今回は、女性の転職面接時に適したスーツインナーについてお伝えしました。

男性と異なり、女性は選べる洋服の選択肢が多いぶん悩んでしまいますが、清潔感とTPOを意識したスーツ・インナー選びを心がければ大丈夫です。

面接までに、必要な持ち物についてもいまいちど確認しておいてくださいね。

また、スーツに合わせるカバンについても以下の記事にまとめてあります*。

コメント

タイトルとURLをコピーしました