お悩み相談室はじめました

【女性の転職】知らなきゃ損?!面接でよくある質問と質問真意について

面接でよくある質問と質問真意 面接対策

各社へのエントリーも済ませて、いよいよ面接…。

あくまで書類選考は通過点の一つに過ぎず、まさにここからが本番といったところ。

今回は転職面接の流れについて簡単に触れたあと、よくある質問と人事の質問真意についてまとめてみました。

面接でのポイントを抑えて、面接中に焦ってしまうリスクをグッと減らしましょう!*。

スポンサーリンク

転職面接の流れと役割について

まずは転職面接の流れと役割について、ざっくり抑えておきましょう。

基本的な面接フロー

上図のように面接はいくつかのフローに分かれており、それぞれに役割(企業が聞きたいこと・知っておいてほしいこと)があります。

らふ
らふ

フローごとに見ていこう*。

一次面接(人事担当)

一次面接では自己紹介志望理由など、基本的なことを中心に聞かれます。

また、一次面接では面接の内容と同等かそれ以上に 第一印象が重視される ので注意しましょう。

企業側としてはあなたが他にも複数の企業にエントリーしていることを見越しているため、企業の魅力ややりがいについて詳しく伝えてこようとしてくるはず。

そのため、事前の企業分析や業界研究ではわからなかったことをこの機会に質問してみてもいいかもしれません。

二次面接(部長・マネージャークラス)

転職面接の中でも一番の鬼門といわれるのが、この二次面接。

鬼門と呼ばれる理由としては、ここで好印象を与えておけば内定が出る可能性が高いため。

今までの職務経歴やスキルなど、あなた自身のことについて具体的に聞かれます。

相手側も、あなたと一緒に仕事をしたいと思えるか、職場の雰囲気に馴染めそうかなどより現場に近い目線であなたのことを見ています。

最終面接(社長・会社役員)

最終面接は多くの企業で、社長や役員によって行われます。

ここでは面接というより意思確認の意味合いが強く、入社意思の再確認とビジョンの共有がメインとなるでしょう。

らふ
らふ

自分がどのように企業に貢献していきたいのか、いまいちどしっかり伝えよう!*。

転職面接でよくある質問と質問真意

転職面接でよくある質問

転職面接の流れを理解したところで、次は実際に面接でよくある質問と質問真意についてみていきましょう。

自己紹介・自己PR

「自己紹介」と改めて聞かれるとなんだか身構えてしまいますが、自分をよく知ってもらうための挨拶だと捉えておけば問題ありません。

あなた自身の強みや弱みを踏まえながら、正直な回答を心がけましょう。

そんな自己紹介における回答のポイントは、次の通り。

  • 相手の目を見てハキハキ答える
  • 端的に要点をまとめて伝える
  • 応募企業で活かせるスキルや経験を伝える

いずれも基本的なことですが、緊張からつい疎かになりがちなので注意が必要です。

社会人として今までどんなことをしてきたのか、その中で自分になにができるのか、簡潔に相手に伝えるようにしましょう。

また第一印象(笑顔、立ち振舞、話し方)もよく見られているポイントなので、表情が固くなりすぎないようにしたり、早口になったりしないように気をつけて下さいね*。

なお、あなた自身の強みや弱みがいまいちわからない場合には以下の記事を参考にして下さい。

なぜ今勤めている会社を辞めたいと思ったのか

必ずと行っていいほど面接で聞かれる退職理由ですが、この質問で面接官は「あなたがまた同じような理由で辞めてしまわないか」を知ろうとしています。

ここでの一番の注意点として、退職理由について聞かれたときはかならずポジティブな理由で答えるようにしてください。

ネガティブな発言や、悪口に取られてしまうような誰の得にもなりません。

転職先を選ぶ基準・志望動機

あなたが「自社に対してどこまで事前準備をしてきたか」ということを確認するために聞かれることが多い、志望動機。

質問する側もあなたが社内のことを100%知っているとはハナから思っていないことから、最近では聞かない会社も増えています。

とはいえ、当然下調べをしている方が相手に与える印象は良くなることは確か。

スキマ時間で事業内容やキャリアビジョンについてきちんと読み込んでおくことをおすすめします。

キャリアプラン

仕事はもちろん、自身のライフプランも併せて伝えることが大切です。

相手側は、あなたの目標設定力とその目標に対してどのように努力していくのかを知りたがっています。

あなたがこれまで培ってきたスキル・経験を振り返りながら、募集職種と照らし合わせて最適な答えが出せるようにしっかりと答えを考えておくとスムーズでしょう。

逆質問

面接の一番最後に必ずといっていいほどに聞かれる、「何か質問はありますか」というフレーズ。

ここではあなたの自社に対する興味関心の高さや、質問力についてみています。

らふ
らふ

「特にありません」「大丈夫です」といった答えは極力避けよう!

事前に調べがつくことについて質問することは避け、HPや企業パンフレットに記載されていない情報について質問するようにしましょう。

例えば、

私は○○職でできるだけ早く成果を上げたいと考えているのですが、マネージャーのポジションにつくまでに大体何年ほどかかるでしょうか。また、女性のマネージャー登用実績はどの程度でしょうか。登用に至るまでの具体的な成果基準があれば併せて伺いたいです。

などと質問できるとベストです。

面接で大切なこと

ここでは面接で特に大切ポイントを2つ、お伝えします。

身だしなみは社会人としてふさわしいものか

採用担当をしていた先輩に聞いたことですが、面接官は「あなたが面接に臨む姿=来客対応時の格好」だと思って見ています。

一社会人としても、面接前に今一度身なりがふさわしいものか確認するようにしましょう。

チェックポイント
  • スーツにシワや汚れはないか
  • シャツはきちんとアイロンがかかっているか
  • ヒールのかかとはきれいか
  • 髪の毛に寝癖はついていないか
  • メイクが華美ではないか、爪先は整っているか
  • 身なりが社会人としてふさわしいものか

本心を話せているか

相手は、過去に何人も求職者を相手にしてきた面接のプロです。

そのため、中身のない上辺だけの言葉は簡単に見破られると思って下さい。

少々言い回しがおかしくとも、言葉に詰まってしまったとしても、あなたが自分の頭で考え捻り出した言葉であるならば、それはきちんと相手の心に届いています。

まとめ

今回は転職面接でよく聞かれる質問と、その質問真意についてお伝えしました。

事前に質問に対してどう答えるか、頭の中を整理しておきましょう。

面接時に必要な持ち物についても、今一度確認しておいてくださいね*。

また、面接時におけるスーツとインナーの選び方についてもおさらいしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました