インスタ始めましたフォローしてみる?

大人版不登校?!出勤困難症の症状や、なりやすい人の特徴についてまとめてみた

出勤困難症の特徴 仕事の悩み

きっと社会人として生活する中で、一度は

会社に行きたくないよー!!

と、心の底から思ったことがある人がほとんどですよね。

会社に行きたくないストレスを上手に発散できていればいいのですが、そのストレスをひとりでどんどんと溜め込んでしまうと出勤困難症(=出社拒否症)になってしまう恐れも。

出勤困難症とはいわば大人版の不登校といったところで、会社に行きたくても行けない状態に陥ってしまう病気の事を指します。

会社へ行く途中で突然の体調不良に見舞われたり、仕事の事を考えるだけで気持ちがどうしようもなく憂鬱になってしまうあなたは、ひょっとしたら出勤困難症を発症しているのかも…。

そこで今回は、出勤困難症の主な症状や原因について、まとめてみました。

スポンサーリンク

出勤困難症について

まずはじめに、出勤困難症の主な症状や、出勤困難症になりやすい人の特徴について抑えていきましょう。

あなた自身に思い当たる節があるか考えつつ、目を通してみてくださいね。

出勤困難症の主な症状

出勤困難症では、以下のような精神症状が共通するといわれています。

  • 何事に対しても意欲が低下する
  • 物事に対して集中力が続かない
  • 常に不安感や緊張感に見舞われている
  • パニック状態になってしまう

また、身体の症状としては以下の通り。

  • 突然動悸が激しくなる
  • 呼吸困難のような症状が出る
  • 過敏性腸症候群になる
  • 朝起きると激しい頭痛に見舞われる

いずれも、出勤前や出勤途中など、仕事に向かう前に突然症状が現れることも特徴の一つ。

もちろん個人差があり、一概にどうといったことは言えませんが、少なからず会社に行ける状態ではなくなってしまうことは確か。

ここで無理を押して出社を続けると、うつ病をはじめとした精神病にかかってしまうリスクが高くなります。

事実、私も鬱病手前と診断されたときは通勤途中に突然涙があふれて止まらなくなるといった事態に見舞われていました。

あまりにつらい場合には無理して出社せず、思い切って仕事を休んでしまうのも立派な自己防衛手段です▼

出勤困難症になりやすい人の特徴

出勤困難症はうつ病などと同じく、まじめな人ほどかかりやすいと言われているよ。

また、頼まれると断れることができない性格、つまり責任感が強い人や、なんでもかんでも自分だけで抱え込んでしまうタイプの人も当てはまるでしょう。

そして出勤困難症になりやすい人は、当然ながらうつ病を始めとした精神病にもかかりやすいといえます。

実際私もストイックな性格に加えて、悩みを一人で抱え込みやすいことから、職場での人間関係をきっかけにうつ病手前まで追い込まれたことも。

以下の記事でその時の話を書いていますので、もしよければ併せてご覧くださいね▼

出勤困難症の原因とは

出勤困難症で生じる症状が様々であるように、原因も人によって様々です。

しかし、たしかに言えることは、あなたが何らかの要因で強いストレスを抱えているということ。

まずはあなたが何に対してストレスを抱え、それに対して具体的にどんな症状が出てしまっているのか把握することが大切です。

原因がわからなければ、そもそも対処のしようがありませんし、ずっと辛い思いのまま過ごさなければならなくなってしまいますよね。

出勤困難症を引き起こしてしまうと考えられる原因として、以下のような事が挙げられます。

PICK UP

  • そもそも仕事自体が合っていない
  • 人間関係でストレスを感じている
  • 大きな挫折を経験した
  • うつ病など心の病を抱えている

ひとつずつ、一緒に見ていこう!

そもそも仕事自体が合っていない

誰だって、やりたくもない仕事を延々とやらされていたらストレスが溜まりますよね。

  • やりたくもない仕事ばかり押し付けられて、いい加減うんざりしている
  • 立ち仕事が体力的にきつく、足腰の痛みが日ごとに増している

など、様々な理由で今の仕事に不満を感じ、ストレスが溜まってしまっている人も少なくないはず。

また先程も述べたとおり、出勤困難症を発症する人には真面目な人が多いことから、嫌なことを押し付けられても断れず、常に完璧な結果を追い求めてしまう傾向が強いのもストレスを増加させる要因のひとつといえるでしょう。

以下の記事も参考になるかと思い、載せておきましたのでよければ併せて参考にしてみてください▼

人間関係でストレスを感じている

どこへいっても切り離すことができない人間関係に関する問題。

20代女性200名を対象に仕事に関する不満を聞いたアンケートでも、職場の人間関係は第二位にランクインしていました。

もちろん、うまい関係を築いていければいいのですが、中にはどうしたってウマが合わない、できれば会話すらしたくないといった人も少なからず存在しますよね。

結論から言えば、人間関係のストレスは思い切ってその職場から離れるのが最善の解決策であることは間違いありません。

しかし、人によってはいきなり辞めるというわけにもいかないと思いますので、まずは上司に部署異動が出来ないか打診してみるのも一つの手。

また、社内で相談できる人がいない場合には社外の相談窓口も積極的に利用するようにしましょう。

大きな挫折を経験した

高学歴であったり、それまで大きな失敗なくバリバリと仕事をこなしてきた人がいきなり出勤困難症になるなんてことも。

能力が高くテキパキと仕事をこなす人の中には、完璧を求める完璧主義者が多いのも事実。

そのため、それまで全く大きな失敗をしてこなかった人が重大なミスを犯したり、皆の前で上司から厳しく叱責されることによって自分自身が許せなくなり、自信をすっかりなくしてしまうのは珍しいことではありません。

今まで生きてきた人生の中で失敗したり、なにかに挫折した経験がない人ほど突然出勤困難症を発症するリスクが高いといえるでしょう。

うつ病など心の病を抱えている

出勤困難症はうつ病をはじめとした、精神病をきっかけとして発症することがあります。

そういった場合は出勤困難症だけ治療しても根本的な解決とはならず、常に再発のリスクが影を潜めているといえるでしょう。

そのため、明らかに自分自身で不調を感じるほどにおかしいと思うことがあれば、少しでも早く適切な医療機関を受診するようもして下さい。

我慢し続けた挙句、手遅れになってしまうことだけは避けよう…!

何事も早めの行動が大切です。

出社拒否症で診断書はもらえるのか

出社拒否症で病院にいったところで、気合が足りないだとか頑張りが足りないとか、そんな精神論で片付けられるだけでしょ…

そのように考える人もきっといますよね。

しかし結論から言えば、出勤困難症をきっかけに診断書をもらえるケースがあります。

正確には出勤困難症ではなく、うつ病や適応障害といった病名で診断書を書いてもらうことにはなりますが、診断書であることに変わりはありません。

しかし、ここで間違えないでほしいことは、精神的に辛いからと言って必ずしもうつ病をはじめとした精神病に診断されるわけではないということ。

いつも以上に出社したくないし、なんだか体調が悪い。これは出社拒否症に違いない。

なんて一時的な考えで、病院を受診したところで追い返されるのが関の山。

もちろん、どんなにつらくても極限まで我慢しろと言いたいわけではありません。

実際、わたしがうつ病手前と診断され、診断書を書くと言われたときは何もないのに涙が溢れて止まらず、仕事中も急に涙がこみ上げトイレに何度も駆け込む日々が続いていました。

あなたの中で、これは本当におかしいかもしれないと危機感を感じたタイミングで受診するようにしてくださいね。

まとめ

今回は、出勤困難症の主な症状や原因についてお伝えしてきました。

もし今、どうにもならないほど苦痛で仕方ないといった症状が続いている場合、なるべく早い時点で行動を起こすようにしてください。

逃げ道を確保するといった意味で、転職を視野に入れるのも一つの手。

身体に支障をきたしてまで、無理して出社し続ける日々からもう卒業しませんか。

確かに転職活動をする上で、時間も労力もそれなりに必要となることは事実かもしれません。

ですが、いつ鬱病になってしまってもおかしくない状態でこの先を過ごすよりも、ほんの数ヶ月だけの間ちょっと頑張ってみませんか。

転職さえしてしまえば、もう悩まなくていいんです。

重たい足を無理やり進めなくて良いんです。

これを機にぜひ、勇気を出して一歩踏み出してみてください。

転職してまた職場環境が劣悪だったらどうしよう…などと考えてしまうかもしれませんが、転職エージェントを利用することで事前に「転職先の職場環境」について知ることが可能です。その他不安なことも、丁寧に対応してくれますよ。

私が実際に利用した転職サービスについては、以下の記事に記載していますので参考にしてくださいね。

【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイトを要望別にまとめてみました

【女性向け】私が実際に利用した、おすすめの転職エージェントと転職サイトをまとめてみました*。
女性向けの転職エージェントおよび転職サイトを探しているものの、今ひとつどこがいいのかわからないあなたへ。当記事では、実際に私が利用した中から【おすすめの女性向け転職サービス】を厳選してみました。ここでおすすめしたものだけ登録しておけば、ひとまず十分!と言い切れる内容になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
また、どうしても円満に会社を辞めることができそうにないという場合、退職代行サービスを利用することも検討しましょう。円満退社が望ましいことであるのは事実ですが、今大切なのはあなたが今の状況からできるだけ早く脱することです。
退職を言い出せなくて困っているあなたへ。おすすめの退職代行サービスをランキング形式でまとめてみました
本来であれば自分で退職手続きを行ったほうがいいことはわかっているものの、ブラック企業に勤めていて仕事を辞めるに辞められなかったり、辞めたいといったら嫌がらせを受けたといった経験がある方も少なくないですよね。そんなときは退職代行サービスを利用することで、退職にかかる一連の手続きをあなたの代わりに行ってもらうことが可能です。とはいえ、最近は多くの退職代行サービスがあり、どこを利用したらいいのか迷ってしまうはず。今回の記事では数ある退職代行サービスの中から、特におすすめな3社をランキング形式で徹底比較してみました。よければぜひ参考にしてみてくださいね。

\クリックで応援する/
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました