給料・年収

非正規雇用から転職したい!あなたらしい働き方を見つけるコツ

非正規雇用
おすすめ転職サイト
【管理人厳選6社*悩んだらここ!】

【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社

【第二新卒に該当するあなたはこちら】
【第二新卒】おすすめの転職エージェントと転職サイト7選

アルバイトやパートといった、非正規雇用として働いている20代の女性は決して少なくありませんよね。

雇用形態にもよりますが、非正規雇用として働いている女性の年収は、平均200万程度と言われています。

年収200万円は、ワーキングプアと呼ばれる人の基準ともなっていることから、今後を考えると生活に不安が残ることは間違いないでしょう。

仮に今のまま年収200万円以下で勤め続けて結婚もできず、おひとりさまで老後を迎えたら…と考えただけで怖くなってきますよね。

そこで今回は、非正規雇用から転職したいと思っている女性に向けて、働き方を見つけるコツをお伝えします。

なお、ワーキングプアについては以下の記事で詳しくお伝えしていますので、もしよければご覧ください▼

年収200万円以下はワーキングプア?!将来破綻する恐れも

年収200万以下
年収200万円以下はワーキングプア?!将来破綻する恐れもおすすめ転職サイト 【管理人厳選6社*悩んだらここ!】 →【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社 【...

非正規雇用から転職するときの心構え

女性の貧困

生涯働き続けることを前提に仕事を探そう

ゆくゆく結婚したら仕事をやめて専業主婦…といった考え方はいったん捨てて、結婚や出産でたとえ一度仕事を辞めたとしても「生涯働き続ける」という意識を持つようにしましょう。

昨今、共働き希望の男性が増えていることからも、安定して長く働くことができる職を探すべきです。

そのため、目先のお金のことばかり考えて転職先を探すのではなく、あなた自身のライフプランを考えた上で仕事を探すようにして下さい。

らふ
らふ
少しでも長く働くためにはどんな仕事がいいだろうか、という目線で転職先を探すことが大事だね

推定年収だけでなく、福利厚生の充実度合い、職場の雰囲気、仕事の内容なども考えた上で求人案内に目を通しましょう。

事務未経験で事務職志望は注意が必要

もし正規雇用として事務職を志望しているが、事務未経験だという場合、かなり狭き門になることは間違いありません。

ただでさえ、事務職の仕事が激減している昨今、さらに未経験となれば苦しいことはいうまでもないですよね。

スキマ時間で資格を取得し、スキルを身に着けてから転職活動を始めるのも一つの手ですが、後述する無期雇用派遣を検討するのも一つの手。

実際、私の友人はサービス業から無期雇用派遣として派遣会社に採用され、いまは都内の大手企業で事務仕事をしています。

なお、無期雇用派遣については以下の記事を参考にして下さい▼

【無期雇用派遣】とは?働き方についてわかりやすく解説します

無期雇用派遣とは
【無期雇用派遣】とは?働き方についてわかりやすく解説します無期雇用派遣(別称「常用型派遣」)ってご存知ですか。 無期雇用派遣は2015年に労働者派遣法が改正されたことで、注目を集めている働...

非正規雇用から脱するための仕事の探し方

女性の貧困

転職エージェントを利用する

転職するにあたって、非正規雇用の状態で転職エージェントを利用しようとする場合、

  • 登録してもサービスの提供を断られる恐れがある
  • 優先順位が低く、後回しにされてしまう
  • 質の悪い求人案件を案内されてしまう

などといった、懸念を抱く方も少なくないでしょう。

残念ながら、上記のようなケースが起きてしまうことも事実としてあります。

そういったことを極力防ぐためにも、実績が多く、きちんと親身に話を聞いてくれる転職エージェントを利用しましょう。

以下に、私が実際に利用した転職エージェントをまとめてあります。

私は正社員からの転職志望でしたが、友人が非正規社員からの転職の際に利用していたので、安心してくださいね。

【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社

女性向け転職サービス
【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社転職サービスはたくさんあるけれど、女性向けのものが知りたいという方も多いですよね。そこで今回は私が実際利用した中から、女性向けの転職サイト・エージェントを実体験も交えつつ、厳選してお伝えします!...

無期雇用派遣を利用する

未経験だけど、なにがなんでも事務職に就きたい!

バリキャリは目指しておらず、自分らしく働きたい!

そんなあなたは、無期雇用派遣を検討してみてはいかがでしょうか。

無期雇用派遣は正社員とほぼ同じ待遇で働くことができるだけでなく、仕事も事務職に限定され、転勤などの心配もありません。

産後休暇や育児休暇も取得できることから、ワークライフバランスを重視したいといったケースでもおすすめ。

実際、無期雇用派遣として働いている友人にインタビューもしていますので、併せてご覧ください▼

無期雇用派遣って実際どうなの?その実態に迫ってみた

無期雇用派遣
無期雇用派遣って実際どうなの?その実態に迫ってみた無期雇用派遣は辞めといたほうが良い 無期雇用派遣は危険だ などと、無期雇用派遣を勧めない意見を多く見かけますよね。 とはい...

非正規雇用で働き続けるリスクをおさらいしよう

女性の貧困

年収・福利厚生面で正社員と大きな差がある

正規雇用と非正規雇用者の年収差は約2.8倍ほどと言われています。

これが何年も続いたら…と考えると、恐ろしい差になることは言うまでもないでしょう。

そして正社員では経験年数に応じてお給料の昇給等もありますが、非正規雇用ではその大半が月給制ではなく、時給制ですよね。

時給制ではなかなか賃金が上がることは見込めず、また、いくら頑張ってもなかなか評価されないのが普通。

また、いつクビになるかわからない雇用の不安定さに加え、正社員のような福利厚生制度も利用できません。

以上のことから年収に差が出るのはもちろん、福利厚生面でも大きな差が出てしまいます。

雇用が不安定であることから、休みたくてもなかなか休めないという話も珍しくありません。

若いうちはあまり病気もしないため、気にならないかもしれませんが、ある程度歳を重ねていった時に契約解除に怯えながら働くのは嫌ですよね。

非正規雇用の女性は男性から敬遠されがち

男性の生涯年収も下がっている昨今、結婚しても共働きで居続ける夫婦が増えています。

もはや共働きが普通、といった世の中も意外と近くまで迫っているのかもしれません。

そのため、自分の稼ぎだけで家族養っていくことは難しいと考える男性が増えていることから、非正規雇用で雇用が不安定な女性よりは安定して一定の稼ぎのある女性と結婚したいと考えますよね。

逆に言えば、あなたがもし「ある程度稼ぎがある男性と結婚したい・お付き合いしたい」と考えているのであれば、なおのこと安定してお給料をもらうことができる職を目指すべきでしょう。

社会的信用が薄い

非正規雇用では、いつクビを切られてもおかしくないといった雇用の不安定さから、社会的信用が低いとされます。

そのため、場合によっては希望の住居を借りることができなかったり、クレジットカードの審査が通らないなんてことも。

雇用の不安定さから将来設計がしにくいだけでなく、いざというときに社会的信用が得られないとなると、なにかあったときに苦労することは間違いないでしょう。

スキルが身につかない

アルバイト・パートといった非正規雇用では、当たり障りのない、言ってしまえば誰にでもできる仕事しか任されません。

一見楽に思えるかもしれませんが、スキルが一切身につかないことは今後を考えたときにかなり不利な状況となるでしょう。

歳を重ねれば重ねるほど、仕事にはスキル・経験が求められます。

それらを一切身につけることなく歳を重ねてしまうと、仮に非正規雇用から脱したいと思っても、雇ってくれる会社が見つからないなんてことも。

そうなってしまうことを避けるためにも、いま20代で非正規雇用として働いているのであれば、なるべく早めに働き方を見直すべきです。

まとめ

非正規雇用から転職したいときのコツについて、お伝えしました。

転職エージェントを利用して正社員を目指すのもありですが、未経験ということであれば無期雇用派遣を視野にいれることを勧めます。

正社員とほぼ同じ待遇で働くことができることから、雇用の不安定さもなければ、パートやアルバイトと違ってきちんとスキルを身につけることも可能。

20代であれば、いったん無期雇用派遣として数年働いた後、正社員を目指すことだってできるでしょう。

転職となるとついつい正社員登用を考えてしまいがちですが、昨今は多様な働き方が認められていることからも、いろんな働き方をすることができます。

無期雇用派遣と正社員について、それぞれ理解を深めた上で、あなたらしく働ける方法を選択していただければ幸いです。

ABOUT ME
らふ
らふ
一児の母。元金融OL、在職中は職場での人間関係に苦しみ、うつ病手前まで追い込まれたことも。退職後は副業ライターを経て、ブログを立ち上げる。ジョシルベでは自身の経験を元に仕事、転職関連の記事をメインで担当。たまに恋愛記事にも登場します。
あなたの「強み」見つけませんか?
Always be yourself
  • 今の仕事が自分に向いているのか不安
  • もっと活躍できる場所があるのでは?と思う
  • 今の職場でどうやったらもっと活躍できるの?
  • そもそも自分の魅力・強みがよくわからない

こんな悩みを抱えて、日々仕事に向かってはいませんか。

そこで、私がおすすめしたい

自分の強みを発見し、あなたらしく輝ける仕事の見つけ方

をご紹介します*。

あなたらしく輝く場を見つける