仕事の悩み

「残業が辛い」女性の残業時間の平均とは?現状から脱出しよう

女性残業時間

社会人になるとどうしても残業はつきものですが、長時間労働が連日続くと疲れてしまいますよね。

きっと残業が辛いと思っている女性も多いはず。

残業が多いと職場と家の往復になることから、睡眠時間もろくにとれず、ただただ疲れが溜まっていってしまいます。

あなたもまさにいま、残業が辛い・しんどいと感じているところではないでしょうか。

そこで今回は女性の残業の実態をはじめ、残業による過労やストレスが原因で引き起こされる心身の問題、また解決策についてお伝えします。

女性の平均残業時間とは?

らふ
らふ
世間一般の女性の残業時間ってどのぐらいなんだろう。

2015年にマイナビが実際の口コミに基づき行った調査によると、女性の残業時間の分布は以下のとおりです。(マイナビウーマン「働く女性の残業実態!」

「0~30分以内」……45.4%
「1~2時間以内」……32.8%
「2~3時間以内」……15.7%
「3~4時間以内」……3.1%

月の勤務日数を20日と仮定すると、ひと月の残業時間は通常40-50時間前後、繁忙期は60-80時間前後になりますね。

そして、少なからず過半数の人は毎日1時間半超の残業をしているということに。

あなたはどうでしたか?定時から一時間半後に退社できているでしょうか。

きっといま日々の残業が辛い・しんどいと感じているとしたら、きっともっと遅くまで残業しているのでは。

わたしは残業が辛いと感じ始めたときは退社が21時をまわりだした頃、残業が4時間を超えたあたりでした。

法律で認められている残業時間の上限って?

残業が辛い

「36(サブロク)協定」という単語を聞いたことはありますか?

36協定とは、一ヶ月の残業時間の上限を45時間までとする決まりのことです。

本来、労働基準法において時間外労働は認められていないのですが、大多数の会社はこの36協定というものを労働組合と締結しています。(労働組合がない場合は労働者代表の過半数と締結する)

ただし、36協定には次のような例外が。

仕事が多すぎて終わりそうにない場合は、協議をおこなったのち、1ヶ月60時間、1年間420時間まで残業時間を延ばすことができる

なお、この残業時間の延長は年6回が限度

年6回というと1年の約半分、そんな期間毎日残業続きだったらしんどくなっても不思議ではありません。

もし万が一、会社が上記の決まりを破っているとしたら、それは労働基準法に違反しています。

日頃から残業時間が45時間ギリギリで、月60時間に迫るときも多いといった状況下で働いているならば、過労によって体調を崩してしまってもおかしくないでしょう。

体調や精神状態になんらかの異常をきたしてしまうまえに、いま一度あなたの労働状況を確認してみてくださいね。

長時間残業が続くと心身に不調が出る

残業辛い

長時間残業が続くことで仕事に対する集中力がもたないだけでなく、どんどんストレスが蓄積されていきます。

そして長時間残業で最も問題となるのは、残業によって心や身体を壊してしまうことです。

女性の場合、残業が辛いと感じる状態が続くことで、ホルモンバランスが乱れてしまうことも少なくありません。

下記のサイトで、あなたの健康状態を簡単にチェックすることができますので、まずは確認してみましょう。

疲労蓄積度セルフチェック

・・・結果はどうでしたか。

疲労蓄積度が高いと診断されたあなたは、近いうちに何らかの体調不良を引き起こす可能性が非常に高いといえます。

また、最悪の場合、過労死してしまうところまで追い込まれてしまうかもしれません。

そうならないためにも一度きちんと自分自身を向き合い、場合によっては医療機関での治療を受けたり、適切な相談窓口に相談するなどの対処が必要です。

残業が多くてつらいと感じる気持ちは、決して甘えなんかじゃありません。

あなたが辛いと感じた時点で、一度自分の身体と向き合ってあげて下さい。

仕事が辛い状態から脱するために

残業が辛い

では、残業が辛い状態からどのようにして脱したらよいのでしょうか。

我慢して働いていても心身を壊してしまったり、まして過労死してしまったなんてことになったら、元も子もありません。

そこで、わたしが実際に取り入れた対処法を5つお伝えします。

また、モチベーションをあげることも大切ですので、併せて取り組んでみてくださいね。

本当に必要な残業なのか考える

残業する人のが仕事ができるなどという言葉があるぐらい、日本では古くから残業することを良しとする風潮が強く根付いています。

プレミアムフライデーや働き方改革が騒がれているいまとなっては、とても時代遅れの古臭い考え方ですよね。

しかし、残念ながら現在もその考え方が根付いている企業も、決して少なくありません。

残業をしなければならない雰囲気があったり、上司より先に帰ることに気まずさを感じる会社もあるでしょう。

上記の場合、本来の「残業」の目的ではないですよね。

わたしも自分の仕事は終わっていて手伝える仕事もないのに、周りが皆残っていることから帰りづらかったのを覚えています。

あなたの日々の残業はどうでしょうか。

本当にその日に終わらせなくてはならない仕事のために残っていますか。

もしあなたが1日でやるべき仕事が終わっているのだとしたら、周りに合わせて残業をする必要はありません。

まして、体調面で残業が辛い・しんどいと感じているのであれば、早々に切り上げて帰路につきましょう。

仕事の進め方を今一度見直す

みんな似たような仕事をしているのにあなただけ毎日遅くまで残っているという場合、ひょっとしたら仕事の進め方が悪いかもしれません。

効率的な仕事の進め方を学ぶことで、残業時間をずいぶんと削減することできます。

そのため、日々の残業時間を1-2時間程減らすことは、決して難しい事ではありません。

いくつか参考になりそうな例を挙げてみました。

  • todoリストを作成し、取り組むべきタスク・優先順位を明確にする
  • 一人では時間がかかりそうな仕事は予め周囲に協力を依頼する
  • 頭を使う仕事は午前中のうちに終わらせる
  • 机の上は常にきれいにし、作業しやすい環境を整えておく

もしまだ改善すべきところが残っているのであれば、さっそく見直して残業時間を減らしてみてくださいね。

気の置けない友人と話して気分転換してみる

残業続きで辛い気持ちを抱えたまま日々を過ごしていると、何とも言えない孤独感・虚無感に襲われませんか。

ひとりで必要以上に塞ぎ込んでしまうかもしれません。

気づけば仕事以外の会話を誰ともせずに1日が終わってしまったなんてことも。

そんなときこそ、気の置けない友人と話してみてはいかがでしょう。

直接あっている時間がなければラインでも構いません。

昼休みなどに少しやり取りするだけでも随分気持ちが変わってくるものです。

その際、話す内容が会社の愚痴やネガティブな内容だけにならないよう、仕事とは関係ない楽しい話や好きなことについて話すのがポイント

仕事以外のことを話すことで気分転換になるだけでなく、相手の話も聞くことで元気をもらえます。

思い切って帰宅して休んでみる

自分では頑張って仕事に向かっているはずなのに、まったく頭が働かない、仕事が思うように進まないと感じるときはあなた自身にかなり疲労が溜まっている証拠。

人間は、どれだけ休憩を挟んでも起床後12〜3時間で作業効率が下がると言われています。

そのため、一日8時間労働を基本と考えて身支度を整える時間や通勤時間を考慮すると…

残業時間は1日2時間以内に抑えることが理想です。

何が何でもその日に終えなければならない、あるいは既に納期を過ぎているなどといったよほどのことがない限り、もう無理だと感じたときは思い切って帰宅して休みましょう。

仕事におけるあなたの代わりはいるかもしれませんが、あなたという一人の人間の代わりは誰もいません。

自分自身を大切にしてあげてくださいね。

残業が少ない部署へ異動できるか相談する

いまあなたが働いている部署が極端に忙しく、その状況下で心身ともに限界を感じている場合は上司や人事部へ相談し、環境を変えてみるのも一つの手です。

その際、社内に残業の少ない部署があるのであれば、希望を出してみてはいかがでしょうか。

わたしは実際、人間関係と長時間労働で身体を壊してしまい、最終的に部署異動が認められる形となりました。

少し時間はかかるかもしれませんが、訴えることで仕事の負荷低減や配置転換などの手段を講じてくれる可能性があります。

また、この手段を取る前に自分なりに対処してから相談することも大切です。

対処せずに相談しても、「あなたは何か努力しましたか?」と聞かれて終わってしまうかもしれません。

慌てて相談するのではなく、いまいちど状況をよく見極めて、タイミングを見計らいましょう。

残業が辛すぎて身体を壊してしまう前に

前述した対処法を実践しても全く状況が好転せず、気持ち的にも残業が辛い状態が変わらないのであれば、転職も選択肢の一つとして検討してみましょう。

女性が「残業が辛い」ことを転職理由とすることは、決して珍しいことではありません。

残業も少なく、またあなた自身が自分らしく働ける職場が他にあるのであれば、それに越したことはありませんよね。

転職活動をする上で、あなたの体調が万全の状態であることも大切。

そのため、身体を壊してしまう前に、ひとまず転職サイトへ登録だけ済ませておくだけでも、心にいくらか余裕ができるでしょう。

残業が辛い、そんなときこそ自分と向き合おう

残業辛い

今回は女性の残業時間の平均や、残業が辛いと感じたときの対処法についてお伝えしました。

残業をすれば残業代がもらえ、給与が増えるというメリットはあるかもしれません。

しかし残業が長期化することで、残業が身体に与えるデメリットのほうが大きくなることは間違いありません。

毎日の残業で疲れ切り、せっかくお金はあってもそれを使う時間がない。そんな生活は嫌ですよね。

健康的に働いて、アフターファイブを充実させたり、効率よく仕事を進めて周りからの評価を得るほうが良いでしょう。

もし、残業が辛くて転職を決めたとしてもそれは決して逃げではありません。

あなた自身を守るために大切な判断です。

これを機に働き方を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

▼わたしが実際に利用した転職サービスはこちら▼
【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選5社

▼第二新卒に該当するあなたはこちらをどうぞ▼
【第二新卒】おすすめの転職エージェントと転職サイト7選

ABOUT ME
らふ
らふ
一児の母。元金融OL、在職中は職場での人間関係に苦しみ、うつ病手前まで追い込まれたことも。退職後は副業ライターを経て、ブログを立ち上げる。ジョシルベでは自身の経験を元に仕事、転職関連の記事をメインで担当。たまに恋愛記事にも登場します。
あなたの「強み」見つけませんか?
Always be yourself
  • 今の仕事が自分に向いているのか不安
  • もっと活躍できる場所があるのでは?と思う
  • 今の職場でどうやったらもっと活躍できるの?
  • そもそも自分の魅力・強みがよくわからない

こんな悩みを抱えて、日々仕事に向かってはいませんか。

そこで、私がおすすめしたい

自分の強みを発見し、あなたらしく輝ける仕事の見つけ方

をご紹介します*。

あなたらしく輝く場を見つける