一度も出社せずに会社を辞められる「退職代行」ってなに?!
転職ガイド

DODAの退会方法とは?退会する際の注意点もお伝えします

DODA退会方法
  • 次の転職先が決まった
  • 登録してみたけどあまり使わない
  • やっぱり転職するのを辞めた

など様々な理由で、DODAの退会を考えている方もいますよね。

そこで今回はDODAの退会の仕方、並びに退会する際の注意点をお伝えします。

退会方法とは

DODAの退会方法には

  • 担当のキャリアアドバイザーへ直接連絡をする
  • DODAのWEBページから自分で退会手続きをする

といった、2通りの方法があります。

いずれの方法も、退会手続きが完了するまでに数日要することも。

この2つについて詳しく説明していきますね。

アドバイザーに直接連絡をする場合

DODAを利用している場合、多くの方はエージェントサービスを受けているはずですので、それまでお世話になったアドバイザーにメールで退会連絡をするのが一番シンプルな方法です。

退会することを決めた時点で、担当アドバイザーに連絡をすれば、アドバイザーが退会処理を進めてくれるでしょう。

特にこれと言った指示がない限り、あなたが他に何かしなければならないといったことはありません。

もちろんメール連絡だけで退会処理は進むのですが、できれば電話でもアドバイザーにひと言伝えるとよいでしょう。

ひょっとしたら今後また利用することがあるかもしれませんし、丁寧な対応を心がけておくことで、印象を損なうこともないですよね。

WEBページから直接退会する

自分で退会手続きをしたいという方は、アドバイザーを通さずにDODAのWEBページから直接退会することも可能です。

随分前に転職活動は終わっているものの退会手続きを忘れていた、なんていう場合にはWEBから退会した方が楽かもしれません。

DODAの会員ページにログインすれば、簡単に退会手続きを進めることができます。

手順は以下の通り。

  1. DODAの会員ページにログインする
  2. ページの右上にある「登録情報設定」をクリック
  3. ページの一番下部「DODA会員登録 退会手続き」の欄にある、「退会申請」ボタンをクリック
  4. 簡単な退会アンケートに答える
  5. アンケート回答後、「退会する」といったボタンが表示されるのでクリック

5分ほどあれば退会申請ができますので、後回しにせずに終わらせてしまいましょう。

退会する際の注意点とは

退会理由として不満を挙げることは控えよう

退会理由は基本的に正直に伝えて構いませんが、不満に聞こえる理由は述べないように気をつけましょう。

転職エージェントは、今後も利用する可能性があるサービスです。

そのため、下手に悪い印象を与えてしまうと、あなたにとっていいことがありません。

退会理由の例を簡単に挙げてみましたので、併せて確認してみてください。

  • 転職先が決まった
  • 転職活動をいったん辞めることにした
  • 知人の紹介で仕事が決まりそうだ
  • 連絡がしつこくてうんざりした
  • 全体的にレベルが低かった
  • 思ったようなサービスを受けられなかった

また、担当アドバイザーが合わなかったという場合には、担当キャリアアドバイザー変更のお申込みから変更することが可能です。

担当アドバイザーを変更することに躊躇してしまう方もいるかもしれませんが、

キャリアアドバイザー変更希望連絡が、DODAのサービス利用に関して不利に働くことは一切ありません。

と書いてあることからもあなたにとって不利に働くことはありませんので、安心して下さいね。

サービスの停止も可能

DODAではいったん退会してしまうと、登録情報が完全に削除されてしまいます。

そのため、やっぱりまた使用したい!と思っても、過去のデータは復元されません。

苦労して入力した履歴書や職務経歴書のデータも消えてしまいますので、まだ利用する可能性がわずかでもある場合は、いま一度本当に退会して良いのかよく考えるようにしましょう。

また、DODAには退会の他にサービスの停止といった機能が存在します。

これは一時的に、エージェントサービスやスカウトサービスの利用を止めるためのもので、退会と違って登録データは削除されません。

まだ利用する可能性がある場合や、一時的に利用を辞めたいといった場合はサービスの停止を申請することをおすすめします。

停止手順は以下の通り。

  1. DODAの会員ページにログインする
  2. ページの右上にある「登録情報設定」をクリック
  3. DODAエージェントサービスの「停止する」ボタンをクリック
  4. 簡単な退会アンケートに答える
  5. アンケート回答後、再度「停止する」ボタンをクリック

退会後の個人情報について

DODAでは、退会した会員の提出資料及び個人情報は責任をもって廃棄することになっています。

とはいえ、中には提出した書類や電子データを返却してほしいといった方もいますよね。

その場合の手続方法について、説明します。

  • いずれも退会手続き前に返却依頼をした場合のみ、返却してもらうことが可能
  • 個人情報書類(データ)が手元に届いてから、退会手続きを行うこと

紙書類の返却について

紙書類の返却を依頼する際は、DODA所定の「個人情報開示請求書」と添付書類(本人確認書類の写し等)が必要です。

添付書類や送り先については個人情報の取り扱いについてを参照して下さい。

必要書類が揃った時点で、配達の記録が残る方法(書留、簡易書留、配達記録郵便など)で提出します。

DODAに返却依頼が受理されてから書類が返却されるまでに、2週間ほどの時間かかるので、返却を待ちましょう。

電子データの返却について

電子データの返却は、DODAのお問い合わせページから申請しましょう。

お問い合わせページにて、「電子データ返却希望」と記載の上、依頼します。

DODAにて登録者本人であることが確認できた時点で、DODAで預かっているあなたの最新の情報がメールで返却されます。

まとめ

いかがでしたか。

今回はDODAの退会方法および注意点について、お伝えしました。

DODAは、退会したいと思った時にいつでも退会が可能です。

サービスの停止もできることから、あなたのニーズに合わせてどちらの手段を選ぶのか決めるとよいでしょう。

また、個人情報については、手続きに際して注意点がいくつかありますので、よく確認するようにして下さい。

サービスを利用させてもらった立場上、マナーをもって退会手続きを行うことが大切です。

ABOUT ME
らふ
らふ
20代後半、元信託銀行員で現在は1児の母。在職中に職場で感じたこと、経験したことをメインに「女性らしい生き方ってなんだろう」、と模索しながらブログを書いています。 プロフィールページへ
あなたの「強み」見つけませんか?
Always be yourself
  • 今の仕事が自分に向いているのか不安
  • もっと活躍できる場所があるのでは?と思う
  • 今の職場でどうやったらもっと活躍できるの?
  • そもそも自分の魅力・強みがよくわからない

こんな悩みを抱えて、日々仕事に向かってはいませんか。

そこで、私がおすすめしたい

自分の強みを発見し、あなたらしく輝ける仕事の見つけ方

をご紹介します*。

あなたらしく輝く場を見つける