無期雇用派遣

【無期雇用派遣】とは?働き方についてわかりやすく解説します

無期雇用派遣とは

無期雇用派遣(別称「常用型派遣」)ってご存知ですか。

無期雇用派遣は2015年に労働者派遣法が改正されたことで、注目を集めている働き方のひとつ。

とはいえ、あまり聞いたことがない・正社員や派遣社員との違いがわからない、という方も多いですよね。

そこで今回は無期雇用派遣の働き方、メリットやデメリットについてもわかりやすくまとめてみました。

なお、友人に「無期雇用派遣って実際どうなの?」と聞いてきたことについては、以下の記事をご覧下さい▼

無期雇用派遣って実際どうなの?その実態に迫ってみた

無期雇用派遣
無期雇用派遣って実際どうなの?その実態に迫ってみた無期雇用派遣は辞めといたほうが良い 無期雇用派遣は危険だ などと、無期雇用派遣を勧めない意見を多く見かけますよね。 とはい...

無期雇用派遣とは

「派遣」と聞くと、半年や1年などと期間が決められていて、その都度契約を更新しながら働くといったイメージが浮かびますよね。

このように派遣契約において期間が定められている働き方を、「有期雇用派遣」(別称、「登録型派遣」)といいます。

有期雇用派遣では、派遣先が決定した後で、派遣会社と契約を結びます。

有期雇用派遣の仕組み
有期雇用派遣

それに対し、無期雇用派遣はその名の通り、契約に終わりを定めずに働く形態のことを指します。

先に述べた有期雇用派遣では派遣契約が終了した時点で、派遣元との契約も終了してしまいますよね。

ですが、無期雇用派遣では派遣契約が終了しても派遣元との雇用契約は継続します。

無期雇用派遣の仕組み
無期雇用契約
  • 派遣先との契約が終了しても、派遣元との契約は終わらない
  • 派遣先で働いていない期間も、原則、お給料が支払われる

無期雇用派遣と他の雇用形態との違い

ここまで有期雇用派遣と無期雇用派遣の違いについて、お伝えしてきました。

さて、いったんここで正社員も交えたうえで、雇用形態の違いについて確認していきましょう。

正社員との比較

有期雇用派遣 無期雇用派遣 正社員
雇用期間 有期 無期 無期
雇用主 派遣会社 派遣会社 勤務先
給料 時給制 月給制 月給制
賞与 なし あり
(※派遣先による)
あり
交通費 なし 大半は支給あり あり
残業 基本的にはなし 派遣先による
(多少融通が利く)
あり

よく、無期雇用派遣は「正社員と同等」などと表現されることが多いのですが、表からも雇用主以外は正社員とほぼ変わりがないことがおわかりいただけたでしょうか。

また、無期雇用派遣は特に事務未経験者や若い世代のキャリア支援を目的としていることから、求人の多くは20代に集中していることも特徴です。

らふ
らふ
未経験が無くても現場でキャリアを積むことができる点は魅力的だね。実際、無期雇用派遣としてキャリアを積んだうえで、正社員へステップアップするケースも多いよ。

雇用契約を結ぶタイミング

また、無期雇用派遣と有期雇用派遣では雇用契約を結ぶタイミングが少し異なります。

ここもよく勘違いをしやすいので、以下にまとめてみました。

雇用形態 雇用主 雇用契約のタイミング
有期雇用派遣 派遣会社 派遣先が決まった時点
無期雇用派遣 派遣会社 派遣会社の選考に通過したら

無期雇用派遣では、派遣会社の選考に通過した時点で、雇用契約を締結します。

有期雇用派遣と異なり選考に通過しなければなりませんが、派遣先が見つかるまでの待機期間中もお給料の支給がある点が特徴。

一方、有期雇用派遣の場合は派遣登録をしただけでは雇用契約の締結とはならず、派遣先が決定して初めて雇用契約の締結をします。

そのため、もちろん派遣先が決まっていない間はお給料が一切発生する事はありません。

こういったところで、無期雇用派遣は「安定」だといわれることが多くなっています。

無期雇用派遣のメリット

収入が安定する

有期雇用派遣と無期雇用派遣の大きな違いの一つは、なんといっても給与の差です。

有期雇用派遣では「時給制」で支払われていたお給料が、なんと正社員と同じように「月給制」に。

つまり、無期雇用派遣社員として採用された時点で、時給制から卒業できちゃうんです。

月給制になるということは、月にもらえるお給料の変動がほぼないため、仮に体調を崩して仕事に行けない日が続いたとしても、そこまで心配する必要がなくなるということ。

会社にもよりますが、大体ひと月あたり20-22万円ほどの月給が支給されます。

有期雇用派遣ではまずもらうことのできなかった賞与約一ヶ月分が年に2回は支給されることから、年収も300万円前後は見込めるでしょう。

また、残業代はもちろん支給されますし、正社員と同じように有給を申請する事も可能です。

交通費が支給される

無期雇用派遣では基本的に交通費が支給されます。

有期雇用派遣では、交通費込みの時給になっていたり、なぜか「一律○円」などといった表記がなされていることがほとんど。

時給の中に交通費が含まれてしまうと、その分も課税対象となることから、取られる税金も多くなってしまいます。

しかし、無期雇用派遣では正社員と同じく、お給料と別に交通費が支給されるため課税対象とはなりません。

結果、余計な税金として徴収されることなく、手取りの増加に繋がります。

もちろん非課税限度額の10万円を超えてしまうと課税対象となりますが、まずそういったケースはないので安心してくださいね。

福利厚生が使いやすい

無期雇用派遣では、正社員と同等の福利厚生制度を受けることができます。

各種手当はもちろんのこと、会社によってはフィットネスクラブ割引・ベビーシッターの割引サービス、定型宿泊施設の割引など、有期雇用派遣では通常付与されることが少ない福利厚生を受けることが可能。

また、自己啓発をはじめとした手厚い研修を受けることができます。

無期雇用派遣社員は派遣会社と無期雇用契約を結ぶ手前、しっかりとスキルを身に着けてほしいといった派遣会社側の希望もあり、資格取得の支援はもちろん、スキルアップを目的とした研修も受けることができるでしょう。

自分で受けようと思うと、なかなか費用がかさみますので、こういった手当は非常に嬉しいですよね。

らふ
らふ
自身のスキルアップにもなるし、積極的に利用していきたいね

派遣先に大手企業が多い

無期雇用派遣は、募集企業を見てもらうとわかるように、大手企業の求人が多くなっています。

都市部での求人が多い事と、若い人材を欲していることからも会社として勢いのあるところが多く、必然的に大手からの求人が集まっているといえるでしょう。

そのため、大手企業で意欲の高い社員に囲まれながら、自分自身のスキルを高めていくことが可能です。

ゆくゆく正社員としてのステップアップを考えている、派遣社員としてレベルの高い仕事がしたいといった場合、非常によい環境に身を置くことができます。

無期雇用派遣のデメリット

面接や書類選考がある

有期雇用派遣では派遣会社に登録を済ませれば、あとは仕事の案件が来るのを待つだけ。

しかし、無期雇用派遣として働くためには、それなりにきちんとした選考を突破しなければなりません。

派遣会社からしたら、働く意欲のない人や自分を高めようという向上心の無い人を無制限に雇うわけにはいきませんよね。

面接では、なぜ無期雇用派遣を希望するのかなど、様々な質問が面接官から飛んでくるはず。

そのため、自己分析はもちろんのこと、面接対策についてもある程度しっかりと行う必要があります。

後悔しない為にも、しっかり準備したうえで選考に臨むようにしましょう。

給料が上がりにくい

無期雇用派遣では月給があらかじめ定められていることから、お給料の額が上がりにくいといえます。

もちろん全く上がらないということはありませんが、無期雇用派遣とはいえ結局のところは派遣社員。

どうしたって、正社員とは一定の差がつきます。

とはいえ、昨今では実力や活躍に応じてある程度の昇給を認める動きも出てきていることから、無期雇用派遣として働く場合は自分に合った派遣会社と契約を締結することが大切

どこと契約したって同じだなどと安易に考えず、良く調べた上で応募するようにして下さいね。

地域によっては募集がない

無期雇用派遣という働き方自体、導入されて日が浅いこともあり、多くの派遣会社では主要都市を対象として人材を募集しています。

東京、名古屋、大阪などといって大都市を主な募集地域としていることから、まずあなたが働ける範囲内で募集があるのかどうかをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

また、逆に捉えれば、エリアが限定的であることで県をまたいだ転勤の可能性がほぼないだけでなく、勤務地もアクセスのよい場所にあることがほとんど。

転勤することなく、東京都内で働きたいなどといった希望がある方には魅力的に思えるかもしれません。

仕事を選びにくい

有期雇用派遣では、あなたが働きたいと思った派遣先を選択することができますが、無期雇用派遣では派遣会社の指示で派遣先が決まります。

もちろん事前に、希望する業務や勤務地等についてある程度のリサーチはありますが、必ずしも希望がすべて通るわけではありませんので注意してください。

とはいえ、あなた自身では気づくことのできなかった向いている仕事に出会うことができるかもしれません。

事務と一言で言っても、営業事務・大学事務・経理事務など、さまざまな仕事があります。

派遣をきっかけに本当に向いている仕事が見つかるかもしれないと、前向きに捉えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は無期雇用派遣の働き方について、お伝えしました。

まだ一般的には認知度の低い働き方ではあるものの、今後ますます注目される働き方の一つであることは間違いありません。

無期雇用派遣のメリットやデメリットについて、きちんと理解した上で、働き方の一手段として候補にいれてみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になっていれば幸いです。

ABOUT ME
らふ
らふ
一児の母。元金融OL、在職中は職場での人間関係に苦しみ、うつ病手前まで追い込まれたことも。退職後は副業ライターを経て、ブログを立ち上げる。ジョシルベでは自身の経験を元に仕事、転職関連の記事をメインで担当。たまに恋愛記事にも登場します。
あなたの「強み」見つけませんか?
Always be yourself
  • 今の仕事が自分に向いているのか不安
  • もっと活躍できる場所があるのでは?と思う
  • 今の職場でどうやったらもっと活躍できるの?
  • そもそも自分の魅力・強みがよくわからない

こんな悩みを抱えて、日々仕事に向かってはいませんか。

そこで、私がおすすめしたい

自分の強みを発見し、あなたらしく輝ける仕事の見つけ方

をご紹介します*。

あなたらしく輝く場を見つける