インスタ始めましたフォローしてみる?

泣きたいほど仕事が辛いあなたへ。心が発しているSOSのサインにそろそろ気づいてあげませんか

泣きたいほど仕事がつらい 仕事の悩み

職場の労働条件や人間関係が辛くて、毎日やっとの思いで通勤電車に乗ってはいませんか。

泣きたいほど仕事が辛い中、気力を振り絞って自分を奮い立たせてはいませんか。


私も、かつて無理を押して会社に出社していたときがありました。

「まだ、大丈夫なはず」そう自分をごまかし続けた私は、気づいたときにはうつ病手前のレッドゾーンに。

今回は実体験を踏まえながら、泣きたいほど仕事が辛いあなたに向けて記事を書いてみました。

この記事でわかること

  • 涙が止まらなくなった私の体験談
  • 突然涙が溢れてしまう要因
  • 大人が理由もなく泣くのはおかしいことじゃない
  • 涙が止まらないときに試して欲しいこと
  • 涙を流している人を見かけたときの対応
スポンサーリンク

泣きたいほど仕事が辛いときは休んだっていい

無理して出社する必要ない

仕事中や通勤中、気づけば目から涙がこぼれている。

泣くほど仕事が辛いと感じている自分自身を弱いと決めつけて、情けなくなってはいませんか。

もしかしたらそれは、仕事に対して『限界が近いよ』というサインかもしれません。

らふ
らふ

わたしもなぜか仕事中に突然涙が止まなくなり、慌ててトイレに駆け込んだことが何回あるやら…

 

気づけば目から涙が溢れているなんて人に言ったらどう思われるか、などと考えて抱え込んでしまいますよね。

でも大丈夫。

仕事が辛いと感じて、ひっそりと涙を流しているのはあなただけではありません。

 

いまならまだ、あなたが壊れてしまう前になんとかすることができます。

ひとまずここまで頑張ったあなた自身を、労ってあげませんか。

どうしても行きたくないときは思い切って仕事を休んだっていいんです。

仕事を休むときに使える欠勤理由については以下の記事でまとめていますので、参考にしてみてくださいね▼

とつぜん涙があふれる原因は過度のストレス

涙があふれて止まらない原因はストレス

泣くほど仕事が辛い状態を放置していると、特に何か悲しいことが起きたわけでも、辛いことが起きたわけでもないのに涙が溢れてくるように。

なぜか涙が溢れて止まらない原因、それは一言で言ってしまえば

過度のストレスです。

らふ
らふ

自分が気づかないうちにどんどんストレスが溜まってたりするよね…

 

連日の残業や職場の人間関係、パワハラ発言の多い上司、そんな環境下で心が休まらなかったり、イライラした気持ちが溜まってはいませんか。

肉体的な疲労はしっかりと眠ることで回復させることができますが、心の疲れは心が休まらない限り、どんどん蓄積していきます。

 

いまのあなたの状態は疲労が許容ギリギリまで溜まってしまった結果、涙が止まらなくなってしまっていると考えられるでしょう。

また、女性の場合はホルモンバランスの影響でさらに情緒不安定になりやすかったり、気分の落ち込みが激しくなってしまうケースも。

涙が溢れて止まらないときは、『心がそろそろ限界に近づいているのかもしれない』と、あなた自身を労ってあげてくださいね。

ストレスは自律神経をおかしくしてしまう

わたしが実際にかかってしまった「自律神経失調症」ですが、これは強いストレスが引き金となって起こります。

目に関する症状だけでも涙が止まらない、目が乾いたりゴロゴロする、目を開きにくいなどと様々なものがありますが、自律神経失調症の場合には身体や精神面に強い負担がかかるのが特徴のひとつ。

らふ
らふ

涙が溢れてくる以外に、仕事のストレスが原因で身体に支障をきたしている場合にはいちど病院に行ってみてくださいね。

うつ病になってしまう危険性も

「ただ涙が止まらないだけの話で、そんな大げさなことになるの?」

と思う方もいるでしょう。

 

しかし泣くほど仕事が辛い日が多い、気分も憂鬱な日々が随分長く続いている…そんな状態が何ヶ月も続くようであれば、それはうつ病になりかけているかもしれません。

私も自身の異変に気づいた時点ですぐに病院へ行けばよかったものの、仕事の忙しさを理由についつい後回しにしてしまいました。

その結果、どんどん悪化してうつ病寸前のレッドゾーンにまで達してしまったと思っています。

 

うつ病は脳の病気で、「心が壊れかけているよ」という身体からのサイン。

しかし一方で、涙が出るということは身体がまだなんとかSOS送ることができる状態にあるということ。

そのため、うつ病になったばかりか、なりかけの状態だと考えられます。

この時点で適切に対処することができれば、深刻なうつ病にならずに済むかもしれません。

 

ここで勘違いしないでほしいのが、

うつ病は、あなた自身でなんとかできるものではない

ということ。

らふ
らふ

まずはしっかりと休養を取り、しかるべき処置を受けることが大切だよ!

なお、私がうつ病手前まで追い込まれた経験は以下の記事でまとめています▼

泣くのは恥ずかしいことじゃない

泣くことは恥ずかしいことじゃない

人知れず涙が溢れてしまったとき、

いい歳して電車内で泣き出すなんてどうかしてる

涙が止まらないのは自分が弱いからだ

などと、ついつい自分を責めてしまいがちですよね。

周囲からも、ひょっとしたら白い目で見られてしまったことがあるかもしれません。


しかし、いまあなたの涙が止まらないのはあなたが悪いからではなく、先述したように過度のストレスが原因です。

自分自身では処理しきれないストレスをなんとか逃がそうとしている証拠、といえるでしょう。

ついその涙を恥ずかしいと感じて必死に隠そうとしたり、無理して堪らえようとすると身体に大きな負担がかかってしまいます。

 

事実、私は涙を無理やり押し殺した結果、

気づけば笑顔まで消えていました。

そこまでいくと回復に時間がかかることは言うまでもなく、また自分でなんとかすることはかなり難しい状態。

 

ですから、涙が自然に溢れているうちにきちんと自分自身と向き合い、適切にケアしてあげることが何よりも大切です。

涙が止まらないときに試してほしい5ステップ

涙がとまらないときに 試してほしい5ステップ

涙の原因が強いストレスだと述べたように、涙が止まらない症状を和らげるためには、

  • 一体仕事の何にストレスを感じているのか
  • それを解決するにはどうしたらいいのか

ということについて、考える必要があります。

しかし、日々涙が溢れて困っている状況下で、いきなり冷静にそんなことを考えられませんよね。

そこで、ひとつずつ段階を踏んでいく方法をお伝えします。

ストレス発散法を見つけよう

ストレス発散と一言でいってもストレス発散法は十人十色。

らふ
らふ

わたしはそれこそヒトカラに行ったり、気分転換にどこかへ出かけるように心がけていたよ*。

自分が好きなことや興味のあることを手当たり次第、紙にリストアップしてみてください。

 

実際に紙に書いていくことで頭の中が自然と整理され、あなたに一番合っているストレス解消法が見つかるはず。

たとえ少しずつでもストレスを逃してあげることで、急激にストレスが溜まることを防ぐことができます。

何が辛いのか整理してみよう

ストレスを発散して一呼吸つくことができたら、仕事が辛いと感じるストレスの原因を紙に書き出してみましょう。

そのときにストレスを感じる原因だけでなく、どういった状況でストレスを感じやすいのかなどと具体的に掘り下げて書くのがポイントです。

客観的に具体的な状況を把握することによって、より確実に問題解決に向けての第一歩を踏み出すことができます。

いまの状況でできることを書き出そう

仕事が辛い原因が何なのかわかったところで、改善できそうな事柄を続けて書き出してみましょう。

そしてそれはあなた一人でできることなのか、少し周囲の協力がいることなのかも併せて考えてみてください。

その上でまず、あなたひとりの努力でなんとかできそうなことがあれば、そこから積極的に取り組みましょう。

らふ
らふ

ちょっとしたことでも原因が取り除かれていくことで、少しずつ心が楽になるはず!

周囲を頼ることも大切

自分で改善してストレスがない環境になるのがなによりですが、ストレスの主原因が職場の悩み(人間関係、長時間労働、パワハラなど)である場合、あなたひとりで解決できる問題ではないことがほとんど。

 

その場合、上司に相談するのも有効な方法の一つではあるものの、上司に相談しづらいといったケースもありますよね。

そんなときは社内の相談窓口や、カウンセラーへの相談を検討してみてもよいでしょう。

らふ
らふ

きっとあなたの大きな力になってくれるはず*。

なお、社内にどうしても相談できそうにないといった場合には社外の相談窓口を利用する事も検討してみてください▼

心身の不調が続くようなら医療機関へ

  • 自分でできることはすべてやったけれど、相変わらず仕事が辛い、涙が止まらない。
  • あまり良くなっている気配がないどころか、日に日に体調が悪くなっている。

そんなときは無理せず、医療機関か適切な相談窓口を利用して下さい。

心療内科と聞くとなんだか足を運びにくい場所、重苦しい雰囲気が漂っていそうなどと考えてしまうかもしれません。

 

わたしもそう思っていました。

しかし実際に訪れてみると院内はきれいで清潔感に溢れており、事前予約制なことから他の患者さんに遭遇することもなく、プライバシーがきちんと守られている印象を受けました。

らふ
らふ

先生がじっくり話を聞いてくれるので、泣くほど仕事が辛いあなたの状況を、そのまま素直に話してみて下さいね*。

もし職場で涙を流している人を見かけたら

職場で泣いている人を 見かけたら

特に怒られたり、なにかあったわけではないのに職場で泣いている人を見かけたとき、つい慌てて声をかけたくなってしまう気持ちはわかりますが…ひとまずその場では気づかないフリをしておきましょう。

 

その人自身、なぜ涙が溢れているのか自分でも理解できていないでしょうし、なにより周りに気づかれたくないと必死なはず。

 

ちょっと時間を置いて、その人とどこかで二人になる機会があればそのときに、「なんだか元気が無いように見えるけれど…なにかあった?」などと聞いてみましょう。

らふ
らふ

職場で泣いていたことを無理に聞くのではなく、あくまで自然に心配しているように声をかけるのがコツだよ

話を聞いた上で、「なにか私にできそうなことがあればいつでも協力するから声をかけてね」といったスタンスを心がけることがポイントです。

涙が止まらないのは心からのSOSサイン!一歩立ち止まる勇気を持とう

涙が止まらないのは心からのSOSサイン

泣きたいほどに仕事が辛くて、実際に泣いてしまうことは決して悪いことではありません。

 

それは、

「いまならまだなんとかなるよ!」

という身体からのサイン。

 

ですから涙を止める方法を必死に探すのではなく、なぜそんなにも涙が止まらないのか、いまいちど自分自身を見つめ直してみましょう。

どうしても今の環境を変えることが難しく、今後も環境がよくなる見通しが立たないのであれば、転職を考えるのも一つの手。

 

強いストレスを感じる環境下で長い間我慢し続けると次第に自信を失うだけでなく、

どうせわたしはだめだから…

という自己嫌悪の感情が強くなってしまう恐れも。

 

そうなってしまうと、いざというときに転職する気力が起きないどころか、「自分は役に立たない、ここでしか働けない」という強迫観念が生まれてしまうリスクが高まります。

その結果、取り返しのつかないことになってしまっては元も子もないですよね。

 

転職してまた職場の環境が悪かったらどうしよう…などと考えてしまうかもしれませんが、転職エージェントを利用することで事前に「転職先の職場環境」について知ることが可能です。その他不安なことも、丁寧に対応してくれますよ。

 

わたしもはじめての転職活動では何から始めればいいのか、自分に何が向いているのかわからず不安しか感じませんでした。

ですが、女性ならではの悩みに親身に寄り添ってくれる転職サービスと出会ったことで、いつの間にかそんな不安な気持ちを忘れかけていた自分に気づきました。

 

もしいま、不安な気持ちに押しつぶされかけているあなたがいるのならば、ぜひ勇気をもって一歩踏み出してみてください。

私を大きく変えてくれた転職サービスやその内容については、別記事で詳しくまとめています*。

【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイトを要望別にまとめてみました

【女性向け】私が実際に利用した、おすすめの転職エージェントと転職サイトをまとめてみました*。
女性向けの転職エージェントおよび転職サイトを探しているものの、今ひとつどこがいいのかわからないあなたへ。当記事では、実際に私が利用した中から【おすすめの女性向け転職サービス】を厳選してみました。ここでおすすめしたものだけ登録しておけば、ひとまず十分!と言い切れる内容になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
また、どうしても円満に会社を辞めることができそうにないという場合、退職代行サービスを利用することも検討しましょう。円満退社が望ましいことであるのは事実ですが、大切なのは一刻も早くあなたが今の状況から脱することです。
退職を言い出せなくて困っているあなたへ。おすすめの退職代行サービスをランキング形式でまとめてみました
本来であれば自分で退職手続きを行ったほうがいいことはわかっているものの、ブラック企業に勤めていて仕事を辞めるに辞められなかったり、辞めたいといったら嫌がらせを受けたといった経験がある方も少なくないですよね。そんなときは退職代行サービスを利用することで、退職にかかる一連の手続きをあなたの代わりに行ってもらうことが可能です。とはいえ、最近は多くの退職代行サービスがあり、どこを利用したらいいのか迷ってしまうはず。今回の記事では数ある退職代行サービスの中から、特におすすめな3社をランキング形式で徹底比較してみました。よければぜひ参考にしてみてくださいね。

\クリックで応援する/
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました