一度も出社せずに会社を辞められる「退職代行」ってなに?!
円満退社

逃げの転職は不利?!タイミングの見極めに注意しよう

逃げ転職不利

おすすめ転職サイト
【管理人厳選6社*悩んだらここ!】
【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社
【第二新卒に該当するあなたはこちら】
【第二新卒】おすすめの転職エージェントと転職サイト7選

突然ですが、あなたが会社を辞めたいと思っている理由はなんでしょうか。

  • 職場の人間関係がうまくいかない
  • 長時間残業が続いていてしんどい
  • 立ち仕事が体力的に辛い

など、きっと様々な理由から転職を悩んでいますよね。

しかし、その一方で、

「逃げの転職なんてするようじゃ、どこへいったって成功しない。」

などと、言われたことがあるのではないでしょうか。

確かに、人生はそんなに甘いものではありません。

とはいえ、苦しい状況下で我慢し続けるのもまた違いますよね。

そこで今回は、逃げ出し転職の是非と逃げ方のコツについてお伝えします。

逃げの転職は甘えなのか

結論から述べさせていただくと、私自身、逃げの転職は決して悪いことではないと考えています。

ただし、どうにかしようと努力もせず、ただ現状が辛いから逃げたいといった場合、転職をしても失敗する率が高いことは事実。

たとえばあなたが、職場の人間関係で悩んでいるから転職したいといった場合、そこに至るまでに以下のような過程の差があったらどうでしょうか。

  • 上司に相談したり、自分に悪いところがないか考え、行動しても一切状況が変わらなかった
  • 状況改善に向けてなにも努力せず、特に周りにも相談することはなかった

後者の場合、仮に転職に成功したとしても、次の職場で少しでも気に入らないことがあればまた同じ結果になってしまいかねませんよね。

パワハラや、度を越えたいじめが横行しているといった場合はともかく、どこの職場でも多少のトラブルや厄介事はつきものです。

いっときの感情から勢いで会社を辞めるのではなく、その状況に対して出来る限りの行動を取った上で、転職するのかどうか結論を下しても決して遅くはありません。

いまいちど、冷静に自分の置かれている状況を考えてみましょう。

逃げの転職といったマイナスイメージを捨てよう

転職をする前に、一度冷静に考えることの大切さは先述しました。

転職を決意した時点で、一定数の人から「転職なんて逃げだ、甘えだ」などと、意見を言われるかもしれません。

しかし、そもそも転職をする時点で現状を変えたい=逃げているわけですよね。

転職を逃げだと指摘され、「逃げ」というマイナスワードをなんとか払拭しようと躍起になるから、さらに苦しくなっているのかも。

この際、自分は今の苦しい状況から逃げるために転職するのだ、と肯定してみてはいかがでしょうか。

新しい環境へ行くということは、現状の何かに不満があるから脱するということ。

逃げだ、甘えだと言われても気にする必要はありません。

あなたの力ではどうにもならなかった、努力したけれど状況の改善が見込めなかった。

だからこそ、違う環境へ私は逃げるのだと自分自身の行動を認めてあげてくださいね。

また、退職を引き止められることもあるかもしれませんが、引き止めを断る意味でもあなた自身の意志を強く持つことが大切です。

計画性を持って逃げ出し転職を実行しよう

後先考えずに突っ走るのは危険

仕事を辞める前に実践してほしいことでもお伝えしましたが、退職後のプランもなにもなく、仕事を辞めてしまうことはおすすめしません。

辞めた後どうするか、次の就職先のアテはあるのか、そういったことを何ひとつ決めずに会社を辞めることは、ただの現実逃避になってしまうからです。

もちろん、気が滅入っているときに気分転換として現実逃避をすることは大切ですが、リスクの高い現実逃避に関しては何も良い結果を生みません。

場合によっては、あなた自身をさらに追い詰めてしまうことにも。

あなた自身が後悔しないためにも、見切り発車で会社を辞めてしまうことだけはないようにしましょう。

期間を決めて少しだけ頑張ってみよう

見切り発車での転職はNGと述べましたが、そうならないためにも、逃げの転職が成功するための準備期間を設けることをおすすめします。

三ヶ月でも、半年でも構いません。

あなたが、「あとこのぐらいならなんとか頑張れそう」といった期間を、準備期間として設定してみて下さい。

期間を決めたら、その期間で転職活動に挑戦してもいいですし、上司に相談すればなんとかなりそうなことであるならば相談してもよいでしょう。

なお、わたしは転職活動と並行して、職場のいじめを理由に部署異動ができないかどうか上司に相談しました。

結果、時間はかかりましたが部署異動が認められ、散々苦しめられた職場のお局さんと離れることに。

辞めてもいいと思っているのなら、この際できることは全部してから辞めるべきです。

転職活動についても、女性向け転職サービスを活用して、スムーズに転職先の候補を見つけることができました。

全ての問題が解決するわけじゃない

いまの会社から転職したからと言って、全く問題のない環境へいけるかといえば、そうではありません。

新しいところでも少なからず厄介な人もいれば、馬の合わない上司だっているでしょう。

なにひとつ問題のない会社なんて、きっとこの世界のどこにも存在しませんよね。

当サイトでも嫌いな先輩との付き合い方や、お局さんとうまくやる方法など、処世術をいくつかお伝えしてきました。

転職したいと思った確固たる理由が解決すれば、ひとまずはそれでよかったのだと考えるようにしましょう。

一度に多くのことを望めば望むほど、転職後の「こんなはずじゃなかった」というギャップに苦しむことになってしまいます。

逃げの転職を即決した方がいいケース

心身に不調をきたしている

もし、うつ病のような症状が出ていたり、なぜか通勤中に涙が溢れる、気分が一向に晴れないといった場合には今すぐ転職を検討すべきです。

万が一、うつ病や自律神経失調症といった精神病になってしまうと、転職活動はおろか、あなたの今後の人生が大きく狂ってしまう恐れも。

私も、職場のいじめで苦しんでいたとき、通勤中になぜか涙が溢れて止まらない状態に陥り、結果としてうつ病手前と診断されたことがありました。

もし転職活動は難しいという場合でも、しかるべき医療機関を受診し、診断書を書いてもらえば休職することができます。

まずは、あなたの心と体を休めることを第一に考えてくださいね。

あなた自身ではどうにもならない状況下にいる

ブラック企業に勤めていたり、長時間残業が当たり前といった会社にいる場合、あなたの力ではどうやっても改善できませんよね。

仮に部署異動が認められたとしても、また同じような環境に身をおくことになるでしょう。

そのような状況から脱する方法はただひとつ、転職活動を行うことです。

とはいえ、仕事に追われる中で転職活動をしている余裕がないかもしれません。

その場合には、ひとまず転職サイトへ登録だけ済ませておきましょう。

登録だけであれば5分ほどで終わりますし、あとは通勤時間やちょっとしたスキマ時間でプロフィールを充実させればOKです。

少しするとあなたにあった案件がメールで送られてきたり、場合によっては企業から面接確約のスカウトがくることも。

また、ブラック企業に勤めていて退職を伝えるのが怖い、伝えたら脅されたなどといった際は、退職代行サービスの利用も併せて検討してみてくださいね。

まとめ

転職に対して、年配の人ほど「甘え」だの「逃げ」だの意見を言ってくるかもしれません。

しかし、逃げることのなにが悪いのでしょうか?

きちんと考えた上で、自身が疲弊してしまいそうな状況から逃げることのどこが甘えなのかと。

逃げたことによって、あなたが以前の職場より生き生きと働けて、表情も明るくなればそれは逃げて正解だったということ。

転職活動をすることに対して、後ろめたさを感じる必要もなければ、自分が悪いんだとあなた自身を責める必要もありません。

現状をより良くするための逃げの転職だと認めた上で、前向きに転職活動に専念しましょう。

なにより、本当に疲弊しきってしまったら、転職活動どころじゃなくなってしまいます。

だからこそ、まだ転職しようという気合がある今のうちに、自分の状況を見定めて行動に移してみてくださいね。

ABOUT ME
らふ
らふ
20代後半、元信託銀行員で現在は1児の母。在職中に職場で感じたこと、経験したことをメインに「女性らしい生き方ってなんだろう」、と模索しながらブログを書いています。 プロフィールページへ
あなたの「強み」見つけませんか?
Always be yourself
  • 今の仕事が自分に向いているのか不安
  • もっと活躍できる場所があるのでは?と思う
  • 今の職場でどうやったらもっと活躍できるの?
  • そもそも自分の魅力・強みがよくわからない

こんな悩みを抱えて、日々仕事に向かってはいませんか。

そこで、私がおすすめしたい

自分の強みを発見し、あなたらしく輝ける仕事の見つけ方

をご紹介します*。

あなたらしく輝く場を見つける