職場のお局さんとうまくやるコツとは?私がそのコツ教えます

人間関係

職場のお局さんとうまくやるためのコツ、知りたくないですか?

きっと職場のお局さんとの関係に苦戦している人も多いですよね。

わたしの職場にも厄介なお局さんがいて、心無いことを色々言われる毎日。

しかし、そんな中で3年ほど過ごすうちに、お局さんとうまくやるためのコツを掴むことができました。

そこで今回は、そのコツについてお伝えします。

スポンサーリンク

お局さんと上手くやるためのコツ6つ

お局さんと上手くやるコツ

私がお局さんと過ごす中で、心がけたことは以下の6つでした。

PICK UP

  1. お局さんには丁寧に対応する
  2. あえてわからないことをお局さんに聞く
  3. 手が空いたときはお局さんの仕事を手伝う
  4. お局さんの雑談はないがしろにしない
  5. ときにはお局さんに相談してみる
  6. お局さんの誕生日を把握しておく
らふ

以下で詳しく説明していくね*。

なお、お局さんの特徴・心理・対処法などについては別記事でまとめていますので、そちらが知りたい方は以下からどうぞ*。

お局さんには丁寧に対応するよう心がける

お局さんというのはその部署にもうずいぶん長いこといるケースが多く、それまでその部署で起きたトラブルや人間関係について熟知しています。

そのため、

  • 若い子に負けたくないという気持ち
  • わたしのが物事をずっと知っているという気持ち

が一段と強いことは、言うまでもありません。

よって、自分よりも若い人に対して、ものの言い方が必然的にキツくなるといえるでしょう。

しかし仕事上、お局さんは大先輩に当たることもまた事実です。

あなたに上から目線で色んなことを言ってきたり、時には頼んでもないのにやたらと押し付けがましく説明をしてくるかもしれません。

そのとき、もう聞きました、知っていますなどといった態度をとるのではなく、たとえ知っていたとしても「ありがとうございます、助かります」と素直に答えておくのがポイント。

自分の指導を嫌な顔せず素直に受け入れてくれたら、嫌な気持ちになる人なんていませんよね。

もし今すでに嫌がらせを受けていて、なかなかつらいという場合、以下の記事で対処法について触れています▼

あえてわからないことをお局さんに聞く

「え、できれば話したくないんだけど…」と思いますよね。

お局さんというのは何らかの形であなたより優位な立場にいたいと思っています。

若さや容姿では勝てず、男性の上司から気に入られるのも若くてフレッシュなあなた。

そんな些細な事が気に食わないのがお局さんの特徴であり、厄介なところですよね。

そこであえて、お局さんに仕事でわからないことを聞いてみましょう。

そのときにただわかりませんと聞くのではなく、ここまではわかっているがその先がわからないといったように、一定の理解は示すようにして下さい。

丸投げの質問はお局さんを不愉快にさせるだけでなく、「あの子はなにも自分で考えようとしない、全くいまの若い子は…」と新たな悪口を生んでしまうこと繋がりかねません。

お局さんから仕事を教わることで、「やっぱりわたしがいなきゃだめなのよ」とお局さんに思わせることができます。

また、仮にあなたがそれで仕事をうまく進めることができれば、「あの子がうまくいったのはわたしのアドバイスのおかげ!」と上機嫌になるでしょう。

その都度、あなたも感謝の気持ちを素直に表すことで、きっとそのうち嫌々ながらも口調は嬉しそうに仕事を教えてくれるはず。

厄介なお局さん言えど、仕事でいえば大先輩。知っておいて損はない仕事の知恵だってたくさんもっています。

ここはうまく利用してあなた自身の成長に繋げていきましょう。

なお、お局さんをはじめ、悪口を言う人の特徴や対処法については以下の記事を参照してくださいね▼

手が空いたときはお局さんの仕事を手伝う

お局さんの機嫌にもよりますが、よほど不機嫌で話しかけてくるなというオーラがない限り、自分の手が空いたときは積極的にお局さんに対して手伝えることはないか聞いてみましょう。

また、お局さんはパソコン操作が苦手であるケースが多く、PCのセットアップやワード、エクセルなどの文章作成作業を手伝うことで非常に喜んでもらった覚えがあります。

お局さんの仕事を手伝ううちに自然とあなたに身につくスキルもあるでしょうし、積極性が認められれば仕事での評価だって高くなるはず。

実際わたしもお局さんの仕事をできる限り手伝うように心がけた結果、気付いたときにはかなり多くのことが自分一人でこなせるようになっていました。

そのため、仕事の手が空いてほとんどやることがないときは、ここがチャンスと思って積極的にお局さんにひと声かけてみてくださいね。

お局さんの雑談はないがしろにしない

お局さんはおしゃべりが大好きです。

仕事中でも手を止めて話している、なんてこともしばしば。

あなたまで仕事の手を止めてすべての会話に耳を傾ける必要はありませんが、適度に相槌を入れたり目を合わせたりするようにしましょう。

またここで、少しお局さんの雑談の中で印象に残ったことを覚えておき、少し日付がたったあとに「あの時の話ってその後どうなりましたか?」などと気にかけるような会話をすることができると、よりお局さんからのイメージがよくなります。

実際わたしもお局さんが某スマホアプリに最近ハマっているという話をしていたので、その話で随分盛り上がったりもしました。

お局さんが話している間はあくまで話を聞くことに徹し、あとからあなたが話すようにするのがコツです。

ときにはお局さんに相談してみる

お局さんと仲良くする上で、挨拶を欠かさずしたり、適度に会話することはもちろんですが、お局さんは適度に頼ってくる若い子を可愛い後輩だと認識する傾向が強いといえます。

そのため、時には悩みを相談して頼りにしていることをアピールするとよいでしょう。

このとき、誰かに知られると少し面倒くさいことや深刻な悩みを相談するのではなく、気軽で比較的答えやすい悩みを相談するようにしてください。

あまりプライベートな事をお局さんにべらべらと話してしまうと、いつどこで何を言われてしまうかわかりません。

また、何か相談事をして、その悩みに動きが見られた場合は必ず報告するようにしましょう。

「相談だけしておいてその後どうなったか言ってこないなんて、失礼な子だわ」などと思われてしまわないよう、きちんと報告をしてお礼を述べることが大切です。

お局さんの誕生日を把握しておく

これはお局さんの性格や職場の雰囲気にもよりますが、わたしはお局さんの誕生日をさり気なく聞き、把握していました。

歳を重ねたことを祝われたくないという人も中にはいますが、誕生日を覚えてくれていたら嬉しいものですよね。

わたしの場合は職場内でちょっとしたお菓子を普段から分け合ったりしていたので、お局さんの誕生日の日に普段お世話になっているお礼を兼ねてささやかなプレゼントを渡していました。

あまりにお局さんの人数が多い場合には難しいかもしれませんが、ひとりやふたり程度であればプレゼント作戦は有効です。

ただし、貢いでいる・ご機嫌を取ろうとしていると思われるリスクもありますので、この作戦はいくらかお局さんと仲良くなってからにしましょう。

わたしはだいぶ打ち解けたあとにプレゼントを渡すようにしたところ、自分の誕生日にお返しを頂いたり、飲みに誘ってもらえることもありました。

もしよければ試してみてくださいね。

コツを抑えてお局さんとうまく付き合おう

お局さんと上手くやるコツ
今回はわたしの経験を元にお局さんとうまくやっていくためのコツを6つ、お伝えしました。

お局さんは一見厄介な存在というイメージが強いですが、味方になってもらえば強力な存在であることも確か。

お局さんと上手くやれるかどうかが、あなたの職場でのストレスを左右すると言っても過言ではありません。

わたしは3年半という期間を経て、お局さんの性質や厄介な部分を嫌というほど体験してきました。

実際、お局さんからの嫌味や悪口が原因で身体を壊したことも。

もしあなたがすでに心身を壊しつつある場合、決して無理をせず適切な行動を取って下さい。

職場で誰かしらに相談できるのがベストですが、相談できる人がいない場合には外部の相談窓口を利用してみても良いでしょう。

また、お局さんのせいでだいぶ追い詰められている、常に仕事を辞めたいと考えてしまっている場合には転職を検討するのも一つの手。

できれば今の職場でなんとか解決に導くことが最善ではあるものの、そこまであなたの精神状態が持ちそうにない場合には転職を考えるべきでしょう。

転職してまた人間関係のトラブルに巻き込まれたらどうしよう…などと考えてしまうかもしれませんが、転職エージェントを利用することで事前に「転職先の職場環境」について知ることが可能です。その他不安なことも、丁寧に対応してくれますよ。

実際に私が利用した転職エージェントやサイトについては、下記にまとめていますのでよければ併せて参考にしてくださいね▼

About site
おすすめ記事一覧 新着記事 新着記事をもっと見る 世渡り術 「世渡り術」をもっと見る 転退職 「転退職」をもっと見る マネー 「マネー」...
タイトルとURLをコピーしました