人間関係

仕事ができる女性は嫉妬される?やっかみから身を守る方法6つ

shitto

仕事ができる女性というのは、あこがれの対象であると同時に、嫉妬妬みの対象になってしまうことがありますよね。

「なんか最近調子乗ってるよね」なんて、嫌味を言われた経験がある方も多いのではないでしょうか。

せっかく仕事で高い成果を収めているのに、周囲からあれこれ言われたらたまりませんよね。

とはいえ、嫉妬や嫌味を一時的に軽減することはできたとしても、完全に無くすということはまず難しいでしょう。

そこで今回は、仕事ができる女性が周囲の嫉妬や嫌味から身を守るための方法を6つ、お伝えします。

嫉妬から身を守るための方法6つ

嫉妬から身を守る

身なりで目立たないように気を付けよう

仕事ができる女性というのは、ただでさえ周囲から一目置かれる存在であり、目立ちますよね。

その時点で、周りの女性に比べ嫉妬されやすい立場にあるといえるでしょう。

たとえ嫉妬のきっかけが仕事ができることだったとしても、他に少しでも嫉妬の対象となりえることがあれば、併せて嫉妬の対象となってしまいます。

女性の職場で起きるいじめも大半が嫉妬や妬みが元になっていると言われるほど、女の嫉妬というのは厄介なもの。

特に女性の場合、化粧や服装といった身なりについては嫉妬の対象になりやすいでしょう。

仕事のことであれこれ嫌味を言われるのに加えて、
「なんか化粧が派手じゃない?」
「服装が下品だよね」
などと、身なりについても嫌味を言われたら最悪ですよね。

そこで、嫉妬を受けている間は仕事のこと以外で、注目されそうな項目を作らないことがポイントです。

会社に着ていく服をなるべくシンプルなものにしたり、化粧もナチュラルメイクを心掛けてみましょう。

仕事以外のことで嫉妬される原因を作らないよう、極力身なりはシンプルにして、アクセサリーも華美にならないように気をつけることが大切。

嫉妬や僻みの原因が身なりにある場合、ちょっと心がけるだけで嫌がらせが随分と軽減されるはず。

感謝の気持ちや謙遜の気持ちを大切にしよう

私が勤めていた職場には、すごく仕事のできる女の先輩がいました。

いつもみんなに優しく、繁忙期に仕事を聞いたときでさえ、嫌な顔ひとつせず笑顔で応答してくれるような方で、周りからは「天使のような先輩」と言われていたほど。

その先輩は当然仕事ができることから重要なポジションを任されたり、皆の前で褒められることも日常茶飯事。

ですが、決して自分に奢らず、「わたしひとりではなくチームでやった結果です」と周囲への思いやりも欠かさなかったことを今でも覚えています。

たしかに仕事一つとっても、自分ひとりだけの力で最初から最後まで完遂した、なんてことは少ないのではないでしょうか。

きっとそこに至るまでアドバイスをくれた人もいれば、手伝ってくれた人もいたでしょう。

何人もの協力の上に成り立っている仕事のほうが、きっと多いですよね。

だからこそ、些細な事でも感謝を忘れず、謙遜の気持ちを忘れないように過ごすことが大切です。

また、なぜか仕事ができるのに嫌われてしまう女性の特徴についても、併せて確認しておくと良いかもしれません。

日頃から周囲とコミュニケーションを取ろう

仕事ができることも嫌味を言われたり、嫉妬されたりする要因のひとつかもしれません。

しかし、もともと好かれていた人が、仕事ができる女性へとステップアップしただけで、いきなり嫌味や嫉妬の対象になるでしょうか?

…なりませんよね。

むしろその場合は嫉妬の対象ではなく、憧れの存在へと変わるはず。

嫉妬されたり嫌味を言われる女性というのは、どこか日頃からツンとしていて話しかけにくい雰囲気があったり、プライドが高い印象を抱かれているかもしれません。

そのため、常日頃から職場の人と適度にコミュニケーションをとり、親しくしておくことがとても大切です。

普段からきちんと周囲と協力して仕事をすすめることができていれば、仕事が上達したことを喜んでくれるでしょうし、応援してくれるはず。

そういえば最近あまり関わっていないな…という人が職場にいる場合、ぜひ積極的にコミュニケーションをとってみてくださいね。

自分に自信を持とう

周囲から嫌味や嫉妬を言われ続けていると、どんどん気持ちが沈んでいってしまいますよね。

「せっかく頑張ったのに、こんなに言われるならもう頑張るのを辞めよう」などと考えてはいませんか。

しかし、人が何かを成し遂げるとき、かならず嫉妬や嫌味というものはついて回ります。

偉業を成し遂げた人でさえ、そこに至るまでたくさん嫌味を言われ、苦労を経験した人がほとんどでしょう。

嫌味や嫉妬というのは、裏返せば「羨ましい」という感情が含まれています。

つまりあなたは、「羨ましい」と思われるほど立派な仕事を成し遂げたということ。

自分に自信を失いかけているかもしれませんが、いまいちど胸を張って、前に進んでみてはどうでしょうか。

きっとそのうち、もあなたに対して嫌味や嫉妬を言う人がいなくなるはずです。

気にせず仕事に没頭しよう

こんなにつらいのに気にせず仕事に没頭なんて…と思ったかもしれません。

しかし、嫌味や嫉妬を言ってくる人はその行動によってあなたが落ち込んだり、悩んだりする姿を見て楽しんでいます。

そこで反応すればするほど、嫉妬や嫌味がひどくなってしまうなんてことも。

そんなときこそ敢えて今まで以上に仕事に没頭することで、周りも次第に嫌味を言うことに飽きてくるはず。

また、嫌味や嫉妬を言う人というのはそれだけあなたのことを観察していて、仕事の手が止まっているということにもなりますので、そういった人たちとさらに差をつけるチャンスだと捉えましょう。

周りの人に目を配ろう

周りの人と常日頃からコミュニケーションを取ることの大切さは先程述べたとおりですが、それと同時に周りの人の仕事ぶりに目を配ることも忘れないようにしましょう。

仕事ができる人というのは常に心の何処かに余裕を持っています。

私が憧れていた先輩も忙しいはずなのにそういった素振りを一切見せない人でした。

それどころか常に周りを気にかけ、ときに励まし、忙しいはずなのに手伝ってくれたことも。

仕事ができる人ほど周囲に優しく、また周囲を気にかけています。

常に忙しい状況は変わらないかもしれませんが、そのなかでも周りを気にかけ、できる先輩として的確なアドバイスを投げかけてあげることも大切です。

嫉妬を上手に受け流してあなたらしく輝こう

嫉妬から身を守る

いかがでしたか。

今回は仕事ができることに対する嫉妬をうまくやり過ごすコツを6つ、お伝えしました。

嫉妬されたり嫌味を言われたりする状況は決して心地のいい環境とはいえませんが、それだけあなたにどこかで憧れている人が多いという証拠でもあります。

あなたは決して悪くありませんので、自分を責めることなく、むしろいまよりもっと自分を成長させるチャンスだと思って乗り越えましょう。

あなたが今の職場でさらに活躍できるように応援しています!

ABOUT ME
らふ
らふ
一児の母。元金融OL、在職中は職場での人間関係に苦しみ、うつ病手前まで追い込まれたことも。退職後は副業ライターを経て、ブログを立ち上げる。ジョシルベでは自身の経験を元に仕事、転職関連の記事をメインで担当。たまに恋愛記事にも登場します。
あなたの「強み」見つけませんか?
Always be yourself
  • 今の仕事が自分に向いているのか不安
  • もっと活躍できる場所があるのでは?と思う
  • 今の職場でどうやったらもっと活躍できるの?
  • そもそも自分の魅力・強みがよくわからない

こんな悩みを抱えて、日々仕事に向かってはいませんか。

そこで、私がおすすめしたい

自分の強みを発見し、あなたらしく輝ける仕事の見つけ方

をご紹介します*。

あなたらしく輝く場を見つける