お悩み相談室はじめました

職場に顔を出すことなく仕事を辞めたい。電話で退職を申し出る方法と注意点とは

電話で退職交渉 円満退社

精神的に辛くて

会社を辞めたいけど、上司と顔すら合わせたくない…

などと、出社せずに退職ができないものかと考えている人もいますよね。

そもそも、電話で退職を伝えることは果たしてできるのでしょうか。

結論から言えば、一社会人としてマナー違反とはなるものの 退職自体は可能 です。

今回は、電話で退職の意を伝えることになった場合の注意点等についてまとめてみました。

スポンサーリンク

電話で退職の意を伝えるってあり?

電話で退職

法律上は電話で退職の意を伝えることは問題にはなりません。

しかし基本的に退職は直属の上司に口頭で伝えた上で、就業規則に従い退職の手続きを進めるのが一般的であり、マナーです。

少なくとも辞めるまでの間、会社にお世話になってきたことは事実。よほどの事情がない限り、きちんと対面で退職を伝えるようにしましょう。

電話で退職を済ませると最も近しい人に迷惑がかかる

電話で退職

実際、わたしが勤めていたときによく面倒を見ていた後輩が最後まで顔を出さず、電話で退職の手続きを進めたことがありました。

退職時、本来であれば引き継ぎを行ったり、自分のデスクやロッカーの片付けを行いますよね。

しかし電話で退職を済ませると、そういった身の回りのこともすべて相手に任せることに繋がります。

後輩が退職したときは一番歳が近かった私がパソコンの返却手続きはもちろんのこと、ロッカーや机の片付けもすべて行うことになりました。

もちろん、その間自分の仕事はストップしてしまいますので、必然的に残業時間が増えることに。

らふ
らふ

仕方ないと頭ではわかりつつ、正直迷惑した覚えがある;;

電話で退職を申し出ると周りの人にかなり多大な迷惑をかける、ということは肝に銘じておきましょう。

どうしても出社できない時は電話で事情を伝える

電話で退職を伝える

少し厳しいことを書いてしまいましたが、それでもやはりどうしても出社できないという事情を抱えている場合もあるでしょう。

  • 体調を崩し、外に出ることすらままならない
  • 身内の介護や看病で家を長い時間離れられない

などといった具合に。

特に精神的な不調で出社がままならない場合、無理して出社することで体調がさらに悪化してしまう恐れも。

また会社が典型的なブラック企業であり、出社して退職を伝えることで身に危険が及ぶようなリスクがある場合も電話で退職を伝えた方がよいかもしれません。

その場合はきちんと事情を説明した上で、誠意ある対応で退職を伝えるように心がけましょう。

電話で退職の意を伝えるときの注意点

やむを得ず、電話で退職の意を伝えることになった際の注意点は以下の4つ。

  • 電話をかける時間帯に注意する
  • (極力)前もって身の回りのことを済ませておく
  • 退職理由は曖昧にせず明確に伝える
  • 電話での報告になったことを謝罪する
らふ
らふ

ひとつずつ見ていこう!*。

電話をかける時間帯に注意する

当然のことながら、忙しい時間に敢えて電話をする必要はありませんよね。

あなたの働いていた職場であれば、あなた自身が多忙な時間帯がいつなのか一番よくわかっているはず。

タイミングを見極めた上で、電話をかけるようにしましょう。

誤って忙しい時間にかけてしまうと、トラブルの元にもなりかねません。

できれば事前に身の回りのことを済ませておく

退職後、なるべく迷惑がかからないように前もって身の回りのことを済ませておくようにしましょう。

らふ
らふ

あらかじめ引き継ぎの資料を作っておく、私物を持ち帰るなどできることをやっておくといいよ!

引き継ぎがうまくできないまま辞めてしまうと、退職した後もたびたび電話がかかってくるなんてことも。

少なくともあなたがどのような仕事をやっていて、進捗状況はどうであったのかなど、残された人がわかるようにしておくようにしましょう。

また、私物に関しても「捨ててください」と言葉で伝えるのは簡単ですが、実際言われた方はそう簡単に捨てることができないもの。

わたしも後輩が辞めたときに一番頭を抱えたのが、後輩が残していった私物の処理でした。

そのため、できるだけ事前に私物を整理しておくようにしましょう。

退職理由は曖昧にせず明確に伝える

やむを得ない事情で電話での退職手続きをとらざるを得ない場合、退職する旨をうやむやにせず明確に伝えるようにしましょう。

曖昧な言い方になってしまうと、相手に丸め込まれてしまったり、のちのちトラブルを引き起こしてしまうことにも繋がりかねません。

退職理由としては「一身上の都合」で構いませんが、それまでお世話になっていて理解のある上司であればきちんと理由を伝えてもよいでしょう。

また、念のため電話での会話を録音しておくことで万が一のときに身を守る盾となります。

電話で伝える結果となったことを謝罪する

先ほども少し触れましたが、突然退職を申し出ることで職場の人に多大な迷惑がかかることは避けられません。

ひょっとしたら、あなたが最後までお世話になった先輩に後片付けを任せる羽目になってしまう…なんてことも。

電話で退職を申し出ることになってしまった無礼を詫び、少しでも相手の理解を得ることができるように努めるようにしてくださいね。

会社から退職にかかる書類がもらえないときは

退職書類もらえない

電話で退職を伝えることは一般的に非常識なケースに該当することから、場合によっては会社が必要書類を送ってくれないことも珍しくありません。

その場合、もらえるまで会社に書類の発行を求める電話をかけつづけることになりますが、一向にもらえる気配がない場合は役所に問い合わせる必要があります。

書類の種類によって問い合わせる公的機関も変わってくるので、前もって調べた上で電話をかけるようにしましょう。

また、会社から発行してもらわなければならない書類として「退職証明書」がありますが、これは従業員から請求があれば会社は発行しなければならないと決められています。

らふ
らふ

発行を拒否したり、理由もなく遅れるようなことがあれば企業にペナルティが課されるので、その点は安心してくださいね。

電話での退職申し出は最終手段

今回は電話で退職を申し出ることの是非や注意点について、お伝えしました。

電話で退職を伝えることは、基本的に避けたほうがいいことに変わりはありません。

できる限りきちんと対面で話をした上で、就業規則に則って退職手続きを進めるようにしてください。

それでもどうしても対面で退職交渉をすることが難しい場合には、あなたの代わりに退職の手続きを行ってくれる「退職代行サービス」の利用も検討してみてくださいね。

【徹底比較】退職代行サービスをわかりやすくまとめてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました