仕事を辞めたいけど辞められないと悩んでしまう原因と対処法をまとめてみました

仕事の悩み

仕事が辛くて、気づけば辞めることばかり考えている…

そんなモヤモヤ気持ちを抱えて、通勤電車に揺られている人も決して少なくないですよね。

とはいえ、実際はそんなすぐに仕事を辞められなかったり、やめようか悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、仕事を辞めたいけど辞められないと悩んでいるあなたに向けて、記事を書いてみました。

スポンサーリンク

辞められないと悩んでしまう原因

知らないうちに抱え込んでいる

仕事を辞めたいのに辞められないと悩んでいる人ほど、知らず知らずのうちに自分自身を追い込んでいる傾向にあります。

らふ
例えばこんな風に考えてしまいがち
  • 自分が精神的に弱いからいけないんだ
  • なんでこんなことも耐えられないのか、情けなくて仕方ない
  • 周りの人は平気なのに、なぜ自分だけついていけないのか

しかし仕事が辛い・辞めたいと感じることの多くは、あなたが弱いからではなく、周囲の環境が悪いことが原因となっているケースがほとんど。

そのため仕事が辛いと感じたり、仕事に行きたくない・辞めたいと思う気持ちは決しておかしなことではありません。

不必要に自分を追い込んでいる

知らない間に一人で抱え込んでいることに加え、いちど自分が悪いと考え始めると、以後すべてのことに対しても自分が悪いのだと考えてしまいがちです。

そんなときは、一度ゆっくり深呼吸をして、果たして本当にあなたが悪いから仕事が辞められないと感じているのかを考えてみて下さい。

ひょっとしたら、問題と向き合うのが怖くて、現実から目を背けているかもしれません。

しかし、いつまでも目を背けて、あなた自身のせいにしていても何も解決しませんよね。

仕事を辞めたいと訴えている自分の気持ちにまずは素直に耳を傾けてみてはいかがでしょう。

不必要に自分を責め続けることで心が悲鳴をあげてしまい、心身を壊してしまっては元も子もありません。

辞められないと悩んだときの考え方

一度仕事を休めないか考えてみる

らふ
皆が休んでいないからと有給が消化できず、溜まってはいませんか。

有給というのは本来、休むためのものであるため、有給を取得するのに理由は必要ありません。

また、会社はよほどの事情がない限り、有給取得の申請に対してNOということができない決まりとなっています。

もしも上司に有給を取得する理由を聞かれたら、「私用のため」で構いません。

仕事が辛いと感じ、仕事を辞めたいと感じてしまうというのは、仕事漬けの毎日に疲れているという証拠。

ずっと一人で悩んでいても、精神的にもよくありませんし、ここは思い切って有給を取得し、羽を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

きっとあなたは責任感が強く、真面目なタイプだからこそ、いままで頑張ってきたのでしょう。

一度、一生懸命頑張ってきた自分を仕事漬けの毎日から開放してあげてください。

休憩無しでひたすら走り続けることが無理なように、仕事だってずっと休みなく続けていたら、いつか倒れてしまいます。

仕事を休むときに使える欠勤理由について、別の記事にまとめていますので、併せて読んでみてくださいね。

仕事をやめたところで人生終わるわけじゃない

仕事を辞めるというとなんだかそのまま人生ごと終わってしまうんじゃないか、なんて不安に苛まれたりしますよね。

実際、仕事をやめた後輩や友人は「なんだこんなものか、なんとかなるじゃん。」と思ったそう。

会社という組織の中に組み込まれてしまうと、どこか視野が狭くなってしまいがち。

でも、世の中にはまだまだたくさんの会社があり、仕事があります。

辞めると伝えたとき、少なくとも何人かに「最低でも3年は働け」とか「入社してすぐ辞めると評価が悪い」なんてことを言われるかもしれません。

しかし、冷静にあたりを見回してみてください。

あなたの周りで会社をやめた人は、みんながみんな後悔しているでしょうか?

きっと辞めた人の大半は、新しい職場でイキイキと働いていますよね。

あなたが会社をやめようと思った理由、新しい会社に入るときの志望動機、しかるべきところさえ軸をぶれずにもっていれば大丈夫。

もちろん転職した先でも辛いことや大変なことはあるでしょう、しかし今の職場で心身の危険を感じるほど追い込まれているのだとしたら、今の環境から逃げ出すことのが大切なのは言うまでもありません。

一番大切にすべきは、あなたの心と身体です。

会社を辞めるのは悪いことじゃない

会社を辞めたいというと、まるでそれがとても悪いことであるかのように文句を言ってくる人がいますよね。

しかし、無理して居続けるほど、今の会社はあなたにとって価値ある会社なのでしょうか。

日本は諸外国に比べ、我慢を美徳とする国であることが裏目に出て、辞めることを逃げだと捉える人が一定数存在します。

ですが、もしあなたが仕事で心身を壊したとき、その人達は何かをしてくれるでしょうか。

・・・何もしてくれませんよね。

文句を言ってくる人たちには、好きに文句を言わせておきましょう。

あなたの身はあなた自身でしか守れませんし、文句を言ってくる人が何をしてくれるわけでもありません。

会社をやめて、あなたらしく働ける場所を新たに見つけるわけですから、それは逃げではなく挑戦だと捉えましょう。

なお、仕事を辞める前にしてほしいことを以下の記事にまとめてありますので、よければご覧くださいね▼

辞められないと考えてしまうのは真面目な証拠

辞められない
周りの人もがんばっているのに、自分だけがこんなに辛くてやめたいと思うなんて情けない・弱すぎるなどと考えて、自分を追い込んではいませんか。

そんなあなたは人よりも責任感が強くて、なんでもかんでもひとりでなんとかしようと抱え込んでしまうタイプなのでしょう。

あなたが弱いから辛いのではなく、人一倍頑張った結果キャパオーバーしてしまっているのかもしれません。

それに、仕事に対する気持ちには外的要因が大きく関わってきます。

具体的に例を挙げるならば、職場の人間関係であったり、社風、上司との相性、任されている仕事の向き不向きなど。

そのため、あなたが辞めたいと思っている仕事を羨ましいと感じる人もいれば、あなたが本当はやりたかった仕事をしている人がその仕事に不満を持っていたなんてことも珍しいことではありません。

「周りはしっかりしているのになんで自分はだめなんだろう」と考えるのではなく、自分自身の気持ちをしっかりと受け止めてあげましょう。

辛い時は無理して笑わなくて良いんです、ごまかさなくていいんです、辛い・辞めたいって素直に口に出してみませんか。

それだけでも少し心が軽くなるはずです。

辛い中がんばっている自分自身を認めてあげよう

仕事辞めたい
自分のことを悲観したり、マイナス評価をつけることばかりに目がいってしまい、頑張っている自分が置き去りになってはいませんか。

「毎日つらいけど頑張ってるね」「今日もしっかり仕事にいって偉かったね」などと自分で自分のことを認め、褒めてあげましょう

仕事が辛い、やめたいと思いながらも通勤電車に揺られて今日も仕事へ向かっているあなたを、いったい誰が弱いなんて言うでしょうか。

あなたは十分すぎるほど頑張っています。

だからこそ、自分自身を認め、これ以上あなた自身を責めないでくださいね。

まとめ

お給料をもらって仕事をしている分、ある程度辛いことがあるのは皆誰しも同じですよね。

とはいえ、仕事が辛い、仕事を辞めたいと考えてしまうときがあることは決しておかしいことではありません。

大切なのは、そういった気持ちを抱いてしまった時、どのようにしてあなた自身と向き合うかということ。

もちろん、「何が何でもその会社にしがみつくべき!」と私は思いません。

どちらかといえば、やるだけのことをやってみて、それでもダメなら転職すべきだと考えています。

オススメの転職サイトについては以下の記事にまとめてありますので、参考にしてくださいね▼

【20代女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイトを厳選してお伝えします

【女性向け】私が実際に利用した、おすすめの転職エージェントと転職サイトをまとめてみました*。
女性向けの転職エージェントおよび転職サイトを探しているものの、今ひとつどこがいいのかわからないあなたへ。当記事では、実際に私が利用した中から【おすすめの女性向け転職サービス】を厳選してみました。ここでおすすめしたものだけ登録しておけば、ひとまず十分!と言い切れる内容になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事が少しでもあなたに何か響くものを伝えられていたら、幸いです。

タイトルとURLをコピーしました