仕事を辞めたい

仕事を辞めたい|相談相手を見つける前に注意したいこととは?

仕事を辞めたい相談相手

おすすめ転職サイト
【管理人厳選6社*悩んだらここ!】
【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社
【第二新卒に該当するあなたはこちら】
【第二新卒】おすすめの転職エージェントと転職サイト7選

仕事を辞めようと決意することは、人生の一大決心といっても過言ではないですよね。

そしてほとんどの場合、仕事を辞める前に気の置けない人に相談するのではないでしょうか。

しかし、「仕事を辞めたい」と思った時に、相談相手を間違えてしまうと大変なことになります。

人の不幸は蜜の味、なんて言葉があるように、あなたの退職情報が社内に筒抜けなんてことも。

そこで今回は、「仕事を辞めたい」と相談する相手を見つける前に気をつけてほしいことを中心に、お伝えしていきます。

相談相手を見つける前に考えてほしいこと

仕事を辞めたい

仕事をやめたいと感じる理由は明確か

人に相談する上で、相談内容がいまいちはっきりしていなければ、相手だってアドバイスがしにくいですよね。

そこで、仕事を辞めたいと思うに至った理由をはっきりさせておく必要があります。

一時的な仕事の辛さというのは現実逃避をしてなんとかなることもありますが、常に仕事が辞めたくて仕方ないといった場合はその原因を考えてみましょう。

仕事を辞めたい原因は、残業が辛い職場でのいじめが辛い立ち仕事が辛い、などと人によって異なります。

そのため、原因を明確にすることで相手も適切なアドバイスができるだけでなく、あなた自身の考えもまとまってくるでしょう。

悩みではなくただの愚痴になってはいないか

厳しいことを言いますが、あなたの相談を受ける相手は決して暇人ではありません。

たとえ誰に相談したとしても、内容が内容なだけに手を止めて真剣に聞いてくれる人が多いはず。

そんなとき、悩みを相談したいという名目で話し始めたのに、いつの間にか仕事の愚痴話で終わっていたらどうでしょう。

いったいこの人はなにを相談したかったの?と思われても、仕方ありませんよね。

もちろん、愚痴を吐くことは決して悪いことではありません。

ただ、せっかく相談を聞いてもらえる貴重な機会を愚痴話だけで終えてしまってはもったいないということ。

相談する前に、何を一番相手に聞いてほしいのかいま一度整理しておきましょう。

辞めたあとの具体的な行動を考えているか

仕事を辞めたいと相談する以上、その先のプランについてもきちんと相手に話すようにしましょう。

ただ「仕事を辞めたい」とだけ相談されても、そのあとどうしたいの?と思われてしまいかねません。

転職も考えているという場合は、女性向けの転職サービスを調べておくなど、ある程度準備をした上で相談すると相手もアドバイスしやすくなります。

相談相手としておすすめしたい人

仕事を辞めたい

まったく違う会社に勤めている友人

仕事を辞めるか悩んでいるといった相談を、同じ会社の同期や先輩にするといった意見もよく見かけますが、個人的にはおすすめしません。

仕事の悩みを相談するのであれば同期や先輩でいいのですが、仕事を辞めたいといった相談は避けるべきでしょう。

いつその情報が社内に漏れてしまうかわかりませんし、万が一漏れてしまったときのことを考えると、非常にリスクが高いといえます。

そのため、仕事を辞めるかどうかといった相談は、社内に相談内容が漏れてしまうリスクが極力無い相手を選ぶことが大切。

違う会社に勤めている友人であればそういった心配はありませんし、あなたの性格をよく知っていることから、適切なアドバイスがもらえることもあるでしょう。

私も仕事をやめようか悩んだときは社外の友人に相談したのですが、他の業界での話も聞け、決断をする上でとてもタメになりました。

あなたより前に会社を辞めた同期や先輩

あなたが退職するよりも前に、仕事をやめたいと考え、既に退職している同期や先輩に相談するというのも一つの手。

既に辞めていることから、社内に情報が漏れてしまうリスクはかなり低いといえます。

また、実際に退職を経験していることから、今後あなたが退職する手順を踏む上で、非常に参考になるアドバイスがもらえることも。

やめてから間もない同期や先輩は忙しいので避け、仕事をやめてからいくらか時間が経っている相手を選ぶようにしましょう。

両親に相談する

いい歳して親に相談なんて…と思う方もいるかもしれませんが、親だってあなたと同じ社会人を経験しています。

きっと、仕事をやめたいと感じたことも一度や二度ではないでしょう。

そして、親はいつだってあなたの味方です。

ときには厳しい意見が飛んで来ることもあるかもしれませんが、それはあなたを思ってが故のこと。

家族であることからあなたも気を使わずに本音で話すことができますし、親だって真剣に助言してくれるはず。

実際、わたしは仕事をやめたいと感じた時、何度か母に相談しました。

もちろん少しきついことも言われましたが、結果として客観的に自分を見つめ直すことができたので、相談してよかったと感じています。

転職エージェントに相談する

仕事をやめたいと考えているのなら、なんだかんだいってもプロに相談するのが一番です。

なかでも、ハローワークなどの相談窓口や転職エージェントに相談するのがおすすめ。

仕事を辞めたいという相談のみならず、仕事を辞めたあとの転職先についても具体的に相談することができますので、目的を見定めた上で動きが取りやすいといえます。

相談相手としてオススメしない人

仕事を辞めたい

職場の上司

職場の上司に仕事を辞めたいと相談することは、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

会社にもよりますが、上司は直属の部下が辞めると「上司としてのフォローが悪いから部下が辞めた」という評価を、つけられてしまうことがあります。

そのため、上司に仕事をやめようか悩んでいる旨を相談することによって、しつこく引き止められたりと話が面倒くさくなってしまうことも。

よほどの場合でない限り、職場の上司を相談相手として選ぶことは避けましょう。

掲示板など不特定多数を相手にする場所

匿名性の高いところで呟くことですっきりする気持ちはわかりますが、人生を大きく左右するような悩みを相談する場所としては、おすすめしません。

残念ながら、不特定多数の人がいて、お互いに顔も名前も知らない空間というのは、一定数悪いことを考えている人が紛れていてもわからないということ。

仕事を辞めたいと悩み、嘆くあなたに対してうまい話でビジネスに勧誘してきたり、怪しいセミナーに招待されたなんてことも。

ただでさえ仕事を辞めたくてストレスを抱えているのに、ネット上で不必要にストレスを抱える必要はありませんよね。

そのため、不特定多数を相手にする場所では深刻な相談事をもちかけないように心がけましょう。

仕事を辞めたい気持ちを抱え込まないで

仕事を辞めたい

仕事を辞めたいと思ったときの注意点について色々書いてきましたが、仕事を辞めたいという気持ちを決して一人で抱え込まないで下さい。

ひとりで抱え込んでしまうことで、必要以上に自分自身を追い詰めてしまったり、場合によっては心と身体に支障が出てしまうなんてことも。

仕事を辞めたいと思う時点で、あなたは現在の職場でなんらかに苦しんでいるのは事実です。

とはいえ、仕事を辞めてからの転職活動はなかなか厳しいものがありますので、辛いと感じた時点であらかじめ転職サイトに登録だけ済ませておくのもよいかもしれません。

また、仕事があまりにつらいと電話で退職を済ませたくなることもあるかもしれませんが、電話で退職を伝えることは避けましょう。

あなたにとって、最適な相談相手が見つかるように祈っています。

▼私が実際に利用した女性向け転職サービスはこちら▼

女性向け転職サービス
【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社転職サービスはたくさんあるけれど、女性向けのものが知りたいという方も多いですよね。そこで今回は私が実際利用した中から、女性向けの転職サイト・エージェントを実体験も交えつつ、厳選してお伝えします!...
ABOUT ME
らふ
らふ
一児の母。元金融OL、在職中は職場での人間関係に苦しみ、うつ病手前まで追い込まれたことも。退職後は副業ライターを経て、ブログを立ち上げる。ジョシルベでは自身の経験を元に仕事、転職関連の記事をメインで担当。たまに恋愛記事にも登場します。
あなたの「強み」見つけませんか?
Always be yourself
  • 今の仕事が自分に向いているのか不安
  • もっと活躍できる場所があるのでは?と思う
  • 今の職場でどうやったらもっと活躍できるの?
  • そもそも自分の魅力・強みがよくわからない

こんな悩みを抱えて、日々仕事に向かってはいませんか。

そこで、私がおすすめしたい

自分の強みを発見し、あなたらしく輝ける仕事の見つけ方

をご紹介します*。

あなたらしく輝く場を見つける