人間関係

職場いじめの証拠を残すためには録音が一番!私が実践した方法も併せて紹介しちゃいます

職場いじめ
おすすめ転職サイト

【管理人厳選6社*悩んだらここ!】

【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社

【第二新卒に該当するあなたはこちら】

【第二新卒】おすすめの転職エージェントと転職サイト7選

職場でのいじめで、悩んでいる人は多いですよね。

いい年して相手をいじめて、嫌がる姿を見て楽しむなんて、なんて趣味が悪いんでしょう。

最近ではパワハラやセクハラと並び、社会問題としても取り上げられることも。

とはいえ、職場のいじめを訴えても、話だけでは信じてもらえなかったり、まともに取り合ってもらえないことがほとんどでしょう。

そんなとき、確固たる証拠として有効なのが、音声を録音してしまうこと。

とはいえ、いざ録音しようと思うと

  • 相手の許可のない録音行為は訴えられたりしないのか
  • 録音する際に気をつけるポイントはあるのか
  • 録音した音声はどうやって利用したら良いのか

など、疑問がたくさん浮かぶ方も多いですよね。

そこで今回は、職場でのいじめを録音する際のコツと注意点についてお伝えします。

なお、職場のいじめが辛すぎて仕事に行きたくない・今すぐ辞めたいといったあなたは、会社に顔を出さずに仕事を辞められる、退職代行サービスもあるので、良ければ参考にしてくださいね。

【徹底比較】退職代行サービスをわかりやすくまとめてみた

退職代行サービス
【徹底比較】退職代行サービスをわかりやすくまとめてみた退職代行サービスってご存知ですか?なんと、会社が辞められなくて困っているあなたの代わりに、「退職を代行」してくれちゃうサービスなんです!今回は、退職代行サービスとは何なのかについて、まとめてみました。...

いじめの音声を録音したら訴えられるの?

いじめ録音
結論から言えば、職場いじめの証拠として音声を録音することは違法になりません。

しかし、違法とならないためにいくつか条件があります。

まず一つ目は、自分自身で録音しなければならないということ。

いじめられているあなた自身が音声を録音することは問題ありませんが、第三者に依頼して録音してもらうと、場合によっては盗聴扱いになる危険があります。

そのため、よほどの事情がない限り、職場のいじめを音声録音する際はあなたが自ら録音するようにしましょう。

二つ目は、あくまで証拠として適切に利用すること。

どういうことかというと、録音した音声をSNSや掲示板など、不特定多数が目にする場所へ拡散することは違法となります。

職場いじめの証拠集めとして音声を録音する行為と、録音した音声を流出させることは全くの別問題。

とにかくこのひどい状況を知ってほしい!という思いから、ネットにあげたくなってしまう気持ちはわからなくもありません。

しかし、たった一度の過ちであなたが責められてしまうことも。

せっかく苦労して録音したのに、そんなことになってしまっては悔やんでも悔やみきれませんよね。

いじめの録音は自分自身で行う
いじめ音声の利用目的を誤らない

いじめを録音する際のコツ

いじめ録音
職場でのいじめ対処法でも述べましたが、相手にやられたことを記録しておくことは大切です。

職場でのいじめを録音するのと併せて、「いつ・どこで・誰が・何を」といったこともきちんとメモしておくようにして下さい。

日付や時間、場所はもちろんのこと、もしそのときあなたといじめの当事者以外に誰かがいたのなら、その人の名前もメモしておくと良いでしょう。

細かく記載することによって、いじめの証拠としての信憑性が増します。

録音にはペン型レコーダーがおすすめ

スマホやICレコーダーでは、どうしても操作の際に音がしてしまったり、機器自体が大きいことから、相手にバレてしまいます。

そのため、ペン型ボイスレコーダー腕時計型ボイスレコーダーがおすすめ。

相手に気づかれることなく、電源を入れて録音をスタートすることができるため、至ってバレにくいといえます。

その代わり、手元を見ながら操作してしまうとバレてしまいますので、スムーズに操作できるよう前もって練習しておくと良いでしょう。

他にも色んな種類のボイスレコーダーが販売されていますので、あなたのニーズに合ったボイスレコーダーを選んで下さいね。

明確にいじめだとわかる音声を録音しよう

録音する際は、第三者が聞いた時にあなたのことを言っていることがわかる音声を取るようにしましょう。

録音に成功したのはいいものの、話の内容からあなたであると断定できなかったり、音声が不十分であると、職場いじめの証拠としては不十分なものになってしまいます。

そのため、何度か録音を重ねるのはもちろんのこと、なるべくあなたであるとわかる音声を取るようにして下さい。

私のいじめ録音・記録経験談

いじめ録音
さて、参考までに私が実際にいじめに合い、証拠を集めるために行ったことと、感じたことをお伝えします。

学生時代のいじめに対する話なのですが、少しでも参考になれば幸いです。

いじめの記録・録音について

私は目の前で悪口を言われたり、嫌がらせなどの仕打ちを受け、学生時代に自律神経失調症になったことがあります。

そのとき、ネットの掲示板にも散々悪口を書かれたのですが、私はそれらをすべて印刷し、その日私が着ていた服装なども明記していました。

外見に関する誹謗中傷が含まれている場合、自分の身なりを記録しておくのも有効です。

また、録音に関しては当時校則で携帯が禁止されていたため、小型のICレコーダーを使用。

なるべく音声が鮮明に録音できるよう、バレない範囲で相手に近づき、何日かに渡って証拠を集めました。

味方になってくれる友人を見つける

あなたがいじめられていることを、証明してくれる友人を一人でも良いので見つけておきましょう。

ひとりでは信憑性が薄いことも、友人が明確に証言してくれることで、証拠能力が随分高くなります。

職場でのいじめの場合、見る人が見ればあなたがいじめられていることは明確でしょうから、相談することで力になってくれる人がいるはず。

一人で悩まず、まずは身近な同僚や先輩に相談してみてはいかがでしょうか。

精神的に負担がかかることは覚悟しておこう

先に述べておきますが、いじめを録音・記録することは、思っている以上に精神的な負荷がかかります。

できれば聞きたくない、目を背けていたい、そんないじめの現状を真正面から一定期間受け止める覚悟が必要です。

私自身、ネット上の掲示板に次々と流れていく自分の悪口を目にし、耳をふさぎたくなるような悪口を録音する中で、最後の方はずいぶん精神をやられました。

そのため、軽い気持ちで録音をはじめ、ただでさえ傷ついているあなたが更に傷ついてしまうことだけは避けてください。

途中で辛くなったら録音をやめて転職を検討するのも一つの勇気ですし、なんなら適当な言い訳をして会社を思い切って休んだっていいんです。

限界まで戦う必要はどこにもない

いかがでしたでしょうか。

今回は職場でのいじめを録音する際のコツと注意点について、私の実体験も交えながらお伝えしてきました。

先ほども述べたように、あなた自身がボロボロになってまでいじめと戦う必要はありません。

いじめと戦うために会社に通っているわけではありませんよね。

そこまでして働き続けたい会社であり、職場なのかどうか、これを機に考えてみてはいかがでしょう。

すぐに転職活動を始めるのはなかなか難しいといったこともあるかもしれません。

そんなとき、転職サイトに登録だけ済ませておくと気持ちにだいぶ余裕ができます。

もしどこに登録したら良いかわからない場合は、リクナビNEXTがおすすめ。

なお、いじめについてもっと知りたい方は、以下のまとめ記事からどうぞ*。

職場いじめ完全対策マップ【9記事で解説】

職場いじめ完全対策ガイド【9記事で解説】おすすめ転職サイト 【管理人厳選6社*悩んだらここ!】 →【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社 【...
ABOUT ME
らふ
らふ
一児の母。元金融OL、在職中は職場での人間関係に苦しみ、うつ病手前まで追い込まれたことも。退職後は副業ライターを経て、ブログを立ち上げる。ジョシルベでは自身の経験を元に仕事、転職関連の記事をメインで担当。たまに恋愛記事にも登場します。
あなたの「強み」見つけませんか?
Always be yourself
  • 今の仕事が自分に向いているのか不安
  • もっと活躍できる場所があるのでは?と思う
  • 今の職場でどうやったらもっと活躍できるの?
  • そもそも自分の魅力・強みがよくわからない

こんな悩みを抱えて、日々仕事に向かってはいませんか。

そこで、私がおすすめしたい

自分の強みを発見し、あなたらしく輝ける仕事の見つけ方

をご紹介します*。

あなたらしく輝く場を見つける