一度も出社せずに会社を辞められる「退職代行」ってなに?!
人間関係

職場でいじめられた場合の相談先とは?相談機関等まとめ

職場いじめ
おすすめ転職サイト

【管理人厳選6社*悩んだらここ!】

【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社

【第二新卒に該当するあなたはこちら】

【第二新卒】おすすめの転職エージェントと転職サイト7選

職場でいじめられているものの、一人で抱え込んでしまっている人は少なくないですよね。

いじめは、あなた一人で解決できる問題ではないことがほとんどです。

一人で抱え込んでしまうと、場合によっては心身を崩してしまうなんてことも。

もし、いじめやパワハラといった被害にあっている場合、速やかに然るべきところへ相談することが大切です。

とはいえ、社内ではなかなか相談しにくいし、一体どうしたら…と思っている方もいますよね。

そこで今回は職場でいじめにあったとき、どこへ相談したらよいのかまとめてみました。

いじめられたときの相談先について

職場でいじめられたとき、あなたひとりで抱え込んでしまうことは避けましょう。
いじめられた場合の対応として、しかるべき人・機関に相談することが有効です。

その際、あなたが職場でいじめられているということを確実にわかってもらうためにも、いじめの証拠を集めておくと良いでしょう。

私は、いじめの音声を録音したり、いじめの内容をメモしておくことで、話に信憑性をもたせました。

具体的にはこちらの記事に書いてありますので、記録方法を確認したい場合は参照してくださいね▼

まずは上司に相談する

いじめられた場合、まずは直属の上司へ相談しましょう。

とはいえ、残念ながら多くの上司は女性同士の面倒事に巻き込まれたくないことから、あまり真剣に話を聞いてくれないことがほとんどです。

私も何度か相談しましたが、

「気にしすぎだ」
「そもそもいじめられる方にも問題があるんじゃないか」
「仲良くする努力が足りない」

などと、心無い言葉をかけてくる上司がいたのも事実。

上司に相談する場合こそ、なんらかの証拠を揃えておくことをオススメします。

あまりに取り合ってくれない場合、もっと上の立場の人へ話を通してみたり、別の課の上司に相談することも検討しましょう。
ひとりでも、あなたの話に耳を傾けてくれる人を見つけることが大切です。

社内の相談機関を利用する

会社によっては、いじめられたり、理不尽な扱いを受けて困っている社員のために相談窓口を設けているケースがあります。

私も社内の相談窓口を利用したことがありますが、自分が望まない限り、相談内容が職場へ漏れることは一切ありません。

また、場合によっては専門のカウンセラーと面談する場を設けてくれたり、自席から電話がしづらい場合はメール等でも相談に応じてくれます。

各都道府県の労働局へ相談する

上司も職場でのいじめについて相談に乗ってくれず、社内の相談機関も設けられていないといったこともあるでしょう。

そんなときは、各都道府県に設けられている総合労働相談コーナーへ相談してみるのも一つの手です。

総合労働相談コーナーではいじめのみならず、パワハラや不当な解雇、減給等、幅広い相談が可能。

また、相談にあたっては面談だけでなく、電話も可能ですので利用しやすいでしょう。

専門の相談員が話に応じてくれるのはもちろん、個人のプライバシーは厳守されますので安心して利用できます。
予約不要で無料であることから、とりあえず電話だけでもかけてみてはいかがでしょうか。

総合労働相談コーナー公式HP

いじめられたとき避けた方が良い相談相手

おなじ職場の同僚

職場でいじめにあったとき、真っ先に相談相手として思い浮かぶのが職場の同僚かもしれません。

しかし、職場の同僚にいじめの相談をすることはやめておいたほうが良いでしょう。

残念ながら、いつ人は態度を変えるかわかりません。

まして、職場の同僚であればなにかをきっかけに、あなたの相談内容を漏らす恐れも。

また、職場の同僚に話す場合、どうしても内容が相談というよりは、いじめに対する愚痴になってしまいがち。

話してスッキリするかもしれませんが、本来の目的であるいじめの解決には至らないことがほとんどでしょう。

愚痴をいつどこで聞かれているかもわからないため、基本的に職場の同僚に対しては相談しないほうがベターです。

職場の先輩

こちらも同僚と同じく、避けたほうが無難です。

職場の同僚よりはまだ頼りになるかもしれませんが、同僚と同じくいじめを解決に導いてくれる可能性は低いでしょう。

また、実際にあった話として、あまりいじめを深刻なものと受け止めてもらえず、飲みの席でついポロッと先輩が相談内容を軽いノリで全て喋ってしまったなんてことも。

仕事の悩みを相談する分には構いませんが、職場での人間関係については深く相談しないほうがよいかもしれません。

いじめを相談する前にしておくこと

いじめというのはなかなか厄介なもので、明確な判断基準が存在しません。

そのため、相談する上で事前にきちんと確認しておかなければならないことがあります。

いじめが該当する行為を把握する

あなたが今現在、職場で受けているいじめが一体何に該当するのか、改めて確認しておきましょう。

一言で「職場いじめ」といっても、多岐にわたります。

今回は主なものを抜粋してみました。

  • 不当な解雇・減給等
  • 身体への攻撃や嫌がらせ
  • 精神的な攻撃や嫌がらせ
  • プライベートへの過度な干渉
  • 金銭面での嫌がらせ
  • 過大な仕事・業務の押しつけ
  • 理不尽な転勤や人事異動
  • 不当解雇・減給

相談する上で、自分が一体どんないじめにあっているのか明確にする必要があります。

今一度、確認してみてくださいね。

いじめの証拠を残す

職場でいじめられているという事実をわかってもらう上で、証拠を提示することは必須です。

あなたが常日頃から受けているいじめについて、メモをとったり、可能ならば音声や動画として残しておくようにしましょう。

私や友人が実際にとった対策として以下のようなものがあります。

  • いつ・どこで・誰に悪口を言われたのかメモを残す
  • ボイスレコーダーで録音する
  • 嫌がらせが書かれているメールをプリントアウト
  • LINEのスクリーンショットを残す
  • 心身を病んでいる旨の診断書を病院でもらう

いじめを録音する方法については、別の記事に詳しく書いてありますので、参考にしてみて下さい▼

職場のいじめ対策|録音して証拠を残せ!

職場いじめ
職場のいじめ対策|録音して証拠を残せ!職場のいじめに苦しんでいるのに、なぜか理解してもらえなくて悩んでいる方も多いですよね。そこで今回は、いじめの証拠として音声を録音する際の注意点やコツについて、私の実体験も交えながらお伝えします。...

職場いじめを一人で抱え込まないで

今回は職場でいじめられたときの相談先について、まとめてみました。

実体験からも感じますが、職場のいじめは自分ひとりでなんとかできることではありません。

また、我慢していても基本的に収まることは少ないでしょう。

いじめられた場合、速やかに自分のおかれている状況を把握した上で、適切な行動を取ることが大切です。

私はいじめの証拠を集めるとともに、万が一のときのために転職サイトへの登録も済ませ、いつなにがあってもいいようにしておきました。

いじめによって心身を崩してしまうと、場合によっては取り返しの付かないことにもなりかねません。

あなた自身が壊れてしまう前に、早めに対処するようにしましょう。

また、いじめが辛くてもう出社したくないというあなたは、一度も会社に顔をだすことなく辞められる退職代行サービスもあるので、目を通してみて下さい▼

【徹底比較】退職代行サービスをわかりやすくまとめてみた

退職代行サービス
【徹底比較】退職代行サービスをわかりやすくまとめてみた退職代行サービスってご存知ですか?なんと、会社が辞められなくて困っているあなたの代わりに、「退職を代行」してくれちゃうサービスなんです!今回は、退職代行サービスとは何なのかについて、まとめてみました。...
ABOUT ME
らふ
らふ
20代後半、元信託銀行員で現在は1児の母。在職中に職場で感じたこと、経験したことをメインに「女性らしい生き方ってなんだろう」、と模索しながらブログを書いています。 プロフィールページへ
あなたの「強み」見つけませんか?
Always be yourself
  • 今の仕事が自分に向いているのか不安
  • もっと活躍できる場所があるのでは?と思う
  • 今の職場でどうやったらもっと活躍できるの?
  • そもそも自分の魅力・強みがよくわからない

こんな悩みを抱えて、日々仕事に向かってはいませんか。

そこで、私がおすすめしたい

自分の強みを発見し、あなたらしく輝ける仕事の見つけ方

をご紹介します*。

あなたらしく輝く場を見つける