退職届と退職願の違いとは?書き方のコツ、封筒の選び方も併せてお伝えします

退職届と退職願の違い 円満退社

こんにちは、らふ(@Jyoshirube_rafu)です*。

仕事をやめようと決意したものの、退職届と退職願のどちらを提出すべきなのか迷ってはいませんか。

中には

退職届も退職願も同じじゃないの?

と思っている人もいるかもしれません。

ですが、退職届と退職願はまったく別のもので、それぞれ書き方も異なります。

そこで今回は退職届と退職願の違いや、書き方のコツはもちろんのこと、封筒の選び方についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

退職届と退職願の違いとは

退職届と退職願ですが、簡単に説明すると以下のような違いがあります。

  • 退職届:会社に合意を得て、「退職します」といった意思を書面で伝えるもの
  • 退職願:「退職させてほしい」といったお願いを会社に提出するもの

ここで気を付けてほしいこととして、円満退社をするためにもある程度余裕を持ってまずは退職願を会社に提出し、退職に関して合意を得た上で退職届を提出するようにしましょう。

退職をいつまでに願い出るかは会社によって規定が異なるため一概に言えませんが、業務の引き継ぎ等を考えると遅くとも退職予定日の一ヶ月前までには、上司にきちんと退職する旨を伝えておくのが理想的。

退職願はあくまで退職する意思を会社に伝えるものなので、口頭でも大丈夫だよ!

また、退職届についても提出が義務付けられているものではないことから、法的には口頭のみで構いません。

しかし、のちのち揉め事やトラブルを避けるためにも退職届に関してはきちんと書面で残しておくことを強く勧めます。

退職に係る提出書類や方法については、会社ごとに手順が定められているケースがほとんどですので、前もってきちんと会社のルールを確認しておきましょう。

退職願の撤回はNG

退職願ってあくまで申し出ベースだから、撤回することって可能だよね?

と考える人も中にはいるかもしれません。

結論から言えば、撤回が禁止されているわけではないものの、基本的に退職願の撤回はマナー違反となります。

 

上司や周りの人からしたっていい気分になりませんし、撤回したあとその職場に居づらくなってしまうケースがほとんどだよ;

また、退職しようかどうか今ひとつ決めきれない、退職願を手元に持ったまま迷ってしまっているという場合は、会社をやめて後悔することのないように今一度しっかり考えてみましょう。

退職届と退職願の書き方について(例文つき)

退職届、退職願のいずれも手書きで記入し、提出するのが一般的です。

ここでは退職届と退職願の基本的な記入例について、まとめてみました。

記入前に準備するもの

  • 黒ボールペンor万年筆
  • 白用紙(A4またはB5サイズ)
  • 封筒(白無地・長形3号または長形4号)

用紙に関しては「白紙便箋」「白色罫線入り」など、シンプルなものを使うようにしましょう。

また、封筒に関しても「白封筒」や「中身の透けない二重封筒」といった形態がおすすめです。

退職届・退職願の記入例

退職届、退職願はいずれもA4かA5の白用紙に手書きで記入します。

また、文字を真っ直ぐきれいに書けるか不安なあなたは、罫線入りの用紙でも問題ありません。

退職願・退職届例文(縦書き)

退職願

退職届

  1. 書き出し:本文一行目の下部に、「私事」もしくは「私儀」(わたくしぎ)と記入
  2. 退職理由:自己都合退職の場合は「一身上の都合で」と記入しましょう
  3. 退職日:退職願の場合は退職希望日、退職届は上司と合意した日を記載する。なお、年の表記は西暦でも和暦でも可
  4. 文末表現:退職願の場合は「お願い申し上げます」などと、願い出る旨を書く。退職届の場合は上司との合意が得られたあとで記入する事から、「退職いたします」と事実を記入するようにしましょう
  5. 届出年月日:退職願・退職届ともに提出する日付を記入
  6. 所属と氏名:宛名より下の位置に記入する。所属は正式な部署名、名前はフルネームで書いたのち、末尾に捺印する
  7. 宛名:最高執行責任者の役職と名前を記入する。敬称は「様」か「殿」を用いるのが一般的。自分の名前より上に書くようにする。

退職届・退職願を入れる封筒について

退職届・退職願を書き終わったら、三つ折りにして封筒に入れましょう。

この際、使用した用紙がA4サイズであれば長形3号の封筒を、B5サイズの用紙を使用した場合は長形4号の封筒を用意してくださいね*。

また、封筒の表面には「退職届」または「退職願」と記入し、裏面には「部署名と名前」を記入してください。

退職届・退職願いずれも手渡すものであることから、郵便番号記載欄がある封筒は避けたほうが無難。無地の封筒を選ぶようにしましょう。

書類の封入の仕方について

封入の仕方についても、三つ折りにする手順が決まっていますので気を付けましょう。

なお、手順については以下に詳しく記載されていますので、参考にして下さいね。

また、手渡しであれば必ずしも封をする必要はありません。

もし封筒自体にのりがついている場合は、封をしたほうが見栄えがいいこともあり、のりシールで封をした後に「〆」を記載するのを忘れないようにしましょう。

退職届・退職願のよくある疑問あれこれ

退職届および退職願の違い、書き方のコツについて理解したところで、よくあるQ&Aをまとめてみました。

みんな悩みやすいところなので、併せてチェックしていこう!

退職願と退職届って両方出さなきゃだめ?

先述したように、退職願については申し出ベースでも構いません。

ですが、会社によってそれぞれのやり方が決まっている場合もあるので、事前にきちんと確認しておくことが大切です。

私が辞めたときは、口頭で退職したい旨を伝え(退職願に該当)、会社所定の退職届を提出しました。

確認を怠ったことによりトラブルが起きても大変ですので、しっかり調べておいてくださいね。

退職願・退職届はいつ出す?

こちらについても、基本的には会社ごとに社内規定などで決まっていることがほとんどです。

法律上は退職の2周間前に退職の意志を示せば退職可能となっていますが、2周間前に伝えられた方からしたらなかなか迷惑な話であることは言うまでもありません。

引き継ぎはもちろんのこと、あなた自身も十分な準備ができないまま退職日になってしまう恐れも。

少なからずお世話になった会社であることからも、なるべく早く退職する旨を伝えるようにしましょう。

できれば退職予定日の1ヶ月前に伝えることができるとベストだよ!

退職届を受理してもらえないんだけど…

強い引き止めに合っている、あるいは脅迫まがいなことを言われて退職を認めてもらえないなんてこともあるかもしれません。

まず、引き止めに合っている場合ですが、決して退職を躊躇している様子を見せてはいけません。

毅然とした態度で、退職の意志は固いといった姿勢を崩さないようにすることがまずは大切です。

なお、こちらの記事で引き止めに合った場合の対処法を詳しく書いていますので、良ければ参考にしてくださいね▼

また、あなた一人の力ではどう頑張っても会社を辞められそうにないときは、退職代行サービスの利用を検討するのも一つの手。

我慢し続けて嫌がらせを受けたり、心身に支障をきたすなんてことになる前に行動を起こすようにして下さい。

まとめ

今回は退職届と退職願の違いや、作成手順についてお伝えしました。

退職届や退職願については、間違った方法で提出してしまうと厄介なトラブルや揉め事にも繋がりかねません。

そのため、きちんと社内規則を確認した上で、退職までに十分な期間を設けた上で提出するように心がけましょう。

円満退社をする上で、この記事が参考になっていたら幸いです。

なお退職後の転職先が未定で困っているあなたは、私が実際に利用した転職サイトを以下にまとめていますので、併せて参考にしてくださいね▼

【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイトを厳選してみました
女性向けの転職エージェントおよび転職サイトを探しているものの、今ひとつどこがいいのかわからないあなたへ。当記事では、実際に私が利用した中から【おすすめの女性向け転職サービス】を厳選してみました。ここでおすすめしたものだけ登録しておけば、ひとまず十分!と言い切れる内容になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね*。
また、どうしても円満に会社を辞めることができそうにないという場合、退職代行サービスを利用することも検討しましょう。円満退社が望ましいことであるのは事実ですが、今大切なのは一刻も早くあなたが今の状況から脱することです。
【徹底比較】おすすめの退職代行サービスをランキング形式でご紹介!
きっとこの記事に目を通しているあなたは、「会社を辞めてやる!!」と決意したものの ブラック企業に勤めていて、仕事を辞めるのが怖い 退職届を出す勇気がない 辞める旨を伝えたら責められた など、様々な理由から...

\クリックで応援する/
人気ブログランキング

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ転職エージェントTOP3
パソナキャリア

パソナキャリア』はわたしが利用した中でもっとも対応が丁寧な転職エージェントでした。

女性の転職に力を入れているだけでなく、女性ならではの悩みにも真摯に向き合ってくれました。無理な転職を勧めることのない担当者の対応は本当に素晴らしかったです。

非公開求人も数多く扱っていることから、あなたにぴったりの仕事が見つかるはず。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's』は、転職業界大手のマイナビが運営する20代専門の転職エージェント。

キャリアカウンセリングや適正診断などが充実しており、何から始めたら良いのかわからずに困っていた私でも安心して転職活動をスタートできました。

対応エリアが首都圏・関西・東海と限られているものの、該当する場合はぜひ利用しておきたい一社。

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、女性の転職者がもっとも多く登録している転職エージェント。

なんといっても20代後半の転職に関して、とても優れた実績を有しているのが特徴。対応の速さはもちろんのこと、扱っている求人数が豊富で女性向けの求人探しには困りませんでした。

大手であるがゆえ、きめ細かいサービスといった視点では上位2社に劣るものの、登録しておいて損はない大手転職エージェントです。

円満退社
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
Jyoshirube
タイトルとURLをコピーしました