【女性向け】おすすめの転職サービスを厳選しました

退職代行サービスに失敗や詐欺ってある?その疑問にお答えします

退職代行失敗 退職代行サービス
おすすめ転職サイト

【管理人厳選6社*悩んだらここ!】

【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイト厳選6社

【第二新卒に該当するあなたはこちら】

【第二新卒】おすすめの転職エージェントと転職サイト7選

当サイトでは、退職代行サービスのおすすめ業者について以前よりお伝えしてきました。

とはいえ、まだ認知度が高まってから日が浅いため、

  • 退職代行サービスって失敗しないの?
  • 退職代行のサービス自体が詐欺に該当しないの?
  • 退職代行サービスを利用する上で、リスクはある?

などと、疑問を抱いてしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、退職代行サービスに失敗詐欺はないのか、という疑問にお答えしていきます。

スポンサーリンク

退職代行サービスで起こりうる失敗とは?

退職代行サービス失敗

退職後に会社から訴えられる

本当にまれではあるものの、即日退職を会社に申し出た際、

「君に今まで一体いくらお金をかけたと思っているんだ?!損害賠償を請求させてもらうからな!!!」

などと、脅してくる会社が残念ながら存在します。

トラブルを避ける目的も含め、退職代行サービスに依頼したのに、訴えられてしまっては本末転倒ですよね。

しかし、会社から訴えられる可能性は限りなく0に近いので安心して下さい。

理由としては主に2つ。

  • 訴えたところで、会社が不正行為を行っていることがバレる恐れがある
  • 訴訟の手続きを起こすまでに多大な労力を要する

そもそも、脅し文句で引き止めてくる時点で、まっとうな会社とは考えにくいですよね。

そんな会社が訴えたところで、内部のパワハラや残業代の未払いなどを暴かれたらどうしようと考え、行動に移すことを躊躇するはず。

また、訴訟の手続きを行い、裁判に至るまで大変な労力と時間を必要とします。

あなたひとりのために、会社がそこまでの時間を割いて、裁判を起こすでしょうか?

そして訴訟を起こす際には、あなたが不正行為をしたという証拠(それによって会社が損害を被った)も必要になります。

即日退社を違法だとする法律など存在しませんので、あなたが不正行為(横領をした、会社の備品を盗んだ等)をしていない限り、訴えられることはありません。

なお、会社の備品に関しては後日郵送で返却すれば問題はありませんが、できれば退職代行を利用して辞める前に会社へ返却しておくのがベストです。

退職後に嫌がらせをされる

退職時はなにもなかったとしても、即日退社をしたことによって

「退職後になにか嫌がらせをされるのでは…?」

と考えてしまうかもしれません。

あってはならないことですが、よく挙げられる嫌がらせに以下のようなことが有ります。

  • 根も葉もない事をSNS等で書かれる
  • 転職先へ悪い噂を流される
  • 離職票など必要書類を送ってくれない
  • 私物を返してくれない

それぞれパターン別に解説していきますね。

悪口に関する嫌がらせ

少し酷なことを言ってしまいますが、悪口にかかる嫌がらせについては

退職代行サービスを利用したから…といったことではなく、利用しなかったとしても避けられなかったことではないでしょうか。

仮にあなたが自分の口で退職を伝えたとしても、きっと何かしらの悪口を言われてしまったはず。

この場合、退職代行サービスを責めるのではなく、未然に少しでも被害を防ぐことが大切です。

酷いケースとして、会社が転職先へ根も葉もない事を伝え、転職先から内定を取り消されたということがあったそう。

こうしたことを未然に防ぐために有効な手段として、会社側と揉めそうな場合は転職先を伝えずに退職することです。

私の友人も、ほぼ即日退社のような形になったのですが、そのときは断固として次の転職先を教えず、「遠い親戚の会社を手伝います」と言い張ったとのことでした。

退職代行サービスを依頼する前に、このあたりの心構えをきちんと持っておくように心がけましょう。

離職票など必要書類を送ってくれない

辞めた後、会社から送られてくる代表的な書類のひとつに「離職票」があります。

離職票が届くまでに概ね2〜3週間ほどかかることもあるのですが、中には一ヶ月を過ぎても送ってこないというケースも。

もし、いくら待っても離職票が届かないときは、ハローワークに相談してみましょう。

ハローワークでは、会社が離職票の交付を行ったのかどうか調べてくれます。

離職票の交付が行われていない場合、ハローワークから会社へ請求してくれますので安心して下さいね。

ですが、そもそも会社が離職票の件でハローワークと揉めてしまうと、会社がハローワークから求人の掲載を断られるリスクがあるため、離職票を送ってくれないケースはほとんどないでしょう。

退職に失敗して料金だけ請求される

退職代行サービスに依頼したのに、連絡に失敗して退職できなかった挙句、料金だけ請求されたら堪りませんよね。

しかし、基本的に会社を辞めるのは労働者の自由であることから、会社を辞められないといったことはありません。

また、退職代行サービスの中には失敗した場合に全額返金保証を掲げているところもありますので、心配な方はきちんと返金保証のあるところを選ぶようにしましょう。

なお、全額返金保証がある中でも、業界最安値のSARABAが特におすすめです▼

【業界最安値】SARABAの評判と口コミについて紹介します

【業界最安値】SARABAの評判と口コミについて紹介します
仕事を辞めよう! と決意したのに、なかなか会社を辞めるに辞められなくて困っている人も多いですよね。 そこで、仕事を辞めるに辞められないあなたにおすすめなのが、いま話題の退職代行サービスです。 退職代行サービスとは簡単に言う...

退職代行サービスに詐欺は存在するのか

退職代行サービス失敗
残念ながら、退職代行に限らず、どのサービスにおいても全てが信用できるといったことはありません。

料金がものすごく高い割に内容が伴わない会社もあれば、料金が安い代わりにサービスが劣悪なこともあります。

もし、詐欺にあってしまったら…という不安が拭えないのであれば、きちんと実績のある良質なサービスを選ぶことが大切。

昨今ではネットで口コミ等もすぐに調べることができますので、まずは調べてみることをおすすめします。

なお自分で調べるのが大変という方は、下記の記事で主要な退職代行サービスの特徴をまとめていますので、参考にして下さいね▼

【徹底比較】退職代行サービスをわかりやすくまとめてみた

【徹底比較】おすすめの退職代行サービスをランキング形式でご紹介!
きっとこの記事に目を通しているあなたは、「会社を辞めてやる!!」と決意したものの ブラック企業に勤めていて、仕事を辞めるのが怖い 退職届を出す勇気がない 辞める旨を伝えたら責められた など、様々な理由から...

まとめ

今回は退職代行サービスにおいて、失敗や詐欺はあるのかということについて、お伝えしました。

退職代行の失敗パターンについては

  • 退職後に会社から訴えられる
  • 退職後に嫌がらせをされる
  • そもそも退職自体に失敗する

といった3点が主に考えられ、それに対する対応策についてもおわかりいただけたでしょうか。

会社をやめることは決して悪いことでも、責められることでもありません。

自分の判断に自信をもって、一歩踏み出してみましょう。

繰り返しになりますが、退職代行サービスについては下記の記事にまとめてありますので、併せてご覧ください▼

【徹底比較】退職代行サービスをわかりやすくまとめてみた

【徹底比較】おすすめの退職代行サービスをランキング形式でご紹介!
きっとこの記事に目を通しているあなたは、「会社を辞めてやる!!」と決意したものの ブラック企業に勤めていて、仕事を辞めるのが怖い 退職届を出す勇気がない 辞める旨を伝えたら責められた など、様々な理由から...
タイトルとURLをコピーしました