節約×投資ブログ「ためリッチ」はこちら

女性の転職に向けた準備・流れを徹底解説!事前準備を制するものは転職活動を制す

女性の転職準備 転職ノウハウ

転職活動と聞いて、応募書類に必要事項を記入している姿をイメージする人も多いですよね。

ですが、実は転職活動が成功するか否かは、

必要書類作成よりもっと前の事前準備にかかっている って知っていましたか…?

何事も事前準備を怠るとうまくいかないように、転職活動においても事前にしっかりと対策をとることが何よりも大切です。

らふ
らふ

準備を疎かにすると、希望の転職先から内定をもらうことができなかったり、想定したより転職活動が長引いてしまうなんてことにも…。

そこでここでは、転職活動に向けた準備と流れについてまとめてみました。

転職活動に必要な期間について

転職スケジュール

転職活動では、内定が決まるまでにだいたい3ヶ月〜6ヶ月ほどの期間が必要だとされています。

また、その中で転職準備にかけられる期間は1ヶ月〜長くても2ヶ月程度。

もちろん、在職中に転職活動をするのか、退職後に転職活動にするのかによって内定が決まるまでの期間に若干の差が生じるのも事実。

在職中であれば当然、仕事をしながらの転職活動となることから、転職活動そのものにかけられる時間がある程度決まってしまいますよね。

そのため、退職後に転職活動をする人に比べ、必然的に転職活動期間が長くなるといえるでしょう。

一方、退職後に転職活動をする場合は転職活動により多くの時間をあてることができるものの、その間給料等が発生しないことから無収入の期間が生じてしまう点がデメリットです。

らふ
らふ

在職中に働きながら転職活動を行うのか、退職後に行うのか、いまいちどよく考えた上でスケジュールを立てるようにしてね!

なお、仕事をしながら転職活動に取り組んだ人の具体的な転職体験談については以下の記事を参考にしてくださいね*。

転職準備期間の目安を立てよう

先ほど述べたように、転職準備にかけられる期間は約1ヶ月〜2ヶ月ほど。

必要以上に準備に時間をかけてしまうと中だるみが生じたり、転職活動にメリハリがなくなってしまったりと、転職活動自体が思うようにいかなくなるリスクが高まります。

また、時には転職活動が長いことで採用企業側から、「なにかこの人に問題があるのかな?」と思われてしまうことも。

そのため、転職活動期間が無駄に長引いてしまうことを避けるためにも、前もって転職準備期間の目安を定めるようにしましょう。

転職活動をするのにオススメの時期と、そこで失敗しない為のコツについて以下の記事で解説しています*。

結婚・出産を機とした転職活動を検討しているあなたは、こちらの記事もどうぞ。

ゴールから逆算して大まかなスケジュールを立てよう

事前準備をする中で、転職活動のスケジュールをある程度しっかり決めておくことが大切だとお伝えしました。

スケジュールがいい加減だと、転職活動が長期化するだけでなく、希望の求人になかなか出会えなくなってしまうなんてことも。

そのため、スケジュールを立てるときは「ゴール地点から逆算して計画を練る」のがおすすめです。

6ヶ月以内での転職を考えているのであれば、それまでの期間をひと月単位で区切り、やることを落とし込んでいきましょう。

らふ
らふ

参考までに、6ヶ月で転職を終えようと決めたときの理想的なスケジュールを載せておいたよ*。

1〜2ヶ月目転職事前準備(スケジューリング、自己分析、企業調査等)
3〜4ヶ月目書類選考・面接および内定獲得
5〜6ヶ月目退職準備期間(職場へ退職を伝える、後任への引き継ぎ等)

転職活動に向けた準備の仕方とは

転職準備の仕方

私もそうでしたが、特に初めての転職活動だと何をすればいいのか、どう進めればいいのか、わからないことだらけですよね。

そこでまずは、全体の流れと転職に向けた準備の仕方を簡単に見ていきましょう。

転職活動の準備と流れ
  • STEP1
    転職する目的とキャリアを考える

    「転職してやる!」といった意気込みはもちろん大切ですが、勢いだけで突っ走ってもいい結果は出せません。

    転職活動に本腰を入れる前に、転職しようと思った理由や、今後のキャリアプランについて具体的に考えてみましょう。

  • STEP2
    情報収集を行う

    転職活動におけるあなたの「軸」が定まったら、いよいよ情報収集に取り掛かる頃。

    あなたひとりで正確な情報を集めることはハードルが高い事もあり、転職サイトや転職エージェントを上手く活用しつつ、情報収集をすすめることをおすすめします。

  • STEP3
    必要書類を作成し、企業に応募する

    企業にエントリーする際、必ず必要になる「職務経歴書」と「履歴書」。

    両者の違いを理解したうえで、なるべく端的にあなたの魅力を伝えられるように書きましょう。

  • STEP4
    面接を受ける

    無事に書類選考を通過すると、いよいよ面接がやってきます。

    誰しも緊張するであろう面接試験、きちんと準備をしたうえで臨みたいですよね。

    面接官に伝えたいことがしっかり伝えられるよう、コツを抑えて乗り切りましょう。

  • STEP5
    内定を受け、退職に向けた準備をする

    転職先が無事に見つかってホッとしたい気持ちもわかりますが、「退職準備」もきちんと行わなくてはなりません。

    勤めている会社によっては引き止めが生じたり、なにかと辞めづらかったりと、トラブルに発展しかねないケースも。

    引継ぎをきちんと行ったうえで、気持ちよく退職日を迎えられるように過ごすことが大切です。

STEP1:転職する目的とキャリアを考える

転職をする上でなんといってもまず、

  • なぜ転職をするのか
  • 転職したあと、どうありたいのか

ということを明確にする必要があります。

上記2点ついては面接で必ず聞かれるだけでなく、転職活動を進める上での絶対的な軸となりますので、特に時間をかけて深掘りするようにしましょう。

また、それと併せて抑えておきたいポイントはつぎのとおり。

  • なぜ転職したいのか・なんのためにするのか
  • 今後どんな働き方をしていきたいのか
  • 女性として将来のライフプランはどう描いているか
  • 自分に向いている仕事はどんな仕事なのか
  • 転職によって実現したいのはどんなことなのか
  • (産育休を考えているのであれば)社内制度の確認

中でも、「転職によって実現したいこと」は答えをひとつに絞り込むことが難しいですよね。

その場合、「絶対に譲れないこと」と「多少は妥協できること」を分けて考えるようにしましょう。

内定がもらえたところで希望条件をすべて満たしてくれる会社は、残念ながらなかなか見つからないことがほとんど。

しかし、そんなときでもあなたの中で優先事項を明確化しておけば、内定を受け入れるのかどうするのか決めやすくなるはず。

具体的な自己分析の方法強みの把握方法については以下の記事でそれぞれまとめています▼

STEP2:情報収集を行う

あなたが就職したいと思っている企業・業界について、きちんと下調べをすることも欠かせません。

希望する業界や職種の実情を知ることができるだけでなく、転職市場におけるニーズを知ることにも繋がります。

もしその企業が転職フェアに出展していれば、積極的に足を運ぶようにしましょう。

企業分析をきちんとおこなうことで、入社後のミスマッチを防ぐことに繋がるのはもちろん、ブラック企業に誤って入社するリスクを減らすことにもつながります。

企業分析の具体的な手順や方法、ブラック企業の見分け方については以下の記事を参考になさってください*。

STEP3:必要書類を作成し、企業に応募する

転職活動をする上で、職務経歴書や履歴書の作成は避けて通ることができない作業のひとつ。

とはいえ、求人案件に対して届く膨大な量の書類に、採用担当者もゆっくり目を通している時間はありません。

そのため、ポイントを押さえた上で端的にあなたの魅力を伝える必要があります。

書類の作成方法等について、以下の記事でお伝えしていますので参考にしてくださいね▼

STEP4:面接を受ける

面接はどうしても緊張してしまうものですが、面接の流れを事前につかんでおくだけでも随分気持ちが楽になります。

基本的に転職活動における面接は、

  1. 自己紹介・経歴紹介
  2. 転職理由
  3. 志望動機
  4. 入社後の働き方や貢献イメージ
  5. 質疑応答

の順番で質疑応答が行われることが一般的です。

らふ
らふ

想定される質問について、事前にどう答えるかある程度決めておこう*。

また服装や身だしなみはもちろんのこと、言葉遣いをはじめとした社会人として抑えておくべきマナーについても今一度確認しておきましょう。

STEP5:内定を受け、退職に向けた準備をする

晴れて内定をゲットしてから、入社意思の結論を出すまでの猶予期間は約一週間ほど。

入社日についてはある程度融通がきくケースが多いものの、勤め先に対してなるべく早めに退職の旨を伝えることが大切です。

遅くとも、退職予定日の1ヵ月前までには退職したい旨を伝えておくようにしましょう。

なお円満退社に向けた退職の伝え方については、下記の記事を参考にしてくださいね▼

転職サイト・エージェントの上手な使い方

転職エージェントの活用

女性が転職活動を行う際は、 転職サービス を利用をすることをおすすめします。

らふ
らふ

プロの力を借りることでスムーズに転職活動が進むだけでなく、あなたの理想の転職先に出会える可能性が高くなるよ!

その際、ぜひ利用して欲しい転職サービスは大きく分けて以下の 3つ

  • 転職エージェント
  • 転職サイト
  • その他転職サポートサービス

さっそく、ひとつずつ確認していきましょう*。

転職エージェント

転職エージェントはあなたに特定の担当者がつき、あなたに合う案件探しはもちろんのこと、面接対策書類添削まで行ってくれます。

実際、私もいくつかの転職エージェントを利用しましたが、必要な情報をすぐに用意してくれることから自分で探す手間が省け、結果的にかなり効率的に情報を集めることができました。

らふ
らふ

無料で利用できるし、実際に担当者と会って話ができるから、不安や疑問点もその場で解決することができたよ♪

女性に特化した転職サービスも近年増えており、転職を考えているのであれば確実に利用しておきたいサービスです。

また、転職エージェントのデメリットや注意点が気になるあなたは、以下の記事を参考にしてくださいね▼

転職サイト

転職サイトは、

  • ひとまずいろんな業界を見てみたい
  • とりいそぎ情報収集をしたい

といったあなたにおすすめです。

ただし転職サイトは情報量が非常に多く、チェックするのに時間がかかることから、一度にいくつも登録してしまうとパンクしてしまう恐れも。

私もいくつか登録したものの、最終的によく使っていたのは「キャリトレ」と「リクナビNEXT」の2つでした。

転職サイトで気になる求人をチェックし、その求人を転職エージェントに伝えた上で詳しい情報を得るといった活用法もおすすめです。

転職サポートサービス

(※ここでいう転職サポートサービスは、いわゆる口コミサイトのことを指します。)

口コミサイトはいまや、ほとんどの転職活動者が利用していると言われるほどにニーズが高まっており、社内のリアルな声を事前に知ることができる点で魅力的だといえます。

一時期は信ぴょう性に疑問の声も多く上がっていましたが、近年は厳しく管理されていることから安心して利用して下さいね。

と、ここまでいろいろ書いてきましたが、私が実際に利用した転職サービスについては以下の記事からどうぞ▼

まとめ

今回は転職活動が満足行くものになるために欠かせない、転職準備についてお伝えしました。

転職準備を計画どおりきちんと行えるかどうかによって、転職がうまくいくかどうかが決まると言っても過言ではありません。

なんとなく転職を考えているあなたも、転職に向けてまさに動き出そうとしているあなたも、いまいちどしっかりと目を通して見てくださいね。

ぜひ今回取り上げたことを参考にしつつ、満足のいく転職活動ができるように応援しています!*。

タイトルとURLをコピーしました