節約×投資ブログ「ためリッチ」はこちら

転職活動経験者が説く、転職するのにおすすめの時期と成功するための心得

転職するのにおすすめの時期と失敗しないためのコツ 転職ノウハウ

転職をする時期っていつがベストなのかな?

と気になる方も少なくないですよね。

事実、私も転職活動をしようと決めたときに気になってしまった一人です。

 

先に結論から述べると、一般的に転職活動をする上でのベストシーズンは2〜3月と9〜10月と言われています。

しかし、上記の時期は求人数に比例して転職活動をする人も増えることから、普通に転職活動をしていると失敗してしまうリスクが高い時期と言われているのも事実。

 

そこで今回は転職するのにおすすめな時期と、その時期に失敗しないためのコツについてまとめてみました。

この記事でわかること

  • 転職サイトの求人が増える時期とは
  • 求人件数が多い時に転職活動をするメリット・デメリット
  • 2-3月に転職活動を成功させるためのコツ
  • 9-10月に転職活動を成功させるためのコツ
  • 有効求人倍率や転職市場の動向を抑えることも大切
スポンサーリンク

転職サイトの求人が増える時期はいつなのか

年度別の求人広告掲載件数を表した図解

さっそくですが、公益社団法人全国求人情報協会が毎月発表している「求人広告掲載件数」のデータ内容にもとづいて、年間の求人件数を2015年1月〜2019年4月までグラフ化してみました。

なお、ここでいう「求人広告」とはフリーペーパーや求人サイト、折込求人を指しています。

 

グラフからわかるように、基本的に毎年2〜3月と9〜10月にかけて求人件数が増加していますね。

よって、先述したように中途採用の求人も2〜3月と9〜10月にかけて増えるといえるでしょう。

なぜその時期に求人が増えるのか

求人の上限については、会社の決算月が大きく関係していると言われています。

 

というのも、どの会社も予算をうまく使い切りたいことから必然的に決算月を意識しますよね。

そのため決算月が近づくと「予算を使い切りたい」との気持ちが強まり、3月決算の会社の場合には3月と9月は特に求人広告にかけるお金を増やす傾向にあります。

 

日本の企業の大半は3月と9月を決算期としているところが多いこともあって、全体を通じてその時期は求人が増加するといえるでしょう。

またその他にも企業側と転職希望者側で、以下のような事情があることも影響していると考えられます。

企業側の事情

  • 4月〜7月は新卒採用後の研修等で中途採用に手が回らない
  • 8月はお盆休みがあるため、採用活動を行いにくい
  • 12月は年末とあって採用以外の業務が忙しい
  • 12月〜1月は年末年始を挟むことから採用活動を行いにくい

転職希望者側の事情

  • 6月と12月のボーナスをもらってから転職を検討し始める傾向にある
  • 8月のお盆休みや12月の年末が終わってから転職活動をする人が多い
  • 4月〜7月は新人の育成で忙しく、周りに迷惑がかかると転職を躊躇する人が多い

上記のような理由から、企業側と転職希望者側の考えが一致して2〜3月、9〜10月の求人が増えると考えられます。

求人件数が多い時期に転職活動をするメリット

求人件数が多い時期に転職活動をするメリット

求人件数が増えるとされる2〜3月、9〜10月に転職活動をするメリットは主に以下の2つ。

  • あなたに合った企業に出会える可能性が高まる
  • 多くの企業を比較検討でき、視野が広まる

以下でひとつずつ詳しく解説していきますね*。

あなたに合った企業に出会える可能性が高まる

求人件数が多いということは、それだけあなたが求めている条件に合致する企業に出会える可能性が高まるということ。

未経験職種への転職を希望している場合には、職を探しやすいといえます。

多くの企業を比較検討でき、視野が広まる

似たような仕事でも、当然会社が違えば仕事の幅やキャリアプランに差が生じます。

そしてもちろん、福利厚生をはじめとした会社の制度についても各会社によって随分差がありますよね。

特に女性の場合、産育休をはじめとした女性特有の制度はしっかり確認しておきたいと考えている人も多いはず。

 

求人が多いことで、多くの企業を比較検討できることから具体的な働き方をイメージしやすくなるだけでなく、いままであまり興味がないと思っていた業界に興味が湧くきっかけになることも。

意外と自分が気づいていないだけで、あなたに合った仕事が潜んでいるかもしれません。

求人件数が多い時期に転職活動をするデメリット

求人件数が多い時期に転職活動をするデメリット

一番大きいデメリットはなんといっても、ライバルが増えて倍率が上がること。

特に魅力的な求人には多くの人が応募することから、狭き門となることは言うまでもありません。

 

一概にいうことができませんが、一般的には

  • 転職に有利な資格を所持している
  • 学歴や前職の勤め先が一定のレベルである
  • 転職回数が少ない
  • 転職に適した年齢(26-32歳ほど)である

といった条件に当てはまる人のが有利だと言われています。

 

もしあなたが上記の条件にひとつも当てはまらず転職活動に苦戦しそうであれば、あえて冬のボーナス支給時期(11〜12月)を狙って転職活動を行うのも一つの手。

特にここ数年は売り手市場と言われていることもあって、転職のベストシーズンでないからといって全く求人がないということはほとんどありません。

 

あなたがもっともスムーズに転職活動を行える時期を見極めることが大切です。

2月〜3月に転職活動を成功させるためのコツ

2月〜3月に転職活動を成功させるためのコツ

2月〜3月に転職活動はまさに、「スピード勝負」といっても過言ではありません。

 

企業側としては4月になると新卒採用組が入社してくることから、

  • 4月までに採用活動を終わらせたい
  • 4月以降、すぐに即戦力として活躍してほしい
  • キャリアの浅い若手を採用し、新入社員研修に参加してほしい

などと考えています。

 

上記を踏まえた上で、具体的にどう転職活動を進めていけばいいのか説明しますね*。

先にざっと流れだけお伝えすると次のようになります。

  • 12月から1月にかけて「自己分析」を行う
  • 2月からはどんどん求人に応募しよう
  • 3月時点で内定が出ていなくても焦る必要なし

12月から1月にかけて「自己分析」を行う

転職活動に臨む上で自己分析はとても大切です。

具体的には、

  • 自分のこれまでの経歴や身についたスキルを整理する
  • 今後どう働きたいのかキャリアプランを明確にする
  • どういった業界で、どんな仕事に就きたいのか考える

といったことを意識してすすめるようにしましょう。

 

また、ある程度自分の中での「軸」が明確になった時点で転職サイトと転職エージェントに登録し、早めに情報収集を始めるようにしてください。

2月が近くなると登録希望者が殺到し転職エージェントの担当者も忙しくなることから、思ったより相談に乗ってもらえなかったなんてことも。

 

そのため、早めに登録して面接まで終えておいたほうがそのあともスムーズに進みます。

2月からはどんどん求人に応募しよう

2月が近づくに連れて、求人件数がだんだん増えていきます。

 

仕事をしながらの転職活動の場合、決算期も相まって仕事が忙しいかもしれませんが、この時期はなるべくこまめに求人をチェックするようにしましょう。

そして、気になった求人には積極的にエントリーしていくことが重要です。

あとでいいや!と後回しにしていたら募集が終わっていた、なんてことも珍しいことではありません。

 

特に面接に関しては、場数を踏めば踏むほどうまくこなせるようになります。

面接対策も大切ですが、一番手っ取り早いのは実際にどんどん面接を受けてしまうこと。

お祈りがきたとしてもあまり深刻に受け止めすぎず、反省点を受け止めつつも前に進んでいくようにしましょう。

3月時点で内定が出ていなくても焦る必要なし

もし、2月中に思うような会社から内定がもらえていなくても、そこまで焦る必要はありません。

5月入社、6月入社を見越して3月から求人を出し始める企業も一定数存在します。

 

また2月のピーク時に大手企業とのバッティングを恐れ、求人を見送っていた中小企業が情報をアップし始めるのもこの頃。

隠れ優良企業が紛れ込んでいることも多くあるため、この時期は色んな企業を比較検討しつつ、エントリーしていくことをおすすめします。

2月〜3月に向けた転職活動は早めの行動が大切。年内から自己分析を少しずつ進めるなど、先を見据えて動くようにしよう*。

9月〜10月に転職活動を成功させるためのコツ

9月〜10月に転職活動を成功させるためのコツ

つづいて、9月〜10月を狙う際の転職活動のコツについて。

 

9月〜10月にかけての転職活動は、2月〜3月の転職活動より選考が厳しくなる傾向にあります。

その理由として新卒採用と重なる2月〜3月のときより、企業側が中途採用だけに専念できることが挙げられるでしょう。

 

そのため、ある程度キャリアを有している人のが必然的に転職において有利な時期となります。

 

基本的な流れは2月〜3月と変わりませんが、競争倍率といった観点では2月〜3月より厳しくなりますので、視野を狭めずにあらゆる業界を見ていく姿勢が大切です。

こだわりすぎるといつの間にか枠が埋まってしまい、気づけばどこにも決まっていないなんてことになりかねません。

焦ってしまうぐらいなら、思いきって2〜3月の転職に向けて頭を切り替えてしまうのも一つの手です。

転職市場の動きも抑えておこう

有効求人倍率や業界の動向もチェックしよう

企業分析や自己分析もとても大切ですが、転職市場の動きを抑えておくことも忘れないようにしましょう。

厚生労働省のHPでは毎月「有効求人倍率(※)」を公表しており、転職ニーズが高いのか低いのかを判断することができます。

 

有効求人倍率を確認する

1年を通じた求人倍率を確認することで、ニーズが高い時期と低い時期をザッと把握することができるはず。

求人件数が多い月を狙って転職活動に臨むのも一つの手ですが、ニーズが高まっている時期に転職活動をスタートするといった考え方もありです。

 

有効求人倍率:厚生労働省が毎月算出、発表している「仕事の数(有効求人数)」を「仕事をしたい人の数(有効求職者数)」で割った数値のこと。有効求人倍率は1を上回るほど人を欲しがっている企業が多く、1より少ない場合は求人ニーズが低いことを指しています。

業界別の動向も確認しよう

有効求人倍率を確認することはもちろん、もし志望する業界が決まっている場合には業界ごとの繁忙期(閑散期)も確認しておくと更によいでしょう。

もしあなたが志望する業界が繁忙期と閑散期のはっきりしている業界であった場合、一般的なデータだけを信じずに、その業界に合った転職活動をすることでうまく行く可能性が高まります。

 

以下に、業界別の繁忙期の一例を載せてみました。

  • 教育関連
    12月〜4月は受験や卒業式、入学式等が控えていることから繁忙期。また、7月〜8月もオープンキャンパスが開催されることが多く、忙しい。
  • 旅行業界
    みんなが旅行に行く時期、つまり長期休暇が重なる月が繁忙期になる。
  • 不動産系
    人の出入りが多い、12月〜3月頃が繁忙期。逆に夏場は人の動きが少なく、閑散期になる。
  • 保険業界
    保険の更新月となる3月が繁忙期。また、毎月月初に保険の問い合わせが増えることから、各月末も繁忙期に該当する。

まとめ:転職サービスを活用して賢く転職活動を乗り切ろう

転職サービスを活用して賢く転職活動を乗り切ろう

今回は転職するのにおすすめの時期とその時期で失敗しないためのコツについて、お伝えしました。

このタイミングで登録すれば確実に成功するといったものではありませんが、少なくとも失敗するリスクを抑えることはできるはず。

 

きちんと有効求人倍率や業界の動向を把握したうえで、焦って転職活動をすることだけは避けるようにしましょう。

焦って活動を開始しても準備期間が十分に取れないだけでなく、結果として思うような転職活動ができなくなってしまうなんてことに繋がってしまいかねません。

あなた自身がやりたいことを今一度明確にした上で転職エージェントの担当者さんと相談しつつ、納得の行く転職活動を行うことが大切です。

 

私自身、初めての転職活動時は何もわからず不安でいっぱいでしたが、女性の転職に力を入れている転職サービスと出会えたことで随分すんなりと進むことができました。

あくまで私個人のおすすめとはなりますが、以下の記事で詳しくまとめていますのでもしよければ参考にしてくださいね*。

【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイトを厳選してみました

【女性向け】私が実際に利用した、おすすめの転職エージェントと転職サイトをまとめてみました*。
女性向けの転職エージェントおよび転職サイトを探しているものの、今ひとつどこがいいのかわからないあなたへ。当記事では、実際に私が利用した中から【おすすめの女性向け転職サービス】を厳選してみました。ここでおすすめしたものだけ登録しておけば、ひとまず十分!と言い切れる内容になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
また、どうしても円満に会社を辞めることができそうにないという場合、退職代行サービスを利用することも検討しましょう。円満退社が望ましいことであるのは事実ですが、大切なのはあなたが余計なストレスを抱えずに今の状況から脱することです。
【女性向け】おすすめの退職代行サービスをわかりやすくまとめてみました
本来であれば自分で退職手続きを行ったほうがいいことはわかっているものの、ブラック企業に勤めていて仕事を辞めるに辞められなかったり、辞めたいといったら嫌がらせを受けたといった経験がある方も少なくないですよね。そんなときは退職代行サービスを利用することで、退職にかかる一連の手続きをあなたの代わりに行ってもらうことが可能です。とはいえ、最近は多くの退職代行サービスがあり、どこを利用したらいいのか迷ってしまうはず。今回の記事では数ある退職代行サービスの中から、特におすすめな3社をランキング形式で徹底比較してみました。よければぜひ参考にしてみてくださいね。

\クリックで応援する/
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました