インスタ始めましたフォローしてみる?

初心者向け|楽天証券でつみたてNISAを購入する方法って?買い方と設定方法をわかりやすくお伝えします

楽天証券でつみたてNISAを購入する方法 資産運用

つみたてNISAを始めようと思って、口座は開設したけど…どうやって買うの?

楽天証券で口座を開設したけど、どうやってつみたてNISAを始めるの?」というあなたに向け、楽天証券でつみたてNISAを始める方法について画像付きでまとめました。

 

楽天証券は2018年10月より、つみたてNISAの購入にも楽天スーパーポイントが利用できるようになったことが大きな特徴です。

今回は楽天証券で楽天ポイントを使って投資信託を購入する方法についても説明しているので、あわせて参考にしてくださいね。

この記事でわかること

  • 楽天証券で楽天ポイントを利用する方法
  • 楽天証券でつみたてNISAを買う方法
  • 後から注文内容を変更したい場合の操作方法
  • つみたてNISAをはじめるなら楽天証券がおすすめ

この記事を読めば買い方について一通り理解することができるはず。

さっそく見ていきましょう*。

スポンサーリンク

事前準備:楽天証券で楽天ポイントが使えるようにする

パソコンを操作する人

楽天証券に口座を開設した時点では初期設定が「楽天証券ポイントコース」になっていることから、楽天スーパーポイントを購入に充てることができません。

まずは楽天証券で楽天スーパーポイントが貯まる、使えるように設定を変えましょう。

投資信託の購入に使えるのは「通常ポイント」だけで、他ポイントから変換した楽天ポイントや期間限定ポイントは使うことができません。

STEP1:楽天証券にログインし、設定変更へ進む

楽天証券設定変更
楽天証券にログインすると、トップ画面右側に「ご利用中のポイントコース」といった欄が表示されます。

そこに書かれている「楽天スーパーポイントコースへの変更・SPU利用はこちら」をクリックしてください。

STEP2:コース変更ボタンをクリックする

楽天証券設定変更
コース変更する」ボタンをクリックし、次へ進みます。

STEP3:取引暗証番号を入力する

楽天証券設定変更

楽天証券に口座を開設した際に各自登録した、「取引暗証番号」を入力して設定を変更しましょう。

STEP4:設定完了

楽天証券設定変更
最後にこの画面が表示されれば、設定完了です。

楽天証券でつみたてNISAを買う方法とは

らふ

らふ

以下の5ステップで手続きが完了するよ

  1. 楽天証券にログインする
  2. ファンドを選ぶ
  3. 積立方法を指定する
  4. 買付金額を指定する
  5. 目論見書・約款を確認し、注文を完了する

楽天証券にログインする

楽天証券つみたてNISA購入方法

まずは楽天証券公式HPにログインして、「NISA/つみたてNISA」をクリックします。

ファンドを選ぶ

はじめてつみたてNISAを購入するとき、以下のような画面が表示されます。

楽天証券つみたてNISA初回購入時

どのファンドを選べばいいかよくわからない人向けに、楽天証券がピックアップしてくれた「パッケージから選ぶ」もあるので、はじめての方でも安心して買うことができます。

今回は「どんなファンドを選んだらいいのか」についてもお伝えするので、「ファンド一覧から選ぶ」を選択しますね。

「ファンド一覧から選ぶ」より、商品選択画面へと移ります。

楽天証券つみたてNISAファンド買付画面

ここで欲しい金融商品を選んだら、チェックボックスにチェックを入れましょう。

楽天証券つみたてNISAファンド選択画面
チェックボックスにチェックを入れると、ページ下部に商品情報が反映されます。

確認したうえで「一括積立注文へ」をクリックしましょう。

初心者におすすめなファンドって?

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」と「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」が個人的におすすめの投資信託です。

いずれも手数料が0.17%と0.12%と安いだけでなく、その安定性から多くの人に支持されています。

とはいえ、投資はあくまで自己責任なので、よく調べた上で納得して購入するようにして下さいね。

積立方法を指定する

引落口座を選ぶ

楽天証券つみたてNISAファンド買付画面 引き落とし口座は上記の中から選択できますが、楽天証券のメリットを最大限活かすことを考えると「楽天カードクレジット決済」がおすすめです。

投資信託購入額の1%がなんと楽天ポイントとして還元されるだけでなく、そこで貯まったポイントは100ポイントから投資信託の購入に充てることができちゃいます。

2019年7月現在でこの制度を導入しているのは楽天証券のみとなっていますので、できれば利用しておきたいところ。

いま現在楽天カードを持っていない方は年会費無料で簡単に作ることができますので、この機会に作っておくとよいでしょう。

>>楽天カード公式HP

積立タイミングと積立指定日を選択する

楽天証券つみたてNISAファンド買付画面

積立タイミングは毎月か毎日のいずれかを選択することになるのですが、楽天カード決済を選んだ場合は「毎月」一択となります。

もし毎日積み立てたいといった場合には、証券口座からの引き落としを選択してくださいね。


「余裕があれば、毎月より毎日購入した方がいいんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、20年間という長期投資においてはさほど差が生じないと言われています。

>>参考:積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし(日経STYLE)

楽天証券つみたてNISAファンド買付画面

積立指定日は好きな日にちを入力しましょう。

買付金額を指定する

楽天証券つみたてNISAファンド買付画面

次に、選択した商品に対して積立金額を指定しましょう。

分配金コースには「受取型」と「再投資型」がありますが、「再投資型」を選ぶようにしましょう。

分配金を受け取ったとしてもわずかな金額にしかならないことと、再投資に回した方がゆくゆく受け取れる金額が大きくなります。

「ボーナス設定」について
ボーナス設定は、ボーナスの支給月だけ普段の積立額より多めに積み立てることができる制度です。利用したい方はここで指定しておきましょう*。


増額設定ですが、ここは年間40万円の枠を使い切りたい場合に「増額する」を選択しましょう。

楽天証券つみたてNISAファンド買付画面

次に、つみたて時に楽天ポイントを利用するかどうかを聞かれます。

楽天証券つみたてNISAファンド買付画面

楽天ポイントが一定数溜まっている場合には、積極的に利用してみて下さいね。

利用する場合には「設定する」をクリックすると次の画面が開きます。

楽天証券つみたてNISAポイント利用

「利用する」を選択したうえで、使いたいポイント数を入力して「設定する」をクリックすれば完了です。

目論見書・約款を確認し、注文を完了する

楽天証券つみたてNISA目論見書確認画面
積立設定が終わると、最後に目論見書と約款の確認があります。

スルーしたくなってしまうかもしれませんが、勉強を踏まえて簡単に目を通しておきましょう。

  • 目論見書:投資判断に必要な重要事項が書かれている書類のこと
  • 補完説明書:金融商品に対する細かな説明書のこと

目を通し終わったら、「注文内容確認へ」をクリックしてください。

楽天証券つみたてNISA目論見書確認画面

次の画面にて自分が注文した内容が再度表示されるので、間違いないことを確認し終えたら一番下にある取引暗証番号を入力して「注文する」をクリック。

楽天証券つみたてNISA注文完了画面

これで楽天証券でのつみたてNISA設定がすべて完了です。

らふ

らふ

お疲れ様でした*。

後から注文内容の変更も可能

らふ

らふ

注文完了後に積立金額を変更することも、商品を変更することだってできるよ!

公式サイトから「NISA/つみたてNISA」を選択し、「紹介・訂正・解除」をクリックします。

楽天証券つみたてNISA注文内容変更

すると、あなたが購入した商品の購入履歴が表示されます。

楽天証券つみたてNISA注文内容変更

右側の「訂正」ボタンをクリックすることで、簡単に注文内容を変更することができますよ。

まとめ:つみたてNISAは楽天証券ではじめるのがお得

楽天証券でつみたてNISAを買う方法について、お伝えしました。

楽天証券でつみたてNISAをはじめるメリットは主に以下の3点です。

  1. 最低100円から毎日積み立てられる
  2. 楽天スーパーポイントを買い付けに使用できる
  3. 楽天カードで投資信託を買うと購入額の1%がポイントで還元される

個人的には楽天カードで投資信託を積立注文し、貯まった楽天ポイントで投資信託を追加購入するのがもっともおすすめです。

ポイントを使うことで、心理的な負担もなくなりますよね。

この機会にぜひ試してみて下さい*。

\クリックで応援する/


楽天証券
楽天証券公式HP

▼投資信託について詳しく知る▼

【図解付】5分でわかる|投資信託ってなに?仕組みについて初心者でもわかりやすく解説してみました
投資信託っていったいどんな商品なの?そんな疑問を抱いている人も多いですよね。投資信託とは、投資家から集めたお金をひとつにまとめた上で、運用のプロがわたしたちの代わりに株や債券、不動産などに投資してくれる金融商品のこと。何でどう運用するかは投資信託によって異なり、国内で販売されている投資信託の商品数は5,000種以上にものぼります。そして投資信託は複数の国や地域、資産に幅広く「分散投資」ができることも魅力のひとつです。今回の記事ではそんなNISAの仕組みを図解でわかりやすく説明しつつ、投資信託の特徴や手数料等についてもまとめてみました。投資信託について学びたいといったあなたはぜひ、参考にしてみて下さいね。

▼積立NISAについて詳しく知る▼

女性におすすめ|つみたてNISAってなに?NISAと比較しながら、わかりやすくまとめてみました
そもそもつみたてNISAってなに?と疑問に思っている方も多いですよね。つみたてNISAは従来のNISAを改良し、より初心者でも取り組みやすくなったNISAのことで女性におすすめの制度となっています。特徴としては、金融商品の運用で得た利益のうち20%が非課税になることと、扱っている商品が金融庁によって厳選されていることが最大の魅力といえるでしょう。なお、つみたてNISA口座の開設はひとりにつき一口座までで、NISA口座との同時開設もできません。今回はそんなつみたてNISAの仕組みやメリット、デメリットについてNISAと比較しながらまとめてみました。つみたてNISAの利用にあたっては注意点もいくつかあるものの、デメリットや注意点ばかりに気を取られてこのチャンスを逃すのは正直もったいないところ。ぜひこの機会につみたてNISAにチャレンジしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました