お悩み相談室はじめました

ワーキングプアの特徴とは?自分は関係ないと思っていませんか

格差社会、女性の貧困と言った単語を耳にすることが増えた昨今。

ワーキングプアという単語を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ワーキングプアは現代の日本では社会問題としてとりあげられる問題のひとつです。

自分ではワーキングプアに該当しないと思っていても、実は該当していたなんてことも珍しいことではありません。

そこで今回の記事ではワーキングプアと呼ばれてしまう人にはどんな特徴があるのか、ワーキングプアから抜け出す方法はあるのかについてお伝えします。

スポンサーリンク

ワーキングプアとは?

近年社会問題として大きく取り上げられるようになったワーキングプア。

お金がない人のことかな…?と漠然としたイメージしか頭に浮かばない、正直あまりよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこでまず、ワーキングプアとは何なのか、について簡単に説明します。

一生懸命働いているのに金銭面で苦労している

ワーキングプアとは無職とは違い、働いているのにお金がない人のことを指します。

決して金遣いが荒いといったわけではなく、日々生活するのがやっとで貯金するお金が残りません。

正社員として、あるいは正社員と同じように非正規雇用として働いているにも関わらず、貧困から抜け出せない状態といえますね。

働く貧困層と訳されることも

ワーキングプアは働く貧困層とも訳され、アメリカやヨーロッパといった先進国に多いのだそう。

もちろん日本も例外ではなく、その人数は年々増加傾向にあります。

一生懸命毎日働いているのに一向に生活は楽にならず、常に赤字ギリギリ。

そんな状況下で病気など万が一のことがあったら…と考えると、想像しただけで怖くなってきますよね。

当然ながらワーキングプア対して国から一切の助けはありません。

気付いたら自分ではどうすることもできなくなっていたなんて状況も、決して珍しいことではないといえるでしょう。

だいたい年収200万円以下の人が該当する

ワーキングプアというと、一般的には年収200万円以下の人を指していうことが多いでしょう。

月収にすると17万円ほどになりますので、手取り16万円以下といったところ。

新卒で入社したばかりでこれから段々手取りがあがっていく…という状態ならともかく、20代後半で年収が200万円ギリギリであればいますぐに転職活動を始めるべきです。

いまはよくても、将来破綻してしまう可能性が大といえます。

ワーキングプアと呼ばれる人の特徴

ワーキングプアと呼ばれる人にはいくつかの特徴があると言われています。

もちろん、一概に全て当てはまるわけではありませんが、これから述べる特徴が見られる傾向が強いのは事実。

一緒に確認していきましょう。

真面目で人に頼ることが苦手

先にも述べたようにワーキングプアの人は毎日しっかり働いているにも関わらず、生活が一向に楽にならず苦しんでいる人のことを指します。

まじめな人ほど、
がんばれば今の状況が変わるのではないか
自分の努力がまだ足りないのではないか
などと考え、その環境に長いこと身を置いてしまう傾向にあるといえるでしょう。

また、人に頼ったり相談することが苦手で、自分自身でなんとかしなければとすべて抱え込んでしまう人が多いのも特徴です。

精神的に弱い・病んでいる

精神的に弱かったり、病んでいる状態を完全に立て直す前に社会に出てしまった人の多くは就職活動が思うように行かず、とりあえず決まったところに入社してしまうケースが多いと言われます。

また、仮に大手企業に入社したとしても職場の人間関係や長時間労働などで心身を壊し、再就職に失敗してしまったというパターンも。

そうしたときも人に頼ることが苦手な性格が裏目に出てしまい、どんどん自分自身を追い込んでしまう傾向にあります。

そのため、ワーキングプアとして相談窓口にくる人の多くはなんらかの心の不調を抱えていることが多いのが特徴です。

極端に自分に自信がない

ワーキングプアと呼ばれる人はどこか自分に自信のない部分を持ち、またそれを強く悲観している傾向にあります。

自分はここでしか活躍できないから、他にこんな自分を雇ってくれるところなんてないから、などと過度に自分を過小評価してしまいます。

もちろん常に自信に満ち溢れている人のほうが少ないかもしれませんが、今の自分をきちんと受け入れて、労ってあげることができるのはあなたしかいません。

まずは、自分ばかり一方的に責めてしまうことを辞めるところから始めてみましょう。

ワーキングプアは高学歴でもなり得る

ワーキングプアは、学歴に関係なく起こりうる問題です。

事実、「高学歴ワーキングプア」という単語さえ存在しているほど。

高学歴ワーキングプアとはその名の通り、学歴が障害となって就職がうまくいかなかったケースを指します。

会社によっては自分たちより頭のいい大学の学生が入ってくることを嫌がったり、「頭のいい人は頭が固いから」などといった一方的で根拠のない決めつけの元、入社を拒むケースも。

一見高学歴と聞くと就職活動の際に有利なイメージを抱きがちですが、タイミングを逃してしまうことにより高学歴ワーキングプアになり得る可能性は十分あると言えるでしょう。

ワーキングプアから抜け出すための方法

まずは転職サービスに登録しよう

ワーキングプアから最短で脱する方法はただひとつ、いまより給料が良い会社に転職することです。

とはいえ、自分一人では仕事が忙しくてなかなか行動に移せなかったり、転職先の会社でも同じように苦しんだらどうしようなどと考えてしまいますよね。

そこで、ワーキングプアから脱する際は転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントはあなたの話にきちんと耳を傾けてくれるだけでなく、あなたのスキルや経験も考慮して最適な転職先を紹介してくれます。

わたしも実際に利用しましたが、親身になって話を聞いてくださり、自分一人で悩んでいるわけではないんだと心強く感じました。

いますぐ転職活動をスタートするのは難しいと言った場合でも登録だけ済ませておくことをおすすめします。

▼わたしが実際に利用した転職サービスはこちら▼

転職活動に向けた下準備を念入りに行う

ワーキングプアから抜け出す手段として転職サービスへの登録をあげましたが、自分自身でもある程度の下準備をきちんとしておきましょう。

多くの面で転職エージェントがサポートしてくれるとはいえ、自己分析はあなたにしかできません。

わたしも転職を考えたときについつい自己分析をないがしろにしてしまい、いざ話が進んだときに慌ててしまった経験があります。

そのため、あなたしかできないことに関しては前もって早めに準備をすることが大切。

自分はどんな人間で、これまでどういった経験を積み、強みや弱みはなんなのか。

これを機にいちど考えてみることで、今まで気づけなかった自分自身が見えてくることも。

自己分析をする際は頭のなかで考えるのではなく、紙に書き出してみることでより効率良く進めることができるので試してみて下さいね。

目標を明確にする

下準備を終えたら、目標を立てましょう。

壮大な目標じゃなくたっていいんです。

いまより○万円手取りが高い会社に行く、いまよりきちんと個々を評価してくれる会社に行く、そんなことでも構いません。

目標がないまま動き出したところで、途中で挫折してしまったり、諦めてしまうでしょう。

いまは現状が辛くて将来を悲観しているかもしれませんが、よりよい将来のために目標を立てればきっと自然とやる気が出てくるはず。

さっそく今後のビジョンをイメージして目標を立ててみましょう。

期限を決めよう

目標を決めたら次は期限を設けてみましょう。

目標だけ立てて終わってしまうなんてことにならないためにも、期限を決めることは大切です。

いつまでに何を準備して、どこまで終わらせるのか。

そして最終的にいつまでに新しい職場で働けるようにするのか。

事細かに決める必要はありませんが、大まかにでもスケジュールを組んでおくことで進捗把握にもなりますし、モチベーションの低下を防ぐことができます。

相談機関を利用するのもひとつの手

もう自分ではどうにもならない、何をしたら良いのかわからない。

とにかく現状が辛くてどうしようもないという場合、相談機関を利用するのもひとつの手です。

嘆いているだけでは何も変わりません。

一歩踏み出す勇気が大切。

貧困の相談窓口として認定NPO法人の「もやい」があります。

生活困窮者の駆け込み寺として知られ、電話相談だけでなく直接担当者と会って相談することも可能ですので、まずは一度相談してみてはいかがでしょうか。

もやい公式HPはこちら

ワーキングプアから一刻も早く抜け出そう

今回はワーキングプアと呼ばれる人の特徴と抜け出し方についてお伝えしました。

ワーキングプアはいまや社会問題にもなっており、決して恥ずかしいことでなければ、隠すことでもありません。

あなた自身の将来と、日々穏やかに過ごすためにも一刻も早く動き出すことが大切です。

貧困によって身を滅ぼす前に、動こうという気力がある今のうちにぜひ一歩踏み出してみて下さい。

このブログがあなたの背中を押す一助となっていたら幸いです。

なお、私が実際に利用した転職サービスはこちらで紹介していますので、よければ参考にしてくださいね▼
【女性向け】おすすめ転職エージェント・転職サイトを要望別にまとめてみました

【女性向け】私が実際に利用した、おすすめの転職エージェントと転職サイトをまとめてみました*。
女性向けの転職エージェントおよび転職サイトを探しているものの、今ひとつどこがいいのかわからないあなたへ。当記事では、実際に私が利用した中から【おすすめの女性向け転職サービス】を厳選してみました。ここでおすすめしたものだけ登録しておけば、ひとまず十分!と言い切れる内容になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
また、どうしても円満に会社を辞めることができそうにないという場合、退職代行サービスを利用することも検討しましょう。円満退社が望ましいことであるのは事実ですが、今大切なのは一刻も早くあなたが今の状況から脱することです。
【女性向け】おすすめの退職代行サービスをわかりやすくまとめてみました
本来であれば自分で退職手続きを行ったほうがいいことはわかっているものの、ブラック企業に勤めていて仕事を辞めるに辞められなかったり、辞めたいといったら嫌がらせを受けたといった経験がある方も少なくないですよね。そんなときは退職代行サービスを利用することで、退職にかかる一連の手続きをあなたの代わりに行ってもらうことが可能です。とはいえ、最近は多くの退職代行サービスがあり、どこを利用したらいいのか迷ってしまうはず。今回の記事では数ある退職代行サービスの中から、特におすすめな3社をランキング形式で徹底比較してみました。よければぜひ参考にしてみてくださいね。

\クリックで応援する/
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました