インスタ始めましたフォローしてみる?

残業が多いことは転職理由として通用するの?その鍵は面接での伝え方にあった

残業が多いことは転職理由になるのか 仕事の悩み

残業が多い状況から抜け出したくて、転職活動を始めようか悩んでいる人は少なくありません。

 

しかしその一方で、残業が多いことを転職理由として伝えたときに

なんだか甘えだと思われそうで怖い

忍耐力がないとか、マイナス評価になりそう…

などと心配になってしまう人もいますよね。


でも大丈夫、残業が多くて転職と検討したという言い分は立派な転職理由になります。

今回はその理由と、残業が多いことを面接で話す際の注意点についてまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそもなぜ退職理由を聞かれるのか

どうして退職理由を聞かれるのか

面接官があなたに退職理由を確認する一番の理由は、同じような理由でまた退職してしまわないか確認はするためです。

採用する側からしたら、時間とコストをかけて採用した人材がすぐに辞めてしまっては困りますよね。

 

そのため、退職理由を聞いたうえであなたの性格や能力が自社と見合っているかどうか確認したいというのが正直なところでしょう。

また、退職理由によっては採用後の配属先や業務内容をあなたに見合ったものに調整することも。

いずれにせよ、退職理由は嘘偽りなく伝えることが大切です。

退職理由を嘘偽りなく伝えることは大切ですが、前の会社の悪口や批判になることは禁物です。いつどこで以前の会社と接点があるかもわからないため、不満だけが転職理由にならないように注意してくださいね。

「残業が多い」というのは立派な転職理由になる

「残業が辛い」というのは立派な転職理由になる

中には「残業が多くて仕事が辛い」という転職理由にどこかで情けなさ・恥かしさを感じてしまい、どこか転職活動に踏み出せない人もいるでしょう。

 

ですが、あなたが情けなさを感じる必要も、恥ずかしいと思う必要も一切ありません。

なぜなら残業が多くて仕事が辛いと感じる背景には、会社の労働管理・勤務体系に問題があることがほとんどだからです。

 

上の立場の人が残業問題を放置していたり、現場環境を改善する努力をしていなかったり、あなたひとりでなんとかできる問題ではなかったからこそ転職を考えたのではありませんか?

とはいえ、面接で勤め先の会社のことを悪く言い過ぎるとそれはただの悪口となり、あまりよい印象を相手に与えません。

面接で転職理由を聞かれた際は、ネガティブな転職理由をポジティブに変換して伝えるのがコツです。

残業が多いという転職理由をポジティブに伝えるコツ

面接官に「前職を退職しようと思った理由は?」と聞かれた際に、「残業が多くて仕事が辛く…」とあなたの感じたことをそのまま伝えてはいけません。

そのような言い方では面接官に「忍耐力がないのでは?」「仕事の効率が悪いだけでは?」と判断されかねませんよね。

転職理由を聞かれた際の答え方として、次に一例を載せてみました。

前職では、質を落とさずに納期に余裕を持って仕事を終えることを大切にしていました。しかし、残業時間が週に〇〇時間を超過しており、疲れから思うようなパフォーマンスができず仕事の質が下がってしまうリスクが高いと感じました。また、スキルアップのための学習時間も取れず、自己研鑚も思うようにできないことで仕事の質を追求することも難しいと判断した次第です。その点、御社では労働環境の改善に力を入れて取り組んでおり、ワークライフバランスを重視している点に魅力的を感じました。また社員の方一人ひとりの生産性やライフスタイルをサポートする取り組みも多く、いまよりも自分のスキルを高めた上で御社の仕事に貢献できると思い、今回志望させていただきました。

このように、ネガティブな理由で終わらせるのではなく具体的な数値や取り組みを織り交ぜつつ、ポジティブな理由に変換することが大切です。

面接で嘘はNG!転職理由は正直に話そう

転職理由があまりよくないのでは…?と思うと、人はついそれを隠そうとしてうわべだけの言葉を並べがち。

しかし、面接でついた嘘は必ず面接官に見抜かれます。

 

面接官が何人もの応募者を見てきて、嘘を見抜く能力に長けていることもあるかもしれませんが、それ以上にうわべだけの言葉というのは薄っぺらく、深掘りされると間違いなくボロがでるもの。

見抜かれた時点で「信用できない」という判断をされますので、その企業に合格する確率はほぼ0でしょう。

 

仕事は信用の上で成り立つものなのに、平気で嘘をつく人間なんて信用できませんよね。

世の中残業が多い企業ばかりじゃない

世の中、残業が多い企業ばかりじゃない

これからお話するのは実際に残業が辛く、身の危険を感じた私の後輩が転職活動をした際のエピソードです。


面接官になぜ転職を希望するのかと聞かれ、残業が多く仕事が思うようにできないこと、そして連日終電で帰っていることを伝えたときのこと。

え…、それは毎日なの?上司は何をしているの?

と面接官に唖然とされたそう。

そのとき後輩は「世の中の会社はどこも同じぐらい残業をしているものだとどこかで思っていたけれど違った…」と驚いたことを話していました。

 

残業が多くて当たり前、ではなく、定時で帰れる日がないというのが異常なんです。

残業が多い企業に勤めているとついつい残業があって当たり前、という考え方に染まってしまいがちですが、一度その考え方から目を覚ましましょう。

世の中には定時で帰れる仕事だっていっぱいあります。

 

事実、私の弟はほぼ毎日定時、18時に終わった時に「あー残業したな…」と感じるそう。

え?冗談でしょ?と思うかもしれませんが、あなたの身近にもそんな会社があるかもしれません。

残業が多い日が続くことで生じる悪影響

残業の多い日が続くことで生じる悪影響

残業が多いことで生じるデメリットは、身体が疲れるだけではありません。

残業が多いことによってあなたの生活はどうなっているでしょうか。

 

家族と過ごす時間や、きちんと食事をとる時間、つまり人間らしい生活を送ることすら困難になっている人もきっといるはず。

大切なものを失いかけてまで今の仕事で身を削る必要が果たしてあるのかどうか、いま一度考えてみましょう。

また、どうしようもなくしんどいときは思い切って会社を休んでしまうのも一つの手です。

まとめ:転職理由に不安を感じるあなたへ

転職理由に不安を感じるあなたに伝えたいこと

今回は残業が辛いことが転職理由になるのか不安を覚えているあなたに向けて、記事を書いてみました。

残業が多くて転職することは決して恥ずべきことではありませんが、やはりどうしても不安を感じてしまう人もいますよね。

 

事実、わたしもお局さんからの嫌がらせに耐えかねて転職活動をしていたのですが、自分のネガティブな転職理由が果たして通用するのか不安だったことを覚えています。

そんなとき、女性の悩みに寄り添ってくれる転職サービスとの出会いがありました。

面接に関する相談はもちろん、転職理由の上手な伝え方など多くのアドバイスをいただき、安心して転職活動を進めることができるように。

 

転職理由がネガティブで不安になってしまっているときこそ、面接から採用まで一貫してサポートしてくれる転職サービスを利用することをおすすめします。

転職してまた残業漬けだったらどうしよう…などと考えてしまうかもしれませんが、転職エージェントを利用することで事前に「転職先の職場環境」について知ることが可能です。その他不安なことも、丁寧に対応してくれますよ。

以下の記事で、私がお世話になった転職サービスをまとめていますので併せて参考にしてくださいね*。

【女性向け】私が実際に利用した、おすすめの転職エージェントと転職サイトをまとめてみました*。
女性向けの転職エージェントおよび転職サイトを探しているものの、今ひとつどこがいいのかわからないあなたへ。当記事では、実際に私が利用した中から【おすすめの女性向け転職サービス】を厳選してみました。ここでおすすめしたものだけ登録しておけば、ひとまず十分!と言い切れる内容になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※私が面接に挑む前に「1週間で面接に自信がつく本」を読んだのですが、この本のおかげであまり緊張せずに済んだかなとも思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました